私は、明星大学の通信教育課程で小学校の教員免許をとり、今は先生をしています。このサイトは、通信教育最新情報と私の体験談を主にまとめたサイトです。「通信教育で頑張ろう!」という仲間を応援しています。何かあれば気軽にメールで相談してくださいね。

通信制大学って何?

 通信制大学は、基本的に直接大学へは行かず、テキスト本を読んでレポートを書き添削(確認)を受け、そのまとめとして科目終了試験を受けて単位を認定してもらうという学習方法をとります。科目終了試験の代わりにスクーリングを受ける時や、実習や演習などの場合は直接大学まで行かなければならないこともあります。その時は、3日から1週間程度は予定を空ける必要があります。教員免許法でも定められているものですので、仕事だなんだと言っても何とかするしかないですよね。

通信制大学出身でも先生になれるの?

 高校卒業後に、「先生になるんだ!」って大学を探した人もいると思います。あれはいったい何だったんだろうというぐらい、先生になる方法は多様です。通信教育で単位をそろえて申請するという方法もその一つで、明星通信出身の先生も全国にたくさんいます!

一人でやる不安はないの?

 学習を始めた当初は家でレポートを書き、試験に行くということの繰り返しですから他の大学のように先輩から話を聞くという場面もありません。しかも、このサイトをつくった当時はmixiがやっと出始めた頃で、今のようにSNSなども盛んではなく、通信教育の情報を交流できる場所があまりありませんでした。携帯電話といえばガラケー。LINEなんてありません。でも、このサイトを通してたくさんの仲間に出会い、スクーリングや試験などでどんどんつながっていきました。気づけば日本中の同じ目標をもった仲間たちと仲良くなることができました。

 当時の仲間の多くは、ここで教員免許を無事取得し、採用試験に合格して日本各地で先生として頑張っています。

ぶっちゃけ、通信制大学出身で不利になることはないの?

 そんなことはないです。聞いたことがありません。採用試験でも、採用後の職場でも特に問題を感じたことはありません。現に全国に正規採用され、教育現場で先生として頑張っている仲間がたくさんいます。その人たちからも、明星大学出身で不利益になったという話は聞きません。コネが通じる時代では無く実力の時代になってきていますから、仕事ができればむしろ尊敬の眼差しで見てもらえます。逆の場合は…。

▶スポンサードリンク

通信制大学で学ぶメリット!

 通信制大学でも先生になることができることは分かりました。では、通信制大学で学ぶメリットは何でしょうか。ここでは、5つ紹介します。

 1・通信教育は何歳からでも始められる
 2・受験勉強がいらない
 3・仕事や子育てをしながらでも可能
 4・学費は比較的安い
 5・ネット社会

通信教育は何歳からでも始められる

 年齢のことはあまり気にならないかもしれませんが、一般的な大学だと、20歳前後の学生が多いと思います。通信教育の場合は、大学卒業後に「やっぱり教員免許が欲しい」と思って入学を検討する人も多くいますので年齢層は少し高めです。既婚者や有職者も多くいます。グラフの最後は41歳以上ですが、細かい内訳は45歳までが9%、46歳以上は3%でした。詳しくはアンケート結果をご覧ください。

 ご覧いただいてわかるように、20代前半がやや多いものの、40代にかけてまんべんなくいらっしゃるということ。そして、女性が多いということがひとつの傾向です。

在籍学生の比率(当サイト利用者アンケート)

 10年ほど前の調査です。当時の様子を考えると、40代以上の先生のネット利用率は今よりも低いことが考えられます。実際はもう少し在籍している割合が高くなるかもしれません。

21歳~25歳 28%
26歳~30歳 22%
31歳~35歳 19%
36歳~40歳 19%
41~ 12%

受験勉強がいらない

 これも気になりますよね。今更受験勉強なんて…。と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。なんと、明星大学の場合もそうですが、多くの通信制大学では入学試験はありません。書類選考の上、入学許可・不許可の判定がされます。出願の際には指定されたものを全部揃えて提出します。

