単位をとるために、効率よく利用したいものがスクーリングです。でも、お金もかかりますし、住んでいる場所によっては遠方まで出かけなければならず、働いていたり子育て中だったりと、まとまった時間が確保できない方にとっては大きな心配事のひとつでもありますね。ここでは、そんな不安が少しでも解決できるように、私が経験したことを中心にまとめます。

主な項目

 このページでまとめている主な内容です。「スクーリングのすべてが分かる!」そんな内容を目指したので盛りだくさんですが、ぜひお読みください。

1、スクーリングって何?
2、いつ、どれくらい行くの?
3、時間割の組み方
4、スクーリングに申込もう!
5、ホテル・交通機関の予約徹底攻略!
6、スクーリング体験記

スクーリングって何?

 通信教育は基本的にテキストをもとに自宅で学習を進めていきまが、演習など実技の伴う科目については東京都日野市の大学に行って、「スクーリング」という対面型の授業を受ける必要があります。今は ▶ 教職実践演習と実習指導がスクーリング必修科目です。なお、これらの科目はいろいろと受講の条件がありますのでご注意ください。

教員免許取得のための必修科目は?

 必修科目における受講方法が「S」か、もしくは「SR」のみの場合にはスクーリングの受講が必要となります。つまり、科目一覧に、TがなくSしかついていない科目は、スクーリングでしか単位がとれませんので注意が必要です。

 それに対して、SRまたはRTの場合はスクーリングか科目終了試験か選ぶことができますので、基本は科目終了試験で、万一の時は「スクーリングでも取れる」というとらえで良いと思います。

私の場合は3科目が必修となりました

 既に高校等の教員免許を持っていて、小学校の教員免許を新たに取得したいというような私のようなケースの場合、必修となると1科目~3科目くらいになります。

 入学する課程によって必要な単位は異なりますが、ひとつは教育実習指導があります。短大卒以上で小学校教員免許の取得を目指す場合は、「教職実践演習(旧総合演習)」を受講しますし、外国語コミュニケーションや体育の単位も必要な場合はこれもスクーリングで取得する必要があります。

必修じゃないけどスクーリングで!

 スクーリング科目は当然、「スクーリング必修科目」を中心に選びます。しかし、場合によっては「単位取得までの期間を早めるため」や、「科目終了試験は難しいから」という理由で科目を選んでも良いと思います。科目終了試験はレポートを期日までに出さなければいけませんし、1回に受験できる科目数も4科目までです。それに、試験を受けても確実に合格できるかどうかわかりません。一方のスクーリングはレポートより先に受講できます。例外もありますが、真面目にやりさえすればまぁ合格できると思います。なぜなら、テストも講義の中で扱ったものを直後にやりますので、少し緊張はしますが確率的に不合格は低くなります。実際に、「おお、ありがとう。」というような問題が多かったように記憶しています。そういう意味では、お金はかかりますが、ボーナスステージのような感覚です。

▶スポンサードリンク

いつ、どのくらい行くの?

 では、いつ、どれくらいの期間通学しなければならないのでしょうか。なんと、今では大学の募集要項と一緒に、次年度の予定がわかるようになっていました。資料請求した際に受け取った書類をよくご確認ください。

 小学校や各校種の教員免許を通信教育で取得できる大学の情報を集めています。前半は、資料請求でもらえるものと実際に通信教育課程がある大学を紹介し、後半は大学選びのポイ

 特に、教員免許に必須の教育実践演習はわりと頻回に実施されています。ただ、先に書いたように受講するまでにクリアしなければいけない条件がありますので自ずと時期は決まってくると思われます。

夏期のスクーリングは可能なら長期戦も!

 以前は1週間連続で講義が開設され、1日5講(最大5科目)という設定でした。これだとうまく分散して履修できれば1週間に10単位取得できます。3週間にわたってありますので、すべてフルに活用できれば相当ですね。分かりやすいし1日に一気にやらないので頭の中を整理してゆっくりできるというメリットはありました。ただ、遠方から参加する人は滞在費がかかりますし、日程が長くなればどこかで教員採用試験など他の用事と重なるなど不都合もありました。

 こういったことを改善してなのか、近年は夏期スクーリングも1日半連続で授業が開口され、数日の日程でサクッと時間割が組まれているようです。2単位科目であれば1日目6コマ、2日目3コマで開講しています。私が1コマずつ6日連続で受講したときと比べると、総時間数は変わっていませんが日程的にはコンパクトになっています。2日間で終わる分、時間的には結構ハードになっています。

土曜・秋期・冬期スクーリング

 一番大規模なスクーリングは夏に行うものです。そのほかにも、土日や連休、冬季にも2日連続または2週連続日程などで開講されます。近隣の方が中心になると思いますが、全国地方都市でも開催予定がありますので、過年度分の部報などを参考にしてねらいをさだめるのも良いと思います。おそらく、冬季に開催される教職実践演習(教諭)3日間は教育実習後に受講するものなので、1年間で教員免許取得を目指すのであれば避けて通れないスクーリングになると思います。

