科目終了試験の過去問から傾向をつかみ、対策をたてましょう。ここには、皆様からいただいた情報が多数掲載されています。新しい情報も随時お待ちしておりますので、ぜひご協力をお願いします。万全の準備で、科目終了試験を乗り切りましょう!

小学校教諭の教員免許

 ここでは、小学校教諭第1種免許状、小学校教諭第2種免許状、小学校教諭専修免許状(修士の学位が必要)に必要な単位についての情報を交換しています。大学の科目概要で示される科目の到達目標が講義のポイントを最大限要約したものですので、それをレポートや科目終了試験対策の柱にして学習を進めると良いと思います。

▶スポンサードリンク

この科目について

 初等理科教育の具体的な内容や指導法や優れた教材、実践例を通して、初等理科教育法の目標とその具体化の方法を学んでいきます。「たのしい科学の授業はいかにしたら成立するか」「その具体的な指導法はどうあるべきか」「優れた理科の教材とはどのようなものなのか」「授業運営で大切にしなければいけないことは何か」「子どもが興味・関心を持つ理想的な理科の授業とは」「授業評価はどうあるべきか」など、実際に教師となって授業作りをしていく際もこのようなことを日々考えることになります。ぜひ、指導のバリエーションを増やし、現場でも生かしていけるといいですね。

(大学講義要綱より)

学習の進め方

 科目の到達目標には、レポートや試験のヒントが隠されています。講義の目標を達成していることが分かるようにレポートや試験で記述します。これで、大きくポイントがずれるということは避けられますね。

 ▶ 科目終了試験に向けての学習方法

科目の到達目標

1.初等理科教育の重要性について学ぶ。
2.「たのしい理科の授業の成立条件」について学ぶ。
3.「優れた理科の教材とはどのようなものか」について学ぶ。
4.「学ぶ側(子どもたち)にとって安心でき、かつ意欲的になれるいい授業運営とはどういうものか」について学ぶ。
5.「子どもたちが自信と意欲を持つようになる理科の授業の進め方」について学ぶ。
6.「教材研究はどうあるべきか」について学ぶ。
7.「授業評価とはどうあるべきか」について学ぶ。
8.「理科の授業をする教師の喜び」について学ぶ。

 

科目の学習の要点

1.初等理科教育の役割とその目標について
2.「たのしい理科の授業の成立条件」について
3.「子どもたちが歓迎する理科の教材」について
4.授業運営法1―問題の提出のしかた
5.授業運営法2―予想のたずねかた
6.授業運営法3―理由のたずねかた
7.授業運営法4―討論のさせかた
8.授業運営法5―実験のしかた
9.「教材研究はどうあるべきか」について
10.「授業評価はどうあるべきか」について
11.「理科の授業を楽しむ子どもたち」について
12.「理科教師の喜び、生きがい」について

科目終了試験の評価

 問題が要求している内容について、出題の要点を正しく理解し、論理的に解答されているかどうか、また論述の展開とその深度から評価する上で、少なくとも解答用紙の表面 90%以上、記述されているかどうかの量的内容の両面から評価する。

 テキストの内容やコンセプトを踏まえていない場合には、自らの経験や自説をいくら述べても評価されません。テキストをしっかり読んで受験すること。テキストは問題を解きつつ(予想しながら)読み進めるとたのしく読めるらしいです。

▶スポンサードリンク
○ここでちょっとおまけの情報。

担当学年に特化した定番雑誌!

  日々の学級経営、授業づくりの参考になる情報が学年・発達段階別に整理された定番の雑誌です。現場でも読んでいる先生は結構います。実習などの場合はその学年のイメージをつかむために、事前に1~2冊だけでも目を通しておくといいかもしれませんね。

 毎年買うことは無くても、初めて担当する学年や、久々に担当する学年の時に購入することが多いですね。私は最近はあまり買わなくなりましたが、それでも1年生の担任になった時には今でも買うようにしています。

