図画工作科は「表現・鑑賞」活動を通して、児童それぞれの個性的なものの見方、感じ方、考え方、表し方に気づかせ、造形的な創造活動の基礎的な資質・能力と、豊かな感性・情操を育む教科です。

 よって、児童それぞれにとっての豊かな表現性を、自分らしくかつ他者に通じるかたちで発現できるように涵養することの可能性を研究します。図工の指導、評価って難しいのでとても役立ちます。

小学校・幼稚園教諭教員免許

 ここでは、幼稚園・小学校教諭第1種免許状、幼稚園・小学校教諭第2種免許状、小学校教諭専修免許状(修士の学位が必要)に必要な単位についての情報を交換しています。大学の科目概要で示される科目の到達目標が講義のポイントを最大限要約したものですので、それをレポートや科目終了試験対策の柱にして学習を進めると良いと思います。

科目の到達目標

1.造形的表現活動の本源的な意味・価値・効用などについて見識を深め、当教科の普通学校教育における意義が見いだせること。
2.幼年期から児童期までの子どもの造形表現の特質中に、造形表現の原理的表現型がいかに観察されるかを把握できること。

科目の学習の要点

1.図画工作科の意義・目的と、教科としての本質
2.造形的表現活動の原理と価値
3.表現(制作)と鑑賞との関係
4.学習指導要領について
5.図画工作教育の歴史
6.子どもの発達と造形表現
7.教科としての評価
8.材料・用具・技法

科目終了試験の評価

・科目終了試験は「科目の学習要点事項」に沿って広範囲に設定されるが、個々の設問については、レポート課題の設定範囲に近い印象の場合もある。過去問や出題傾向を並べてみれば歴然としているが、「科目の学習要点事項」に示されている項目のそれぞれが、個々の設問と捉えて整理しておくこと。つまり!このページを見ていれば解けるということですね!頑張りましょう。
・評価のポイントは、出題の主旨の即した要点事項について、的確な用語が適正に用いられて論述されているかの程度によってなされる。

レポートの評価

 レポートの作成にあたっては、課題に即した範囲のテキスト内容を的確に読解し、その範囲に該当する「学習要点事項」に関する解釈が、所定の文字数でまとめられていること。
 考察や私見が求められている課題の場合でも、記述内容が主観的に過ぎるものや、反対にテキストからの引用そのものは不合格とする。

▶スポンサードリンク

より専門性の高い先生を目指す!

教育実習、採用試験、日々の実践に有効

 小学校教育・幼稚園教育にかかわる先生方をはじめ,広く教育関係者を対象にして,初等教育の充実を図るための資料として,文部科学省教育課程課及び幼児教育課で刊行している教育月刊誌です。年間テーマに基づき,今日的な課題をとらえ,各教科,領域の関連的,横断的な視点から具体的なテーマで特集が組まれています。

よりよい学級経営を考える

 学級経営という言葉は漠然としていますが、声かけの仕方、指示の出し方、場の構成の仕方など、同じことをするのでも、学級の実態を見取り、それに合わせたやり方がどうできるかが今の時代大切です。基本的なことが多く書かれていますが、とても大切なことがまとめられています。荒れない学級づくり、問題を抱えた子に対応する教師力というと消極的ですが、それができるようになって初めて、学ぶ集団、全員が活躍できる生き生きとした学級づくりに向かえるのだと思います。

在庫を確認する

科目終了試験・スクーリング・レポートに関する情報

 科目終了試験の難易度は学習の進度にも大きく影響します。大学選びの際のひとつの資料にもなりますので科目終了試験等の過去問の情報を掲載しています。インターネット上にはあまり情報が出ていないと思いますので、ぜひここで交流していただければと思います。ここでの交流は後輩にも必ず役立ち、後に続く人たちの励みにもなると思います。よろしくお願いします。

科目終了試験過去問情報

 科目終了試験に関する情報です。要約した場合も、できる場合は題意が変わらない範囲でまとめて掲載しています。なお、再構成前の情報がコメント欄にある場合もありますので、このページの最下部もご覧ください。

 新しい情報を書き込みをされる際は、科目名の他、できるだけ試験年度や月、会場などの情報を入れてください。 

例 PL0000 科目名(略称でも可) 【2017.2 札幌】など。

お寄せいただいた情報は22です。

たけ@管理人 より:2010年1月13日 12:11 PM
 過去問題を見ると、10月、11月の問題は難しそうですね。人物とその考え方を知らないと解けません。逆に5月から7月の問題は解きやすそうです。追い込まれる前にレポートを提出して何回か試験をうけるというくらいの気持ちで行くのがよいのでしょうか。

たけ@管理人より:2016年1月24日 6:09 PM
・2014
図画工作科における材料・用具と表現との関係性について、「造形遊び」や「絵や立体・工作に表す」など、表現へのアプローチのちがいなどから説明せよ。

2014
・図画工作科における評価の観点について、四つの観点に分けて説明せよ。
※評価の観点は、造形への関心・意欲・態度.、発想や構想の能力、創造的な技能、鑑賞の能力のことですね。何をどう評価するか説明すると良さそうですね。

