夢を実現するために

  このサイトは、通信制大学で教員免許の取得をめざす方を応援するサイトです。当初は自分自身のために立ち上げたサイトですが、「すごく役に立った。」「このまま消してしまうのはもったいない。」という声をたくさんいただき、一緒に学んだ全国の仲間たちと協力して現在も運営しています。スクーリングに通うまでは仲間や先輩の生の声を聞くことが難しいというのが通信教育の特徴です。でも、疑問に思うことや知りたいことは似ています。ぜひこのサイトも参考にしながら、ご自分の夢を実現なさってください。心から応援しています!

通信制大学について知ろう

 教員免許(特に小学校教諭)は教員養成系の大学でしか取得できないと思っていました。でも、通信制大学で必要な単位が取得ができる上に、通信制なら受験勉強がいらないし何歳からでも始められるのです。そんな夢のようなシステムがあるなんて現役学生の時は知りませんでした。勉強をしなくてよいということではありませんが、人には得意、不得意がありますよね。通信教育は「やるぞ!」という気持ちがあれば苦手をカバーしてくれます。なお、通信教育は〆切との勝負です。詳しくは以下のコンテンツをご覧ください。

大学選びから入学まで

 さて、通信教育で教員免許を取得しようという目標が決まれば、そのあとはスピード勝負です。時期によっては、数日の遅れが1年の遅れにつながることもあります。通信教育の流れはどの大学でもほぼ同じですので、大学の所在地や実習等の条件、評判などで自分の合ったところを選びましょう。学習内容と期限は決まっています。一方、スタートできる時期は手続きする時期とともに前後します。1日でも早く動き始めることが余裕につながり、夢実現への近道になります。

 通信教育は「自分で動く」ことが基本です。願書や資料も自分で集め、もちろん入学手続きも行います。私が実際に利用した方法を詳しく紹介していますのでご参考にどうぞ。

さっそく学習を進めよう

 教材が届いたら受講計画を立て、出来る限りすばやくレポートにとりかかります。スクーリングとの兼ね合いや、教育実習等を実施する前提となる単位など、優先順位を理解して取り組むことが大切です。

 通信教育は自分のペースで進められますので待つ必要はありませんし、早すぎて困ることは何もありません。一方で、先延ばしにすることで在籍期間を延長しなくてはならないことは出てきます。「今日できることは今日のうちに。」これが、通信教育の鉄則です。

学習の流れとその対策

 学習を効率よく進めてどんどん単位を取得していきましょう!主婦や社会人の方は子育てや仕事と両立できるプランを考えます。同時に、教員採用試験の対策も盛り込みます。ここには、無駄を少なくして短期間で教員免許必要単位を揃えるためのヒントをたくさん掲載しています。

 教育実習やスクーリング、教員採用試験までを見越した具体的な学習計画を立てます。
 科目終了試験過去問の他、レポートやスクーリングの情報も『コース別』に掲載。司書教諭の情報もあります。
 実習前の手続きから実習中のことまで体験談をもとに紹介しています。
 必要な単位が揃ったらすぐに動きます。時には、「見込み」で動く場合もあります。

特集!スクーリングに行こう!

 8月や12月に短期間に集中的に大学に通う「スクーリング」というシステムを取っている大学が多くあります。明星大学もそのひとつです。教員免許申請に必要な単位の中には、スクーリング必修科目があります。しかも、その科目の受講資格となる単位を期限までに揃えなければ、スクーリングが受けられないということもありますので注意が必要です。なお、スクーリング時期は他の大学とも競合しますので、交通手段や宿についても早めに確保することが必要です。遅くなれば余計なお金がかかることもありますし、大学紹介の「旅行代理店」も一見便利ですが、あくまでも「代理」してくれるところなのでそれなりに手数料がかかって高くつきます。振り込みでなければならなかったり、簡単に変更ができなかったりといった制約もあります。今やネットで何でもできる時代。このサイトを見られる環境にある人は自分で手配してしまった方が何かとお得で便利だと思います。

 スクーリングがどのような時間割や仕組みで開講されているのかを紹介しています。
 科目終了試験過去問の他、レポートやスクーリングの情報もコース別に掲載しています。
 移動とホテルがセットになった便利で格安なパック旅行がオススメです。
 高幡不動・立川・八王子周辺で明星大学のスクーリングに便利なホテル・宿泊施設を一覧にしてまとめました。

教採一発合格大作戦!

 通信教育で教員免許取得を目指す人の多くは、『学校の先生になる』という目標をもっているのではないでしょうか。もっと言えば、先生になってどうするかというところが夢ですよね。教員免許取得も、教員採用試験突破も、夢実現への通過点にすぎません。それは分かっているはずなのですがついつい試験対策は後回しになりがちです。「学習が落ち着いてきてから。」とか「慣れてから」とか、「今度の試験が終わってから」とか言っていては試験までの残り日数は確実に減っていきます。

 大学に在籍していると、徐々に資格取得や卒業が目標のように錯覚することがあります。そして、教員採用試験を何度も受験するうちに、「採用試験合格」が目標と思うようになっ

 

試験は1年に1回!

 みんな限られた時間の中で勝負しています。科目修了試験やレポート提出期限など外的な〆切に迫られない教員採用試験対策。「やるぞ!」という強い意志が求められます。しかも、ただ闇雲にやっても試験範囲は膨大なため効率も悪いのです。試験の傾向をつかみ、効率よく学習すためには情報収集が欠かせません。私は最低限の自己投資として教員養成セミナーを定期購読しました。毎月送られてくるのでなかなか良いプレッシャーにもなり、面倒なことを後回しにする癖のある私には非常に効果的でした。最新情報も得られましたし、1か月ってあっという間だなと毎月実感できました。

採用試験対策の必勝法とは?
 先々まで見通した無理のない計画が必要です。そして、試験の傾向をつかみ、後回しにせず学習することです。予備校に通える人は利用するのもいいのですが、難しい人は雑誌の定期購読がおすすめです。私はこれで乗り切りました。

伝統ある教採対策雑誌

 実際に読んで比べてみました。好みの問題はありますが、どちらの雑誌にしても現代の教育情勢をとらえるには十分に練られています。

教員になったら

 めでたく教員免許も取得し、採用試験に合格したら教員としての道を歩み始めることになります。全国にはたくさんの仲間がいます。ぜひ、共につながりをもち、精進し続けていきたいものですね。私が運営する現役教職員応援サイトです。

▶スポンサードリンク

 教職に就くと日々本当にいろいろなことがあります。通信教育でレポートに追われる日々も忙しいですが、本気で子どもと向き合うほど、忙しいでずが充実した日々が待っています。そして、自信のスキルアップのためには、むしろ採用後の方が努力が必要です。ぜひ、末永くよろしくお願いします。