時間割の組み方

受講科目をどう選ぶか

 夏のスクーリングの場合、開設科目数が多いため複数の科目を受講することができます。私は外国語コミュニケーションと総合演習が必修だったので、その2科目を中心に時間割を組みました。下の表にあるように、2週間(13日間)滞在6科目16単位を夏のスクーリングで取得しました。

  9:00~ 10:35~ 12:50~ 14:25~ 16:00~
第2週 図画工作Ⅰ なし なし 外国語コミュ 外国語コミュ
第3週 初等図工法 初等体育法 初等音楽法 総合演習 総合演習

 私の場合はたまたま科目終了試験を受験していない科目が、必修科目の日と重なっていたので非常に効率よく受講できました。今はありがたいですね。事前に「予定」が分かるようになったので学習計画が立てやすくなりました。

 本当にうまく噛み合えば、小学校教諭2種免許であれば10月の試験くらいまでにほとんどの単位を取り終えることができます。

今の時間割で再構成してみました(笑)

 昨年度まで午前と午後それぞれの時間が長く、2日間で2コマ受講できるようになっていました。これが来年度は見直されて1日半で1科目受講となりました。1科目受講の場合は無駄が無くて良くなりましたが、2科目受講したい場合は2日で済んだものが3日必要になります。逆に、外国語などは午前4日間というような日程だったものが、3日間で済むなど良い点もあります。終了が早くなったのでその日のうちに帰ることができるようになったというメリットも。

2017年度例 短い日程で組めるように工夫されていました。

  日程 午前 9:00~13:05 午後13:45~17:50
1週目 8月3日(木) 国語〔a〕か図画工作〔a〕 国語〔a〕か図画工作〔a〕
8月4日(金) 国語〔a〕か図画工作〔a〕 音楽〔a〕か社会
8月5日(土) 音楽〔a〕か社会 音楽〔a〕か社会
8月6日(日)    
2週目 8月7日(月) 外国語(英語)1A〔a〕か体育〔a〕か図画工作〔b〕 外国語(英語)1A〔a〕 か体育〔a〕か図画工作〔b〕
8月8日(火) 外国語(英語)1A〔a〕 か体育〔a〕か図画工作〔b〕 初等教育実習指導〔a〕か体育〔bか国語〔b〕か音楽〔b
8月9日(水) 初等教育実習指導〔a〕か体育〔bか国語〔b〕か音楽〔b 初等教育実習指導〔a〕か体育〔bか国語〔b〕か音楽〔b
8月10日(木) 算数(a) 算数(a)
8月11日(金) 算数(a) なし
8月12日(土) なし なし
8月13日(日)    
3週目 8月14日(月) 情報リテラシーa 情報リテラシーa
8月15日(火) 情報リテラシーa 初等図画工作科教育法(a)
8月16日(水) 初等図画工作科教育法(a) 初等図画工作科教育法(a)
8月17日(木) 発達心理学か初等国語科教育法〔a〕か初等算数科教育法〔a〕 発達心理学か初等国語科教育法〔a〕か初等算数科教育法〔a〕
8月18日(金) 発達心理学か初等国語科教育法〔a〕か初等算数科教育法〔a〕 初等教育実習指導〔b〕か初等国語科教育法〔b〕か初等算数科教育法〔b〕
8月19日(土) 初等教育実習指導〔b〕か初等国語科教育法〔b〕か初等算数科教育法〔b〕 初等教育実習指導〔b〕か初等国語科教育法〔b〕か初等算数科教育法〔b〕
8月20日(日)    
4週目 8月21日(月) 外国語(英語)1A〔b〕か児童心理学か初等音楽家教育法〔a〕か初等体育科教育法〔a〕 外国語(英語)1A〔b〕か児童心理学か初等音楽家教育法〔a〕か初等体育科教育法〔a〕
8月22日(火) 外国語(英語)1A〔b〕か児童心理学か初等音楽家教育法〔a〕か初等体育科教育法〔a〕 初等音楽家教育法〔b〕か初等体育科教育法〔b〕
8月23日(水) 初等音楽家教育法〔b〕か初等体育科教育法〔b〕 初等音楽家教育法〔b〕か初等体育科教育法〔b〕

第1案(当時と同等2週間コースは2日短縮の11日に)

 2週間13日と書きましたが、15日(月)から24日(水)までの日程で行けば前泊入れて11日間の日程で必修科目を取り終えることが可能になりました。私のプランで行けば6科目12単位集めることが可能です。あれ?少し少なくなぁい?