 主なものとしては、願書、健康診断書、人物に関する推薦書などがあります。推薦書は、職場の上司や恩師に書いてもらいます。また、この時点で、入学金諸費用を支払います。このうち1つでも不備があると選考できませんが、ちゃんと出せば、ちゃんと入学できると思います。センター試験の結果で小学校教諭免許をあきらめていた方。私もそうでしたがここで道がひらけました。本気で学習しようという意欲があればいいのです。

仕事や子育てをしながらでも可能

 平日の昼間に大学に通うわけではないので、仕事や子育てをしながらでも可能です。自分で都合のよい時間をつくり、計画的に学習を進めていけば単位を取得できます。

 でも、理論上はそうでも実際どうなのでしょうか。「本当に可能なの?」と、かつて掲示板にも多数問い合わせをいただきました。これは本当に心配ですよね。結論から言いますと、土日に行われる科目終了試験や教育実習、スクーリングなどに参加できるかどうかにかかっていると思います。土日の休みが取りにくいという方は、インターネットによる試験を可能にしている大学もありますので、こちらも参照してください。仕事や子育てをしながら通信教育で学んでいるひとはたくさんいます。このサイトの情報も上手につかってやればできないことはないと思っていて大丈夫です。

 明星大学の通信教育には社会人として働きながらという人や、子育てをしながら頑張って単位を取得しているという人がたくさんいます。ここでは、学業との両立という点でポイントとなること

 

学費は比較的安い

 2年間でかかったお金は約60万円です。これって、高い?それとも安い?

 ざっくりとした計算ですが、かかったお金はスクーリング等も含めて2年で約60万円。通常の大学と比較すると通信制大学の学費は半額以下ですね。その内訳を次にまとめてみました。

 小学校教員免許を取得するために通信大学に在籍するとどれくらいの学費がかかるのかを私の事例をもとに簡単にまとめました。なお、詳しいことは資料請求より入手できる募集要項・出願書類

この費用はだいたいどこも同じです。

受講費用概算

入学諸費+1年目学費
170,000円
追加履修費
50,000円
2年目学費
110,000円
スクーリング2回
230,000円
教育実習など
50,000円

合計 600,000円

 他の大学でもまぁトータルでは何十万と変わることはないでしょう。詳細は別の記事にまとめましたので参考にしてみてください。スクーリングを最小限に抑えればもう少し安く済ますことは可能です。北斗星で旅行気分で行ったので高くつきました。あと5万円はカットが可能です。

ネット社会

 インターネットがどんどん広まり、今ではスマートフォンで手軽に情報を共有することが可能になりました。以前ならスクーリングに行かなければ手に入らなかったような情報もこのサイトなどで見ることが可能です。そう考えると、通信制大学を利用しやすい時代になったと言えます。

▶スポンサードリンク

通信教育で夢をかなえる

多数の成功事例がある

 私は明星大学の通信教育課程を経て小学校教員として仕事をするに至っています。通信教育には入試がありません。自分で計画をたてそれに向けて一つ一つの努力を積み重ねていけば道が開けていくのです。

小学校2種免許が1年で取得可能に!

 通信教育のいいところは、自分のペースで学習が進められるところです。通常なら大学の先生の話を聞きながら半年かけて取る単位も、テキストを一気に読んでレポートを書けば1日でクリアできる単位があるということです。ただ、科目終了試験の日程や回数や実習などの制約で自分の努力だけでは時間短縮ができないものもあります。

小学校教諭免許取得の場合  明星大学の通信教育課程で小学校の教員免許を取得するためにはどれくらいの期間が必要になるのかをまとめました。極端な話、「教育委員

 1年でも短くしたいというのであればいくつかのポイントがありますが、学習の早いスタートと先を見通した計画で小学校2種免許が1年で取得可能です!(条件あり)

選択肢はひとつではない!

 このサイトは、明星大学の通信教育を例にしながら、通信制大学の基本的な考え方を紹介しています。他の大学については下記に情報をまとめています。

 小学校や各校種の教員免許を通信教育で取得できる大学の情報を集めています。前半は、資料請求でもらえるものと実際に通信教育課程がある大学を紹介し、後半は大学選びのポイ