2013
・学習指導要領「図画工作」の教科全体の目標に示される「造形的な創造活動」あるいは「造形的表現活動」とはいかなるものかを述べよ。

2012
・図画工作科における「言語活動」と「造形言語」との関係を、「感性やイメージ」と関連づけて説明せよ。

hanaeさんより:2016年1月24日 6:04 PM
【2015.5】
 図画工作科における「言語活動」と「造形言語」との関係を、「感性やイメージ」と関連づけて説明せよ。

てんさんより:2012年1月1日 5:46 PM
【2011年12月(会場:福岡)】
次のA、Bのどちらかを選び解答せよ。両方回答した場合は無効となる。
A 2011年以降配本済テキスト対応問題
  図画工作科における材料・用具と表現との関係性について、「造形遊び」や「絵や立体・工作に表す」など、表現へのアプローチのちがいなどから説明せよ。

B 2010年度以前配本済テキスト対応問題
  美的秩序の構成要素について説明せよ。

しろくろさんより:2011年5月8日 9:02 PM
【2011年4月(会場:巣鴨)】
2011年以降配本済テキスト対応問題
図画工作かの意義とは何か。学習指導要領「図画工作」の教科全体に示される「豊かな情操」と関連づけて論述せよ。

2010年以前配本済テキスト対応問題
F.チッゼクの美術教育について知るところを述べよ。

ののさんより:2010年1月23日 10:52 PM
【2009年10月(会場:静岡)】
造形的表現活動とはいかなるものかを考察せよ。

【2009年11月(会場:静岡)】
H.リードの「芸術による教育」について知るところを述べよ。

【2009年12月(会場:静岡)】
造形的表現活動とはいかなるものかを考察せよ。

ののさんより:2010年1月23日 10:40 PM
【2009年8月(会場:日野)】
絵画指導の内容を、以下の五つの形式的要素に分けて説明せよ。
(1)形
(2)明暗と陰影
(3)量感
(4)質感
(5)色彩

おきょんさんより:2009年12月13日 5:43 PM
【09.11月(会場:仙台)】
小学校学習指導要領「図画工作」の目標に掲げられている
「造形的な創造活動」とはどのようなことか。

珈琲牛乳さんより:2009年7月3日 10:40 AM
【2009年06月 (会場:長野)】
作品評価の問題点について考察せよ。

たけ@管理人より:2008年6月19日 5:43 PM
【2006年05月(会場:札幌)】
図画工作科の指導者に求められる教師像について考察せよ。

【2006年06月(会場:札幌)】
工作評価の問題点について考察せよ。

【2006年08月(会場:日野)】
色の三属性について、有彩色と無彩色とに関連させて説明せよ。

【2006年10月(会場:札幌)】
V.ローウェンフェルドの分類による絵画表現の発達段階について述べよ。

【2006年11月(会場:札幌)】
H.リードの「芸術による教育」について知るところを述べよ。

【2007年11月(会場:札幌)】
「表現」と「鑑賞」との関連性について造形的表現活動を柱に考察せよ。

【2007年12月(会場:札幌)】
造形的表現活動とはいかなるものかを考察せよ。

【2008年02月(会場:札幌)】
明治期よりの図画工作教育の変遷について述べよ。

▶スポンサードリンク

スクーリング・レポート情報

 課題に対してどんな感じで書いたら評価はどうだった。もっとこうした方がいいよなどの情報を載せてください。差支えがなければ、レポート本文をそのまま載せていただいても結構です。また、ご質問やレポートの講評、残念ながら不可となった情報はできるだけ具体的に書いていただけると、他のみなさんの参考にもなります。

①~と書いたら、××というコメントをいただいた。
②もっと△△という視点を入れたほうがよい。
③~について、☆☆はわかるが、〇〇のところがよくわからない。

レポート課題

1単位目
1.テキストの「図画工作(美術/造形表現)教育の意義・目的」(第1章)を読み、1,000字程度に大意要約せよ。

 テキストの第1章(7~17頁)を読み、1.~6.の各節ごとに100~200字程度に要約するとよいそうです。

2.テキストの「美術科教育の歴史」(第3章)を読み、「山本鼎の自由画教育」と「久保貞次郎の創造主義美術教育」とを、明治初期からの我が国の美術教育史の概略に位置づけ、1,000字程度で説明せよ。

 テキストの第3章(31~45頁)を読み、1000字程度で課題に回答するには、2節「図画工作科教育史の時代区分と概観」の中に、4節「自由画時代」と8節「創造・認識・造形教育時代」のそれぞれを要約して位置づけていきますが、42頁のコラムに記されているように、自由画論も創造美育も民間教育運動から学校教育へ展開しているところにも注目して書いていきます。

2単位目
1.テキストの「学習指導要領の方向、教科としての図画工作」(第2章)を読み、1,000字程度に大意要約せよ。

テキストの第2章(18~30頁)を読み、1.~13.の各節ごとに50~100字程度で要約していきますが、3節「図画工作科の学習指導要領の構成」を役立てると、よりまとめやすくなります。