 そうなんです、私が通った頃は講義が1日5科目で1週間にわたって開講される日程だったので、長期戦でしたが1週間で5科目10単位が最大値でした。現在は1週間最大で4科目8単位まで。日程の短縮が可能になった分1科目分減ってしまったのです。

第2案(単位の荒稼ぎ3週間コース)

 荒稼ぎとは言葉が過激ですが、8月8日からの日程で18日間通えば更に6単位取得できて18単位に増やすことができます。そのうち6単位は実習条件に入りませんが12単位あればかなり余裕ができますね。もちろん、1科目8,000円ですからお金はどんどん飛んでいきます。1年間で教員免許を取得したい!11月中旬に教育実習に行くんだ!でも科目終了試験は怖い!という場合は腹をくくって全部ここで取っていってもいいかもしれませんね。

 ただ、北海道は2学期が始まっています。期限付き教員をしている場合は3日から5日ほどの年休をお願いしなければいけないかもしれませんね。今教員となってみて、同じ職場にこういう状況の人がいれば、きっとあと1週間がんばっておいでとみんなでカバーできると思います。ただ、働く側としては「迷惑はかけられない。」ということで、諦める場合もあるでしょうか。なお、科目名の末尾に〔a〕・〔b〕・〔c〕と書かれている科目は、日程違いで開かれる同一科目です。つまり図画工作〔a〕と図画工作〔b〕は同じ図画工作という科目です。

どちらにしても、冬は教育実践演習を受けに来なければいけませんね!

衝撃の事実!4単位もいらなかった!

 教員免許の単位の中で、教育職員免許法施行規則第66条6に定める科目ということで日本国憲法、体育、外国語コミュニケーション、情報機器の操作を各2単位以上とあります。卒業をするために在籍している場合は外国語も情報リテラシーも4単位ずつにする必要がありますが、既に大学を卒業しているなどで、教員免許のための単位を取得している場合は2単位ずつでいいのです。私は真面目に4単位ずつとってしまったのですが、2科目分余計だったということで追加履修日12000円とスクーリング代20000円の計32000円、それにレポートに費やした時間、宿泊費とずいぶん余計にお金と労力をかけてしまっていました。当時このサイトがあれば救われたのに(笑)その分他の科目が取れるので一気に学習が進みます!大学の言うことも大事ですが、しっかり調べたうえで、法を根拠に相談すると変わったのかもしれませんね。

参考:当時スクーリングで取得した方がよいといわれた科目

「スクーリングで取得した方が良い」といわれる科目についていくつか紹介します。

初等理科教育法、児童心理学、教育課程論、教師論、体育科教育Ⅰ

 人によって感じ方は様々ですが、これらの科目が「よく」試験で苦しめられている人が多いものです。私も「体育科教育Ⅰ」に苦しめられ、スクーリングでの取得を考えました。(申し込んだ月に合格しましたのでキャンセルしました。スクーリングの時間割では空き時間になっていますが、涼しいところで友達とお話ししたり、レポートをやったりするのも悪くない時間でした。)

▶スポンサードリンク

スクーリングに申込もう!

 スクーリングは、追加はできないがキャンセルはできるので、受講の可能性があるものについては少しでも多めに申し込むことをおすすめします。申し込みはStarWebかスクーリング受講申込票を使います。スクーリングにより申込期限がありますのでご注意ください。キャンセルは、スクーリング受講費を振り込む前までです。振り込んでしまったらもうお金は戻ってきません。

StarWebで申込メリット

①早くて便利

  StarWebでは、履修手続きしている科目のうち、申込可能なスクーリング科目を日程や授業コードを調べることなく、画面上で確認し、申し込むことができます。

②科目間違いの防止。

 StarWebで申し込むと、以下の項目がチェックできるので、申込科目の間違いを防ぐことができます。

 ・既に履修手続きをしているか。
・日程(時間割)の重複があるか
・既に単位修得済み、またはスクーリングを合格している科目か

③申込科目の確認。

 StarWebで申し込むと、すぐに画面上で自身が申し込んだ科目を確認することができます。インターネットが使える、このサイトをご覧いただいている方なら断然StarWebだと思います。

受講料支払い=領収書が受講証

 スクーリングの予定を確定するのは受講料支払い前までになります。支払いの段階で必要のない科目はキャンセルします。キャンセルと言っても、「夏期スクーリング受講確認書」を返信用封筒にて事務局に返送するか持参するので、受講をやめた科目の分のお金を払わず提出もしなければそれでキャンセルになります。

 なお、これら手続き関係のものは締め切りをよく確認しましょう。知らなかった、間違えたでもう1年の在籍が必要となるのは悲しすぎます。どんなにお願いしても、ダメなものはダメなので忘れないうちに早めにやってしまいましょう。

ホテル・交通機関の予約徹底攻略!

