ここには、皆様からいただいた情報を掲載しています。新しい情報も随時お待ちしておりますので、ぜひご協力をお願いします。万全の準備でレポートを乗り切りましょう!

小学校教諭の教員免許

 ここでは、小学校教諭第1種免許状、小学校教諭第2種免許状、小学校教諭専修免許状(修士の学位が必要)に必要な単位についての情報を交換しています。大学の科目概要で示される科目の到達目標が講義のポイントを最大限要約したものですので、それをレポートや科目終了試験対策の柱にして学習を進めると良いと思います。

▶スポンサードリンク

この科目について

 小学校家庭科の目標・内容を理解した上で、その趣旨を生かした指導ができるように理解を深めていきます。題材の考え方、学習指導、評価方法について理解し、学習指導計画の作成について学んでいきます。さらに、特にここが大切だと思うのですが、実践的で工夫された指導について、実例を通して考察を深めることで、児童が興味を持って主体的に関わる授業のあり方について学んでいきます。高学年の授業である家庭科は知識や技能があるだけではうまくいかないことも多々あります。集団を安全に的確に動かす指示の出し方、思考を促す発問や切り返しなど、採用前に身に付けたいスキルが満載です。 

(大学講義要綱より)

学習の進め方

 科目の到達目標には、レポートや試験のヒントが隠されています。講義の目標を達成していることが分かるようにレポートや試験で記述します。これで、大きくポイントがずれるということは避けられますね。

 ▶ 合格するレポートの書き方基礎・基本

科目の到達目標

・家庭科教育における学習指導や評価のあり方を理解する。
・小学校家庭科における学習指導計画の作成について理解する。
・実践的で工夫された指導について考察を深める。

科目の学習の要点

1.家庭科教育における学習指導について
2.家庭科教育における評価について
3.指導計画の考え方と題材構成の工夫
4.小学校家庭科における学習指導計画について
5.現代の社会・生活の変化と家庭科教育

レポートの評価

 レポート課題が求める学習の要点を正しく把握し、テキストだけでなく参考文献についても良く理解したうえで、その要点を中心に所定の文字数でまとめること。

参考文献

『小学校学習指導要領解説 家庭編』文部科学省(東洋館出版社)

▶スポンサードリンク

より専門性の高い先生を目指す!

栄養教諭や家庭科の先生におすすめ

 「食育」がクローズアップされているなか、食育としての「給食」、また食教育、指導にすぐに役立つ資料・情報・教材づくりのアイディアが満載。

 栄養と健康の最新情報、自ら学ぶ学校給食にすぐに役立つ資料、教材づくりの資料などを中心に情報の発信を行っている月刊誌です。栄養教諭への道を歩まれる先生方の実務のお役に立ちたいと願っています。

レポート情報

 レポートは本文をそのまま掲載していただいて構いませんが、他のサイトや文献をコピペしたものについてはご遠慮ください。できれば、本文というよりはポイントを後輩に説明するように「こんな感じで書いたよ」と書いていただけるとありがたいです。

お寄せいただいた情報

1単位目

1.「衣服の着用と手入れ」の内容で実践的・体験的な学習が行えるよう工夫した指導例を考え具体的に述べなさい。

 テキストの内容とともに学習指導要領解説p.37~40についてもよく読むこと。実践的・体験的な活動を通して効果的に学習できるような題材を設定しなさい。より実践的なものとなるよう、できるだけ具体的な活動内容を述べ、記述は児童の学習活動について分かりやすく説明すること。

2.「日常の食事と調理の基礎」の内容で、家庭との連携を図り児童が身につけた知識及び技能などを日常生活で活用できるように工夫した指導例を考え、具体的に述べなさい。

 テキストの内容とともに学習指導要領解説p.25~36についてもよく読むこと。どのような方法で家庭との連携を図るのか、できるだけ具体的に考え説明しなさい。1単位目と同様に具体的かつ分かりやすく記述するように心がけること。

2単位目

1.小学校家庭科における個別指導の意義について説明しなさい。また個を生かす指導例を1つ挙げ、具体的に説明しなさい。

 新テキストp.122~144、旧テキストp.128〜149をよく読むこと。個別指導の必要性について説明し、それをふまえて個を生かすよう工夫した指導例を考えなさい。個別指導が能率的に行えるような方法についても考慮すること。

2.「環境に配慮した生活の工夫について」他の領域と関連を図ることによって、より効果的な指導ができるような指導例を考え具体的に述べなさい。

 テキストの内容とともに、学習指導要領解説p.52~53をよく読んで解答しなさい。児童にできるだけ問題意識を持たせるような工夫が加えられるとなお良い。1、2単位目同様に、できるだけ具体的な活動内容を述べ、記述は児童の学習活動について分かりやすく説明すること。

私のレポート(参考)

4月12日に提出し8月15日に返ってきました。なんと4か月もかかりました。

1単位目

(1)小学校家庭科における個別指導の意義について説明しなさい。また、個を生かす指導例を1つ挙げ、具体的に説明しなさい。

 家庭科における個別指導は、それぞれの児童の実態の違いからも必要である。児童は、家庭環境や生活経験が異なる事から、特に技能習得に関しては個人差も大きく、学習意欲への差も出てくる。そのため、教師は児童個々の状況をよく把握しておく事が求められる。

家庭科の場合、児童の実態に合わない計画から、児童の学習意欲が低下してしまうというケースがある。そのため、教師は児童それぞれの、「持ち味」「興味関心の方向」「独自の発想や思考」「現時点での知識・技能」そして、「意欲」を視点の中心に置き捉えていく。その上で、児童の個性が十分に発揮できる場面を強化し、その児童の現有の能力に応じた学習を個別に展開させていく場面の強化が必要となる。

