東京福祉大学教育学部教育学科 通信教育課程

 東京福祉大学教育学部は、小学校から高校まで教員免許を通信教育で取ることができます。スクーリングでのディスカッション、レポート作成、意見発表など、近年言われているアクティブラーニング型の学習を実践を目指している大学で、小学校の授業づくりでも盛んにいわれている、課題探求能力、問題発見・解決能力など、現場でも必要な柔軟な思考力を体得できるようになっています。

 正科生の編入学の他、科目等履修生として教員免許取得をめざすこともできます。卒業後、小・中・高等学校教諭、養護教諭として活躍できるように、教員採用試験対策を視野に入れた、体系的なカリキュラム構成となっています。

東京福祉大学教育学部教育学科
通信教育課程:通信制大学基本情報
東京福祉大学 [送付物] 学校のパンフレット、願書、説明会案内ハガキ

大学の所在地

所在地 東京都豊島区南池袋2-14-7(池袋キャンパス/〒171-0022)
群馬県伊勢崎市山王町2020-1(伊勢崎キャンパス/〒372-0831)
アクセス JR・東京メトロ等「池袋駅」東口徒歩4分/JR「本庄駅」
JR・東武「伊勢崎駅」バス15分

東京福祉大学の通信教育で取得可能な免許・資格

指定科目の履修により卒業と同時に取得できる免許
小学校教諭1種
養護教諭1種
中学校・高等学校教諭1種(英語・保健)
高等学校教諭1種(情報)の免許状が取得可能。

 さらに、他学部の科目履修により、幼稚園教諭1種、特別支援学校教諭1種、高等学校教諭1種(公民)の免許状も取得できます。さらに、認定心理士、社会福祉主事任用資格、児童指導員任用資格などもあります。(指定科目の履修が必要)。

科目修了試験

 科目修了試験は各キャンパスを含めた全国7会場で受験可能。

スクーリング

 スクーリング(面接授業)は、直接講義を受け、定められた試験に合格することで単位を修得するものです。 SR履修では印刷授業とスクーリング(面接授業)の両方を履修します。スクーリングは1科目2日間(一部3日間・4日間の科目有)で昼間に行われます。東京(池袋・王子)の他、名古屋(駅前・丸の内)、伊勢崎キャンパス、仙台会場でもスクーリングを実施しますので、首都圏や東海地区に在住の方は、経済的・時間的にも特に有利です。

 平成27年度は、伊勢崎キャンパスではほぼ毎月、東京・名古屋では年間6期行われており、開講期間は1期間につき1~2週間前後、夏休みやゴールデンウィークなどに開講され、伊勢崎キャンパスなら土日にも開講されました。スクーリングの履修は、自分の配当年次にあたる科目が開講されているスクーリングの中から受講科目を自由に選び申込み、各自の科目履修のペースに合わせて受講します。(通常年2~3期または年平均10~30日間程度。ご自分の受講科目数や希望資格などにより日数は異なります)。

スクーリングの形態は3つ。夏休みなどの長期休暇や土日に本学キャンパスで開講する「集中講義型スクーリング」のほか、WEB上で講義動画を視聴する「オンデマンド型スクーリング」、アクセスが便利な池袋キャンパスで講義動画をDVDで視聴する「DVD視聴型スクーリング」から科目の開講状況により選んで受講。

学費等の情報

 大学の資料等に書かれている学費に加え、スクーリングの受講料や実習費、旅費などもかかってきます。そのほかに、教員採用試験対策など各自、必要な経費があります。

■入学時納付金について
1年次入学/20万6260円  
2年次編入学/22万8820円 
3年次編入学/22万6380円 
4年次編入学/22万3940円
※スクーリング費用、実習費等別途

■標準在籍期間について
1年次入学/4年間(最長8年まで在学可能) 
2年次編入学/3年間(最長7年まで在学可能)
3年次編入学/2年間(最長6年まで在学可能)
4年次編入学/1年間(最長5年まで在学可能)

サポート体制

 学修をサポートする学修アドバイザーを設置。電話、メール、Skypeを活用して、専門的な内容から履修の進め方まで相談にのってもらえるとのこと。心強いですね!

入試・募集概要 4月生・10月生 募集要項

■入試の方法について
小論文を含む入学志願書などの提出書類による書類選考

■入試日程について
〈出願期間〉
2019年4月入学
1期/2018年9月14日(金)~2018年11月9日(金)
2期/2018年11月15日(木)~2019年1月15日(火)
3期/2019年1月18日(金)~2019年3月15日(金)
2019年9月入学
1期/2019年4月12日(金)~2019年5月30日(木)
2期/2019年6月5日(水)~2019年7月19日(金)
3期/2019年7月25日(木)~2019年8月20日(火)

在学期間を最短にするために

 原則として入学関係書類が大学に到着後、に合否が決まり、「入学許可通知」、「学生証」、「テキスト等」が送付されます。

 では、なぜ急ぐのか。詳しくは別のページで紹介していますが、通信大学の場合は単位取得までに時間がかかります。レポートはいつでも提出できますが、科目終了試験を受けるためには、受験資格を満たす必要があります。他にも、教育実習や教育実践演習、介護等体験など自分の努力だけではペースを上げることができないものが必ずあります。

 試験も毎月あるわけではありませんので、とにかく早く手続をして、早くレポートを出して、試験を一回でも多く受ける権利を得る。これが1年間で必要な単位を取る秘訣です。

▶スポンサードリンク

≫ 次の大学をチェック