 なお、お得な定期購読の受付は年度初めのみなので、担当学年が決まったら早めに申し込む必要があります。

科目終了試験過去問題

  ページ下部のコメント欄に書き込みができますので、新しい情報をお待ちしています。ぜひお一人1問!すると、1か月で数千件になります。

過去の出題例

 新しい情報をお待ちしています。

masa さんより:2017年3月28日 2:47 PM

1、「学ぶ側(子どもたち)にとって安心して学べ、かつ意欲的になれる授業運営とはどういうものか」について、テキストで学んだことを例にあげながら述べよ。
2、子どもたちにとって学びがいがあり、かつたのしい授業だったかどうかを判定するには、どのようなことをするとよいのだろうか。テキストで学んだ「授業評価のあり方」について触れながら述べよ。(2015.11 日野)
1、「子どもたちが自信と意欲を持つようになる理科の授業の進め方」について、テキストで学んだことを例にあげながら述べよ。
2、授業で、生徒を指名する時に注意しなければいけないことはどんなことでしょう。「発言したくない生徒への指名」はどう考えたらよいのでしょう。テキストで学んだことにふれながら述べよ。(2016.6 日野)
1、(1)【問題1-みなさんは身体検査で体重をはかったことがありますね。そのとき、はかりの上で両足で立つのと、片足で立つのと、しゃがんでふんばったときとでは、重さはどうなるでしょう。】―授業でこういう問題を出すとき、どんな予想の選択肢が考えられるでしょうか。テキストでは、その一つ目として「予想ア、両足で立っている時が一番重くなる」が書いてあります。それでは、他の選択肢(イ、ウ、エ)はどんなものだったでしょう。
  (2) (1)の予想のア、イ、ウ、エについて、子どもたちは、それぞれどんな理由をあげてくるでしょうか。テキストの例を思い出して述べなさい。
2、1のような【問題】で授業をしたところ、子どもたちが2時間にも及ぶ討論をしたり、実験結果に感動したりして、授業がとても盛り上がりました。テキストの「3.授業の盛り上がりの秘密」で学んだことを思い出して、なぜ授業がもりあがったのかの理由を述べなさい。(2016.10 日野)

よしりんママさんより:2016年1月26日 9:42 PM

【2015.10.「めいせい」】
1、「重さの概念」(すべてのものには重さがあり、その重さはその物質をつくっている分子や原子が変わらなければいつでも同じであって、どんなものでも、二つのものを加えればその重さも二つ のものの重さをたし合わせたものに等しくなる)を教える際に、どんな問題を出題すると子どもたちは興味を持って予想し、討論し、かつ、実験をたのしむようになるでしよう。
 テキストで紹介されていた「問題(実験)」の中からどれか1つを選び、それの問題文を書きなさい。その実験結果も書きなさい。「問題文」「予想の選択肢」「実験の図」などを書くとよい。
2、「これまでの理科教育の問題点(欠陥)」は何だったのでしょう。テキストから学んだことに触れながら述べよ。また、「これからはどうあるべきか」についても一緒に述べよ。

【2015.4.「めいせい」】
1、A先生は理科嫌いをなくすために「実験」を増やしてみました。ところが、子どもたちは「結果のわかっている実験をやってもつまらない」と言うのです。それでは、どんな「実験」ならいいのでしよう。テキストで学んだことに触れながら、「実験」とはどうあるべきかを述ベなさい。
2、子どもたちが意欲を示し夢中になるような科学の授業とはどういうものなのでしようか。テキストで学んだことを参考にして具体的に述べなさい。

【2014.10.「めいせい」】
1、「これまでの理科教育の問題点(欠陥)」と「これからの理科教育は どうあるべきか(未来の科学教育)」について、テキストから学んだことを述べよ。
2、科学の授業では、ある問題にそれぞれの子どもたちが予想を立てます。そして、次が討論です。この「討論」のときに、教師が気をつけなければいけないことはどんなことでしよう。テキスト「未来の科学教育」で学んだことを参考にして述べよ。その際、「発言する権利」「発言しない権利」という言葉を必ず使うこと。

【2014.4.「めいせい」】
1、「これからの理科教育はどうあるべきか(未来の科学教育)」についてテキストから学んだことを述べよ。
2、テキストでは、てんびんの使い方で「重さをはかろうとするものは左の皿にのせ、分銅(ふんどう)を右の皿にのせるようにするとよい」とありましたがそれはどうしてでしよう。また、左利きの人はどうしたらいいのでしょう。テキストに書かれていたことを参考に述べなさい。

【2013.10.「めいせい」】
1、「重さの概念」(すべてのものには重さがあり、その重さはその物質をつくっている分子や原子が変わらなければいつでも同じであって、どんなものでも、二つのものを加えればその重さも二つのものの重さをたし合わせたものに等しくなる)を教える際に、どんな問題を出題すると子どもたちは興味を持って予想し、討論し、かつ、実験をたのしむようになるでしよう。
 テキストで紹介されていた「問題(実験)」の中からどれか1つを選び、それの問 題文を書きなさい。その実験結果も書きなさい。「問題文」「予想の選択肢」「実験の図」などを書くとよい。
2、「これまでの理科教育の問題点(欠陥)」は何だったのでしよう。テキストから学んだことに触れながら述べよ。また、「これからはどうあるべきか」についても一緒に述ベよ。