2.テキストの「図画工作の評価」(第7章)を読み、「観点別学習状況の評価」における4つの観点のそれぞれについて、それぞれの観点の趣旨に沿いながら、全体で1,000字程度に整理して説明せよ。

テキストの第7章(132~139頁)を読み、2節「評価の基礎となる観点別学習状況の評価」を骨組みに、3節「図画工作の評価の観点」や4節「評価の手続き」に解説されている事柄を、136頁冒頭の表中にある「・評価の観点及びその趣旨」に沿って把握し整理していきます。

私のレポート(類似課題)

1単位目

(1)テキスト内の「わが国の美術教育の変遷」(第1章、第5節)について、800字程度に大意要約し、その感想としての私見を200字程度で述べよ。

 わが国において、美術教育が普通教育に取り入れられたのは、明治5年の学制の頒布以後である。初期の図画教育は鉛筆によるコピーが主であったが・・・。明治14年ごろから「国粋主義」の風潮が強まった影響を受け・・・。明治30年代に入ると、鉛筆画・毛筆画を考え直すべきだという意見が強くなり・・・。明治42年に、国定教科書の新定画帳が完成・・・。

大正デモクラシーの時代に入ると、自由画教育の提唱が・・・。

昭和に入ると・・・。昭和6年の満州事変以降・・・。戦後の日本の美術教育は・・・。

 私自身、子どもに絵を描かせる際の教科書の扱い方や、助言の仕方、さらには評価のあり方について難しさを感じている。以上の美術教育の歴史から、大切なことは、写真のような絵をかけるかどうかや、絵の具等の道具が上手に使えるかどうかではないことを知った。私自身、子どもの表現力を引き出すことができるように、子どもとの日常のかかわりの中から、子どもがどのようなイメージを持っているのか、何を表現しようとしているのかを感じ取れるようにしていきたいと感じた。

(2)絵画指導の意義と方法についてまとめよ。

 絵画では、児童が心に思ったことや、観察して得た印象などを、実用性や技巧性などの拘束を受けることなく、二次元の平面に表現することができる。児童に表現させる絵画の内容は、想像画と観察画に分けられる。  学習指導要領では・・・。このような内容を踏まえ、絵画指導の意義は、児童の自由精神を尊重しつつ、児童の個性に応じた指導を展開していくことを通して、児童の表現力を引き出すことにある。その際、絵画指導に当たる教師は、絵を描くことを児童と共に楽しみ、表現の喜びを自ら示し、児童のそれぞれの立場において、新しい前進や発見を勇気付けることが望ましい。

実際の絵画指導にあたっては・・・。低学年の指導では・・・。中学年では・・・。高学年では・・・。

 以上のように、児童の発達段階に留意しながら絵画の基本を指導し、児童の表現力を引き出すことを目指していくことが求められている。

 よくまとまっています。具体例と対応させてテキストの内容を解釈してください。

2単位目

(1)テキスト内の「チゼック教授の美術指導と質疑応答」(第11章)を読み、得られた知見と感想を述べよ。

 私は、チゼック教授の美術指導と質疑応答から、以下の3点について特に影響をうけた。 1点目は、親や教師が子どもの創造性を大切にする考えをもつということである。(詳細略)2点目は、子どもの生まれ育った環境について考えることである。(詳細略)3点目は、指導方法についてである。(詳細略)最後に、子どもたちが安心して自分の表現したいものを表現できるようにするためには、教師や親とのかかわりだけではなく、学級内の雰囲気も大切になる。美術指導を通して、友だちの絵を認め、いろいろな表現を受け入れる寛容な態度も育てていきたいと考えた。

(2)評価の問題点について考察せよ。

(評価の意義・図画工作科の具体的な評価についての説明は略)

 この教科における評価の難しさについて整理すると、ひとつは客観性のある評価を行うことの難しさである。納得できる評価にするためには、教師は公平無私の態度で臨み、客観性のある評価を行うことが肝心である。しかし、先にあげた評価の尺度が曖昧になる目標や、絵画表現にみられるように、児童の空想や想像力により表現された芸術的表現に対する評価は、評価規準は客観的に設定できても、評価基準は各教師の中にあり、担任によって評価の仕方に差が出てしまうことにある。

 評価は教師のする一種の鑑賞。子どもの表現の発達段階を理解して名作品と正対してください。

このレポートは提出から返却まで3か月半かかりました。

著者紹介

この記事を書いている人

私の体験記

 私は、2006年~2007年に明星大学の通信教育課程に在籍し、小学校教諭免許1種・2種免許を取得しました。その後、大学院を出ていたこともあり免許は専修免許状に変更。期限付き教諭を経て正採用になります。

 その際、情報交流サイトとして開設した「明星大学通信教育体験記」を、後に続く後輩たちのためにと思い残し、現在子育てをしながらメンテナンス・管理を行っています。

代表的な執筆作品