個を生かす指導例としては次のようなものが考えられる。たとえば、「事前の学習シート」の作成等である。(以下略)

以上のような方法を用いながら、個を生かす指導を展開していく事が考えられる。

 考え方はほぼ良いので、指導例は学習内容や展開をより具体的に述べてください。(学習シートの事前の調査は、何をどのように学習するためのものか具体的に述べてください)

(2)小学校家庭科の評価の観点について簡単に説明しなさい。また家庭生活への関心・意欲・態度の評価法について具体例を挙げて説明しなさい。

 教育評価は、児童にとっての学習目標の達成という観点より価値判断し、教師自身の指導法の改善にも役立てていくものである。児童の立場から見ても、学習成果を確認したり、自己理解と自己改善の動機付けとしての役割もある。

(評価の観点については略)

「関心・意欲・態度」の評価方法は、学習内容や家庭生活にどれだけ関心をもっているか、学習したことを自分の生活に生かそうとしているかなどを評価するものであるため、ペーパーテストなどの数値的な結果が出るものに頼ることができない。また、唯一絶対の評価技法があるわけではないので、さまざまな技法を組み合わせて用い、それらの評価資料を基に総合的に判断することが望まれる。その際、教師による観察は、子どもの活動中の様子・発言・つぶやき・ワークシートへの記述や、実習や作品づくりへの調べ学習や聞き取り調査の様子を継続的に観察し、データを蓄積する事が望ましい。また、内面の変化を表す微妙な特徴をとらえ、その子どもの生活全体から洞察し、多面的に評価するように心がけていくことが必要である。その際、記述式評定尺度法を用い児童自身の自己評価も取り入れる事も考えられる。その他、問題場面テスト、ゲス・フー・テスト、イメージマップなどを複数の評価用具を柔軟に使用しながら教師は総合的に評価していく事が求められる。

 ほぼ良く考えまとまっています。

2単位目

(1)「衣服への関心」の内容で実践的・体験的な学習が行えるよう工夫した指導例を考え具体的に述べなさい。

 「衣服への関心」について、学習指導要領では、衣服の働きがわかり日常の着方を考える事、日常着の手入れが必要である事がわかり、ボタン付けや洗濯ができるようにすることが目標である。ここで、より実践的・体験的な学習を行うためには、身近な題材を用意する必要がある。例えば、「洗濯上手になろう!」という題材を設定する。この題材では、子ども達に、洗濯に必要な洗剤の種類や用具の使い方、手洗いや電気洗濯機洗いの特徴、布地や汚れに応じての洗濯の仕方の違いに気づかせたい。さらに、日常生活の中で、進んで衣服の手入れをしようとする実践的な態度や、自分たちの生活にかかわる生活排水と環境汚染について考える態度も養いたい。

 本題材は(以下、実践例について書く)。

なお、授業では手洗いを中心に扱うことにより、水だけで落ちる汚れがあることや、洗濯機では見えにくい排水や使う水の量にも目を向け、生活環境に配慮した洗濯の仕方を工夫する意識も高めることができると考える。実習として、家庭の協力を得て実際に靴下を手洗いさせることを行い、機械で行うことが万能ではなく、人間の手で洗うことも有効であることを実感させる。この学習を通して、児童が学んだ事を家庭に持ち帰り家族に話をしたり、進んで衣服の手入れをしようとする実践的な態度を育てたい。

 ほぼ良く考えてありますが、実習などに重きを置き、より実践的な体験的学習になるように工夫してください。

(2)「住まい方への関心」の内容と、「家庭生活と家庭」の内容との関連を図ることによって、より効果的な指導ができるような指導例を考え具体的に述べなさい。

 学習指導要領、内容の(6)には、「 住まい方に関心をもって,身の回りを快適に整えることができるようにする。」とある。掃除や身の回りの整理整頓を家族に任せている児童の実態を考慮し、家庭科の学習を通して家庭生活を振り返り、自らの課題をもって、生活をより良くしようとする態度や実践力を育てていく事が必要である。また、内容の(1)「家庭生活に関心を持って、家庭の仕事や家族との触れ合いができるようにする」との関連を図ることでより効果的な指導を行う事ができると考える。この関連で言えば、家族が気持ちよく住まうという視点から家族みんなが使う場所の清掃・収納を工夫したり、家族が集まる部屋を心地よくする工夫を考えたりする事、自分や家族の生活を支える仕事を理解する事にも結びつける事が可能である。

 そこで、この指導において効果的に指導できる題材として、「整頓の達人になろう!」というものを設定する。

(中略)

 授業では、教室にあるロッカーの整理整頓を実施する。その際、実施前と実施後で写真を撮影し、テレビでやっているようなビフォー&アフターのような工夫をすると児童はより楽しく取り組む事ができるのではないか。段ボール箱で仕切りを作ったり、棚を用意するなどの工夫で収納スペースが広がったり、きれいに掃除をしてから物をしまった方が気持ちが良い事などにも気づかせたい。

ほぼよく考えてあります。

・不合格となったレポートのコメント
 何がダメなのかということがわかれば、今後レポートを書く方々にとって大変参考になると思います。

・工夫したところ
 悩みの多いレポート、どうやって合格したのか。

・レポートそのものの書き方
 はじめ、中、終わりをどのような柱で書いたのか簡単に。なお、投稿される際は、何の課題について書いたかがわかるように、課題を1行ほど書いていただけると助かります。