通信制大学で教員免許を取得する時に、「どこの大学にしようかな。」と迷いますよね。大学進学であれば、偏差値や部活、深めたい学習内容で選びますが、通信教育で教員免許を取得するという目的となればあまり関係がありませんよね。そこで、通信制大学選びのポイントとなることをリストアップしてまとめたのがこのページです。なお、明星大学を例に詳しく説明した内容は、トップページやサイトの右側のリストからご覧ください。

玉川大学 教育学部

教育学科 通信教育課程

図書館情報技術論
電子資料、コンピュータシステム等基礎的な情報技術を学ぶ。

全人教育論
創立者小原國芳の人間観、教育観に対する理解を深める。

学習・発達論
乳幼児、児童生徒が社会的関わりの中で発達・学習する過程を捉える。

博物館資料保存論
資料劣化要因と対策の知識、歴史・考古・美術等の資料保存を学ぶ。

○ 大学の所在地

東京都町田市玉川学園6-1-1

○ かんたん 資料・願書請求

 今の時代、インターネットでパンフレットや出願書類などの資料を無料で取り寄せることが可能です。なお、各種大学の資料をとりまとめて取り扱うサイトがあり、そのサービスを使えば、複数の大学の資料も一括で請求できます。

▶スポンサードリンク

大学選びの7チェック

 では、さっそく大学選びのポイントになる7つのことをまとめていきます。なお、資料からではわからない大学の評判やクチコミなどの投稿もおまちしています。

  • 取得できる免許
  • スクーリング会場
  • 科目終了試験の情報
  • 学費
  • アクセス
  • サポート体制
  • 募集期間・入学手続き

1、取得できる教員免許は?

・幼稚園教諭1種・2種免許状
・小学校教諭1種・2種免許状
・中学校教諭1種・2種免許状(社会・数学)
・高等学校教諭1種免許状(公民・数学)
・社会教育主事任用資格
・図書館司書資格
・学校図書館司書教諭資格

2、スクーリング会場は?

 通信教育でもスクーリングで取得しなければならない単位があります。どれだけ短い日程で組もうとしても、1度や2度は足を運ぶことになります。なお、自分の住んでいる地域から行きやすい大学を選びますが、地元でスクーリングが開講されるからといって、必要な科目が開講されているかどうかは別問題です。気をつけましょう。

・スクーリングは学内外で8種類が開講され、各自の都合に合わせて選択できるように配慮されている。

3、科目終了試験について

 科目終了試験について事前にチェックしたいことは、試験実施回数・実施都市・試験の難易度などです。試験の回数が限定されるほど学習を進めにくくなりますが、試験自体は易しくなる傾向はあります。そうは言っても限度はありますが。中にはインターネットで受験できる大学もありますので参考にしてみてください。

・単位修得科目試験は土・日に全国56都市209箇所で実施、年間16日間と多くの受験機会を用意している。

4、学費について

 大学の資料等に書かれている学費に加え、スクーリングの受講料や実習費、旅費などもかかってきます。そのほかに、教員採用試験対策など各自、必要な経費があります。

【初年度納入金】※インターネット出願の場合は割引制度あり
1年次入学生 17万8800円
(選考料2万円、入学金3万円、授業料年額12万800円、学修料年額6000円、学生会費2000円)
編入学生 18万8800円
(選考料2万円、入学金3万円、編入料1万円、授業料年額12万800円、学修料年額6000円、学生会費2000円)

他にスクーリング受講料(1単位 8500円、学外スクーリングを除く)、教育実習受講料など

5、アクセス

 スクーリングで大学に行くことがあります。周辺に宿泊できるところがあり、通学にも便利なところがいいですよね。

・小田急線「玉川学園前」駅から徒歩3分

6、サポート体制

 各大学、ここで差をつけようと頑張っています。学習サポート、教員採用試験対策、スクーリング中の託児など様々です。ただし、「大学に行ってこそ」受けられるサポートもたくさんありますので、どれだけ利用できるかはわかりません。通信教育生としての日々の学習や試験などを優先して考える方が良いでしょう。

 入学後には、誰もが安心して通信での学びをスタートできるように、レポートの書き方や科目試験受験について等、通信教育での学修の基本に関するガイタンスを実施。丁寧なレポート添削や隙のない熱心な講義はもちろん、教職採用試験受験に向けての各種講座も開講され、学生の目標達成を手厚くサポートしている。

 教員免許状取得コースでは、校長経験のある教授陣が教鞭を取り、授業計画の手法だけでなく“教員の心構え”まで指導するという徹底ぶりだ。在学生からは、「実際の教育現場ですぐに活用できそうな“手遊び”や“子どもの心の問題を解決する方法”も学びました。教員を目指すうえでの自信もつきました」と、評価も高い。

7、募集期間・入学手続き

 通信大学の多くは前期・後期の2期制をとっているところが多く、入学受付時期も春と秋の2回に分けているところがあります。また、春だけの募集や通年募集もありますので、自分にあったプランを探してください。

 大切なことは、教員免許が欲しいのではなく、「先生になる」ということだと思います。少しでも早く動き出すことが大切です。

■募集学部学科(2017年の例)
教育学部教育学科

■定員
正科生1年次入学生  1,500名
正科生編入学生        若干名
科目等履修生          若干名

■出願期間
前期(4/1付) 入学:2017年1月10日~4月28日(必着)
後期(10/1付)入学:2017年6月19日~10月27日(必着)
※上記の受付期間に随時、受付・選考を行う。
※インターネット出願の場合は別途設定あり。

■入試の方法
書類選考

通信教育は自分で動く

在学期間を最短にするために

 原則として入学関係書類が大学に到着後、に合否が決まり、「入学許可通知」、「学生証」、「テキスト等」が送付されます。

 では、なぜ急ぐのか。詳しくは別のページで紹介していますが、通信大学の場合は単位取得までに時間がかかります。レポートはいつでも提出できますが、科目終了試験を受けるためには、受験資格を満たす必要があります。他にも、教育実習や教育実践演習、介護等体験など自分の努力だけではペースを上げることができないものが必ずあります。

 試験も毎月あるわけではありませんので、とにかく早く手続をして、早くレポートを出して、試験を一回でも多く受ける権利を得る。これが1年間で必要な単位を取る秘訣です。

簡単・便利!

無料で資料・願書請求

大学の募集要項は必見!

 大学の募集要項を見ると、もっと詳しい情報を得ることができます。今は無料で資料請求ができる時代ですので、ぜひ利用してみてください。

 このサイトでは、無料で願書・資料請求ができる教員免許取得可能な通信制大学一覧のページも用意しています。

 小学校や各校種の教員免許を通信教育で取得できる大学の情報を集めています。前半は、資料請求でもらえるものと実際に通信教育課程がある大学を紹介し、後半は大学選びのポイ