ここには、皆様からいただいた情報を掲載しています。新しい情報も随時お待ちしておりますので、ぜひご協力をお願いします。万全の準備で、スクーリングやレポートを乗り切りましょう!

小学校教諭の教員免許

 ここでは、小学校教諭第1種免許状、小学校教諭第2種免許状、小学校教諭専修免許状(修士の学位が必要)に必要な単位についての情報を交換しています。大学の科目概要で示される科目の到達目標が講義のポイントを最大限要約したものですので、それをレポートや科目終了試験対策の柱にして学習を進めると良いと思います。

▶スポンサードリンク

この科目について

 小学校の音楽科の授業を行うための、基礎的な知識と技能を学ぶ科目です。学習指導要領に沿って、歌唱・器楽・音楽づくりおよび鑑賞の4つの活動分野について、指導法を学び、さらに、それらを総合した授業の立案、教材選択の視点、評価の視点を学び、少なくとも1つの題材(単元)について、自ら指導計画を立てることができるようになるための科目です。

(大学講義要綱より)

学習の進め方

 科目の到達目標には、レポートや試験のヒントが隠されています。講義の目標を達成していることが分かるようにレポートや試験で記述します。これで、大きくポイントがずれるということは避けられますね。

 ▶ 合格するレポートの書き方基礎・基本

科目の到達目標

1.子どもたちと音楽を楽しむ具体的な手立てをいくつか体得する。
2.歌唱曲を中心に、自分がよく使いこなせるレパートリーを最低3曲は身につける。
3.既成の曲を、その場の子どもたちの技能にふさわしい形に、アレンジしたり作り変えたりする手立てを知る。

科目の学習の要点

1.音や声についての学習
2.歌唱:発声や変声期についての知識、歌唱指導の諸問題、歌唱曲を教材化する方法など。
3.器楽:打楽器、鍵盤ハーモニカ、リコーダーを中心に、導入から簡単な奏法まで。既習曲を、簡単な合奏にアレ
ンジする方法。
4.音楽づくり:即興的な表現から発展して、響きやふしをつくる方法。
5.鑑賞:音楽の何をどのように聴くか。子どもたちが集中して聴くための手立て。
6.指導計画と評価の考え方。

レポートの評価

・1単位目:教科書および巻末の小学校学習指導要領を見て、正しく書けていれば合格。
・2単位目:子どもたちのイメージを豊かにし、それが歌い方に反映されるような、指導の工夫が見られれば合格。

かなり基準をはっきり書いてくれているので頑張れそうですね。

参考文献

『小学校学習指導要領解説-音楽編』文部科学省 平成20 年版

▶スポンサードリンク
○ここでちょっとおまけの情報。

担当学年に特化した定番雑誌!

  日々の学級経営、授業づくりの参考になる情報が学年・発達段階別に整理された定番の雑誌です。現場でも読んでいる先生は結構います。実習などの場合はその学年のイメージをつかむために、事前に1~2冊だけでも目を通しておくといいかもしれませんね。

 毎年買うことは無くても、初めて担当する学年や、久々に担当する学年の時に購入することが多いですね。私は最近はあまり買わなくなりましたが、それでも1年生の担任になった時には今でも買うようにしています。

 なお、お得な定期購読の受付は年度初めのみなので、担当学年が決まったら早めに申し込む必要があります。

スクーリング情報

  以下は、皆様からの情報提供によるコンテンツです。ご協力をお願いします。

お寄せいただいた情報

ろっく54 さんより:2017年8月10日 10:38 PM 編集
スクーリング情報に関して。
【2016.10受講】担当:H先生
持ち物:テキスト、学習指導要領解説、ソプラノリコーダー
講義の様子:
学習指導要領の話と学習指導案の作成方法の講義があります。
歌唱、器楽の指導については、先生が模擬授業をしてくれます。
また、学生全員で歌ったり、器楽(リコーダー及び打楽器の扱い)の演奏なども行います。リコーダーはアウロスもしくはヤマハを推奨。100均のリコーダーは音程が合わないのでおすすめはしません。(アウロス・ヤマハのものでも1500円程度で購入可能です※最悪持っていかなくてもなんとかなる)
講義科目ですが、ペアワーク及びグループワークあります。最後はグループで器楽アンサンブルをして発表したりもします。
試験:
持ち込み可。ところどころ白抜きされている指導案に必要なことを書き足して、学習指導案を完成させる試験でした。基本的に落とさないとおっしゃっていたので、ふつうに講義を受けて試験でふつうに書ければなんとかなります。(でも評価は若干辛口でした)

情報ありがとうございます。新たな書き込みもお待ちしています。

・講義の様子
 特別な持ち物や服装などがあれば教えてください。

・参加して感じた事
 講義の様子やテストのことなど差支えのない範囲で教えてください。先生や仲間の批判はご遠慮ください。

・当サイトのスクーリングのポイントはこちら
 ▶ スクーリングを効率的に!学習のことから宿泊予約まで

レポート情報

 レポートは本文をそのまま掲載していただいて構いませんが、他のサイトや文献をコピペしたものについてはご遠慮ください。できれば、本文というよりはポイントを後輩に説明するように「こんな感じで書いたよ」と書いていただけるとありがたいです。

お寄せいただいた情報

レポート課題例

1単位目

「歌唱共通教材」とはどのようなものですか。 ①定義 ②指導計画に組み込むときの注意点 以上2点をまとめてください。また、教科書P.36の表を写し、曲名を書き入れてください。

2単位目

 2年生に『春がきた』を指導する場面を想像してください。歌の旋律はみんな既に知っているものとします。 15分の枠でどのような指導をするか、具体的な言葉がけも入れて書いてください。ただし、お話はなるべく少なく、実際に声を出して歌う時間を多くとる指導にしてください。

 歌の指導においては、子どもたちがその歌をいかにイメージできるかが重要です。子どもたちが豊かなイメージを持ち、それにふさわしい声の出し方で歌えるような指導を考えていきます。言葉がけひとつで子どもの歌はずいぶんかわるものですので、いろいろと考えておくと現場でとても役立ちます。

まだ情報がありません。新たな書き込みをお待ちしています。

・不合格となったレポートのコメント
 何がダメなのかということがわかれば、今後レポートを書く方々にとって大変参考になると思います。

・工夫したところ
 悩みの多いレポート、どうやって合格したのか。

・レポートそのものの書き方
 はじめ、中、終わりをどのような柱で書いたのか簡単に。なお、投稿される際は、何の課題について書いたかがわかるように、課題を1行ほど書いていただけると助かります。