ここには、皆様からいただいた情報を掲載しています。新しい情報も随時お待ちしておりますので、ぜひご協力をお願いします。万全の準備で、スクーリングやレポートを乗り切りましょう!

幼稚園教諭免許・保育士

 ここでは、幼稚園教諭第1種免許状、幼稚園教諭第2種免許状、保育士に必要な単位についての情報を交換しています。大学の科目概要で示される科目の到達目標が講義のポイントを最大限要約したものですので、それをレポートやスクーリングの柱にして学習を進めると良いと思います。なお、SR科目なのでスクーリング必修です。そして、科目終了試験はありません。

▶スポンサードリンク

この科目について

 幼稚園教育要領、保育所保育指針、認定こども園教育・保育要領に示されている 5 領域のひとつに「人間関係」が置かれている。人とのかかわりが希薄であると言われる現代社会で、人との豊かなかかわりの基礎となる力を育むことが保育・教育の役割のひとつとして期待されている。現代の子どもを取り巻く環境を踏まえて、保育の今日的課題と領域「人間関係」のねらいと内容を理解する必要がある。人と人との関係をつくりだす保育・教育の在り方に重点を置き、理論と実践を関連付けて学んでいきます。

(大学講義要綱より)

学習の進め方

 科目の到達目標には、レポートや試験のヒントが隠されています。講義の目標を達成していることが分かるようにレポートや試験で記述します。これで、大きくポイントがずれるということは避けられますね。

 ▶ 合格するレポートの書き方基礎・基本

科目の到達目標

1.領域「人間関係」のねらいと内容を理解する。
2.領域「人間関係」と他の領域との関係性を理解する。
3.乳幼児期の発達過程を理解し、保育・教育の場において人と豊かにかかわる力を育む方法を理解する。
4.人とかかわる力を育むための、人的環境としての保育者のあり方を理解する。
5.子どもと子どもの関係、子どもと保育者の関係、個と集団の育ちに重点を置き、保育・教育の在り方を理解する。

科目の学習の要点

1.領域「人間関係」のねらいと内容について。
2.領域「人間関係」と他領域との関連性。
3.乳幼児期の発達と人間関係。
4.人とかかわる力を育む保育者の役割。
5.遊びと生活の中で育まれる人とかかわる力。
6.領域「人間関係」の指導と指導上の留意点。

レポートの評価

・作成に当たっては、課題が何を求めているかを的確に理解して記述すること。内容の重複は避け、限られた字数のため効果的な校正に心掛けること。
・要点を中心に所定の文字数(2000 字以上の解答)の記載があること。不必要な行の使い方はせず、学習の成果を有効にまとめること。
・内容が設問とずれていたり、引用の程度を越えたテキスト丸写しのものは不合格とする。
・テキストの内容や持論をまとめるだけでは不十分である。根拠を明確に挙げつつ考察すること。

参考文献

『幼稚園教育要領解説』
『保育所保育指針解説』

▶スポンサードリンク

より専門性の高い先生を目指す!

保育の初心者からキャリアまで広く対応! わかりやすい専門誌です。

 指導計画(カリキュラム)を毎月掲載。各年齢と異年齢保育、特別支援保育それぞれの編集会議を経て、文部科学省・厚生労働省・内閣府の情報や法令に準拠した編集を貫く正統派です。また、保育現場のライブ感たっぷりな遊びや環境などの記事や、お悩み相談、最新情報などの記事も盛りだくさんです。※年に3回、ボリュームたっぷりの合本附録がついて定価2030円(税込)になる月があります。

あなたの保育を応援します。みんなの笑顔がつながるよくばり保育マガジン。

『保育のひろば』は,実技を中心に構成した月刊保育総合誌です。壁面飾り・手作りカード・毎月の製作の他,乳児のおもちゃ・シアターなどをカラーページで掲載しています。また,音楽リズムあそび・運動あそび・絵本の読み聞かせ・手話ソング・イラスト・書き出し文例など,日常保育にすぐ役立つ充実した内容です。

保育と現場ですぐ役立つ幼児教育誌

0歳児から5歳児までのすべての子供にかかわる保育者を対象とした総合保育誌です。発行部数が少ないためか、定期購読などで継続的に購入しないとすぐに売り切れています。

スクーリング情報

  以下は、皆様からの情報提供によるコンテンツです。ご協力をお願いします。

お寄せいただいた情報

まだ情報がありません。新たな書き込みをお待ちしています。

・講義の様子
 特別な持ち物や服装などがあれば教えてください。

・参加して感じた事
 講義の様子やテストのことなど差支えのない範囲で教えてください。先生や仲間の批判はご遠慮ください。

・当サイトのスクーリングのポイントはこちら
 ▶ スクーリングを効率的に!学習のことから宿泊予約まで

レポート情報

 レポートは本文をそのまま掲載していただいて構いませんが、他のサイトや文献をコピペしたものについてはご遠慮ください。できれば、本文というよりはポイントを後輩に説明するように「こんな感じで書いたよ」と書いていただけるとありがたいです。

お寄せいただいた情報

レポート課題例

現在、新着情報がありません。

まだ情報がありません。新たな書き込みをお待ちしています。

・不合格となったレポートのコメント
 何がダメなのかということがわかれば、今後レポートを書く方々にとって大変参考になると思います。

・工夫したところ
 悩みの多いレポート、どうやって合格したのか。

・レポートそのものの書き方
 はじめ、中、終わりをどのような柱で書いたのか簡単に。なお、投稿される際は、何の課題について書いたかがわかるように、課題を1行ほど書いていただけると助かります。