ここには、皆様からいただいた情報を掲載しています。新しい情報も随時お待ちしておりますので、ぜひご協力をお願いします。万全の準備で、スクーリングやレポートを乗り切りましょう!

小学校教諭の教員免許

 ここでは、小学校教諭第1種免許状、小学校教諭第2種免許状、小学校教諭専修免許状(修士の学位が必要)に必要な単位についての情報を交換しています。大学の科目概要で示される科目の到達目標が講義のポイントを最大限要約したものですので、それをレポートや科目終了試験対策の柱にして学習を進めると良いと思います。

▶スポンサードリンク

この科目について

 算数科教育の理論や内容,指導上の課題を幅広い視点から探求し,指導事例をもとに具体的に考察します。

(大学講義要綱より)

学習の進め方

 科目の到達目標には、レポートや試験のヒントが隠されています。講義の目標を達成していることが分かるようにレポートや試験で記述します。これで、大きくポイントがずれるということは避けられますね。

 ▶ 合格するレポートの書き方基礎・基本

科目の到達目標

算数科教育の本質について学び、算数科の目標や内容はどのような考えにもとづいて構成されているのかについて理解することを通して、識見豊かな教員としての資質を身につけることを目指します。

科目の学習の要点

1 算数科の目標,内容,評価及び算数科の指摘変遷
2 学習指導要領に示された指導内容の各領域における今日的課題,目標な指導内容の系統3 算数的活動及び,算数科で重視される数学的な考え方や数学的リテラシーの育成
4 算数科における教材・教具,授業力を高めるための基礎的な指導法と発展的な指導

レポートの評価

 課題の内容について、テキストの内容をよく読んで理解したことや自身の経験を踏まえて、わかりやすく具体例を用いて記述すること。テキストの内容で課題に関連する箇所がよくまとめられているか、教材や指導の仕方についても「何を教えるのか」だけでなく「何を育てるのか」を具体的に述べているか、などを評価の対象とする。

 また、 テキストの要約だけでなく、子どもがどのような概習をもとにして何を学ぶのかについても言及し、具体的な算数の指導場面について十分な量を記述しているかが重要である。具体的な指導例については、国立教育政策研究所のサイトにある「全国学力・学習状況調査授業アイデア例」さまざまな年度の例も参考にしてもらいたい。 

参考文献

『小学校学習指導要領解説 算数編』文部科学省(東洋館出版社)

▶スポンサードリンク
○ここでちょっとおまけの情報。

担当学年に特化した定番雑誌!

  日々の学級経営、授業づくりの参考になる情報が学年・発達段階別に整理された定番の雑誌です。現場でも読んでいる先生は結構います。実習などの場合はその学年のイメージをつかむために、事前に1~2冊だけでも目を通しておくといいかもしれませんね。

 毎年買うことは無くても、初めて担当する学年や、久々に担当する学年の時に購入することが多いですね。私は最近はあまり買わなくなりましたが、それでも1年生の担任になった時には今でも買うようにしています。

 なお、お得な定期購読の受付は年度初めのみなので、担当学年が決まったら早めに申し込む必要があります。

スクーリング情報

  以下は、皆様からの情報提供によるコンテンツです。ご協力をお願いします。

お寄せいただいた情報

まだ情報がありません。新たな書き込みをお待ちしています。

・講義の様子
 特別な持ち物や服装などがあれば教えてください。

・参加して感じた事
 講義の様子やテストのことなど差支えのない範囲で教えてください。先生や仲間の批判はご遠慮ください。

・当サイトのスクーリングのポイントはこちら
 ▶ スクーリングを効率的に!学習のことから宿泊予約まで

レポート情報

 レポートは本文をそのまま掲載していただいて構いませんが、他のサイトや文献をコピペしたものについてはご遠慮ください。できれば、本文というよりはポイントを後輩に説明するように「こんな感じで書いたよ」と書いていただけるとありがたいです。

お寄せいただいた情報

レポート課題とヒント

1単位目

1.速さの概念を理解させるための算数活動として扱うよい指導法について述べよ。

 速さは、2変量で1つの量が表されるため、理解が困難とする児童が多い。具体的な例を用いて指導することが基本である。そのときの取り上げるときのポイントにもふれるとよい。

2.次の文章題の特徴について述べ、この解決案を示せ。 「タンクに水を一杯入れるのに、Aの管だけでは36時間、Bの管だけで入れると24時間かかる。AとBの管を同時に使うと何時間かかるか」

 Aの管の分とBの管の分と、両方同時の分と、3つあります。この3つの中で、タンク一杯の水の量は同じです。この3つの量が同じということに着目します。

3.概数の指導で必要な位や、けた数を示すには、どのように表現したらよいか。具体例「26945」を例に使って㋑「百の位までの概数」と㋺「上から2ケタまでの概数」を述べよ。

 概数をとるときには、どの位までの概数をとるか、指示の仕方には2通りの表現がある。

2単位目

1.「円周の測定」のところで、身の回りから、円の形をしたものを見つけ出し体験的な算数的活動を通しながら、円周と直径との関係を探る方法が良いといわれています。具体的にその算数的活動について述べよ。

 身の回りには円の形をしたものがたくさんあるが、児童の声を取り入れ、グループで工夫して測定させるようにしたい。そうすることにより、目的意識や学習意欲を高めることに結びつく。

2.次の文章題の特徴について述べよ。またテープ図(帯図)を用いて解く指導案を示せ。

 「はこの中のみかんを7個食べました。まだ2個残っています。みかんははじめ何個あったのでしょうか」

 この思考の手助けとしてテープ図を利用すると問題の仕組みを理解したり、数量の関係を把握したり、確かめたりするのに効果的である。

3.小数のわり算で、あまりを小数で出す場合、児童には抵抗が大きい。具体例「30÷1.4」を用いて、効果的な指導法を述べよ。

 あまりを小数で出すのが目的ではない。あまりの位取りを理解させることが大切である。

新たな情報がありません。新たな書き込みをお待ちしています。

・不合格となったレポートのコメント
 何がダメなのかということがわかれば、今後レポートを書く方々にとって大変参考になると思います。

・工夫したところ
 悩みの多いレポート、どうやって合格したのか。

・レポートそのものの書き方
 はじめ、中、終わりをどのような柱で書いたのか簡単に。なお、投稿される際は、何の課題について書いたかがわかるように、課題を1行ほど書いていただけると助かります。