 スクーリングの手引きには旅行代理店の紹介が載っています。が、代理店が特別安いわけではありません。大学斡旋の代理店という響きはなぜか安心感がありますが、決して安いわけではありません。以前のように旅の手配が面倒な時代なら助かるサービスですが、今やネットを使えば自分でできてしまう時代。安さではなく、面倒な手続きを一任するという考え方で利用しましょう。ただ、ホテルと私たち利用者の間に人の手が加わるわけですからその分の手数料が発生するわけです。私は最初のスクーリングのみ代理店を利用しましたが融通がきかず、手数料もとられ、しかも若干交通の便に難ありの場所に泊まってしまいました。

 繰り返しますが、自分で探す、予約するという手間を代理してもらうのですから、安さやお気に入りの場所ではなく予約の手間を省くという意味で利用するなら構わないと思います。もう、自分でできるよという方には私はオススメしません。よく使うサイトでポイントを貯めた方が安いうえに何倍もお得です。

安さも求めるなら賢くパック旅行で!

 世の中、知らないと損なことってありますね。旅行代金だけでも数万円規模の大型商品です。楽天などでポイントを貯めれば1泊分の料金が浮く場合もありますし、他の物を購入することも可能です。クレジットカード決済をするとマイルが貯まり、次回の航空券が無料になることだってあります。

 このサイトをご覧いただいている方は、インターネットを使っているということですから、サクッとお好みの場所をおさえることをお勧めします。使い方が分かりにくいと敬遠されがちですが、慣れれば簡単ですし、お得な航空券代ぐらいの料金でホテル代まで入っているような驚きのプランも隠れています。なお、スクーリング期間中はホテルの予約が取りにくくなります。学生だけではなく今紹介したような代理店もホテルをおさえに来るからです。楽天トラベルなどでは、わりと直前までキャンセル料がかかりませんので日程が分かったらすぐに ▶ ホテルだけでも予約してしまいましょう。なお、宿泊場所については、特に8月上旬は明星のスクーリング以外にも様々な催し物があり、交通の便が良くて安いといったような良い条件の場所はあっという間に埋まっていきます。

 スクーリングは長期になるほどお金がかかります。収入があればいいのですが、基本的にスクーリング期間中は仕事やアルバイトをするわけではないのでお金は出ていく一方です。

 詳しくは特集②楽天トラベルで賢くスクーリング&必要経費削減大作戦をご覧ください。予約の取り方などを図入りで紹介しています。

スクーリング体験記

 私は2回スクーリングに参加しました。1回目の思い出を体験記にまとめています。時間割の仕組みもかなり変わっていますので参考になるものとならないものがありますが、ぜひご覧ください。

 スクーリングで大学に行きました。敷地は結構広いし、建物もどんどん建て替えられていました。行く度に変わっていくので迷うこともあります。 スクーリングの持ち

 長期旅行に慣れている人でも観光とはちょっと違うので、持ち物などの確認はしっかりしましょう。タイミングが合えば教員採用試験の対策などにも参加することができます。

全国に友達、場合によっては嫁ができる!

 「嫁ができる」いや、これはいやらしい意味ではないです。でも、実際にここで出会って結婚に至った人もいます。運命の出会いってやっぱりあるのかもしれませんね。うらやましいなぁ。

 スクーリングは全国にいる仲間に出会うチャンスです。私もこのスクーリングで全国に友達ができ、10年経った今でも毎年のように会っている友達がいます。 出会い

 交流会を企画、募集する際はこちらも参考にしてみてください。

 最終の6時間目が遅くなったことと、2日ごとの日程になってみんなが同じように長期滞在しなくなったことで交流の機会が減ってしまったかもしれません。私が企画した交流会は80人規模になりましたが、そんな大人数でなくとも友達を作って食事でも一緒に行けるといいですね。レポートの情報を交換するなど、お互い助け合いながら学習を進められると心強いです。

▶スポンサードリンク

合否の発表・単位取得

 しばらくしてから、スクーリング合否が通知されます。夏のスクーリングであれば10月の上旬に郵送されてきます。StarWebでも結果を表示しますが、電話で聞いても教えてくれません。10月に単位が揃ったのを確認して即教育実習の手続き。これが1年で通信教育で小学校教諭2種免許を取る必勝パターンともいえそうです。

レポートも合格すれば単位認定!

 スクーリングに出て安心していてはいけません。ホッとする気持ちはわかりますが、レポートもお忘れなく。なお、レポート提出はスクーリングの前でも良いし後でも良いのですが、早め早めに提出しましょう。

 一応、レポート提出期限の目安は、10月末です。レポート提出目安日を過ぎたとしても学籍が継続している限りスクーリング成績が無効になることはありませんが、スクーリングをせっかく受けたのですからさっさと終わらせて単位をもらってしまいましょう。

 できればスクーリングの結果が来る1か月前に出しておけば教育実習までの必要単位にカウントできますので学習計画にも余裕ができますよね。