マロンラブ さんより:2012年6月4日 4:55 AM
【2012年4月 会場 日野】

次のA Bのどちらか選択。両方解答は無効。
A (2011年度以降テキスト)

1、「これからの理科教育はどうあるべきか」についてテキストから学んだことを述べよ。

2、テキストではてんびんの使い方で、「重さをはかろうとするものは左の皿にのせ、分銅を右の皿にのせるようにするとよい。」とありましたが、それはどうしてでしょう。また、左利きの人はどうしたらいいのでしょう。テキストに書かれていたことを参考に述べなさい。

B (2010年度以前テキスト)

第3学年と第4学年の理科の目標をそれぞれ述べよ。

きーやんさんより:2011年11月27日 11:21 AM
【2011年11月(会場:日野)】
2011年度配本テキストから、問題傾向が大きくかわりましたよね!
過去問情報お待ちしております!

次のA、Bどちらかを選び回答せよ。両方回答した場合は無効となる。

A、2011年度以降配本済テキスト対応問題
1、「水50cm3とアルコール50㎝3をまぜると、その重さは二つのものをたし合わせたものと同じになります。ところが、体積は二つの体積をたし合わせた100㎝3よりも少なくなるのです。これはどうしたことでしょう。それは、たとえば水の分子を「ちいさな米粒」、アルコールの分子を「おおきな豆粒」と考えるとイメージすることができるでしょう。テキストの「ものの体積と重さ」のお話を思い出して、「米粒」と「豆粒」でもって図を使って説明しなさい。」
2、子ども達が興味・関心を示し夢中になるような科学の授業とはどういうものなのでしょうか。テキストで学んだことを例にとって述べなさい。

B、2010年度以前配本済テキスト対応問題
「地域の自然を通しての環境教育」と「小学校理科」との関わりについて述べよ。

東京さん より:2010年11月11日 3:43 PM

【2010年10月(会場:巣鴨)】
「問題解決の能力、自然を愛する心情の育成」と「身近に見られる動物の比較観察による見方」との関連についてそれぞれ述べよ。

おきょんさんより:2009年12月13日 5:35 PM

【09.11月(会場:仙台)】
理科の内容の「天気の変化と気象情報」に関する子どもの考え方を述べよ。

珈琲牛乳 さんより:2009年7月3日 11:03 AM

【2009年06月(会場:長野)】
第4学年の理科の内容A(生物とその環境)、または内容B(生命と地球)には、どのようなことが含まれているかを詳しく述べよ。

【2009年04月(会場:長野)】
理科と「総合的な学習」との関連の中で、自然体験について述べよ。

【2009年05月(会場:長野)】
第3学年の理科の目標を詳しく述べよ。

はやさん より:2009年1月1日 3:01 PM
【2008年12月(会場:巣鴨)】
理科における問題解決学習の考え方と育てたい資質能力について述べよ。

【2008年11月(会場:日野)】
理科の内容C区分の「太陽・月・星の動き」に関する子どもの考え方を述べよ。

【2008年10月(会場:巣鴨)】
地域の自然を通しての環境教育と小学校理科との関わりについて述べよ。

たけ@管理人 より:2008年2月11日 5:07 PM

【06年05月(会場:札幌)】
 第5学年の理科の目標を3つ述べよ。
【06年06月(会場:札幌)】
 第4学年の理科の内容A(生物とその環境)には、どのようなことが含まれているかを述べよ。
【06年08月(会場:日野)】
 「問題解決の能力と自然を愛する心情の育成」について述べよ。
【06年10月(会場:札幌)】
 地域の自然を通しての環境教育について述べよ。
【06年11月(会場:札幌)】
 理科の内容C区分の「太陽・月・星の動き」に関する子どもの考え方を述べよ。
【07年11月(会場:札幌)】
 理科の内容B区分の「力と運動」に関する子どもの考え方を述べよ。
【08年2月(会場:札幌)】
 生活科と理科の関わりの中で、経験活動と学習活動の関連性について述べよ。

 新しい情報を書き込みをされる際は、できるだけ試験年度や月、会場などの情報を入れてください。
例 2017.2 札幌 など。
 問題は、閲覧しやすいように管理人が記事に再構成して掲載しています。そのため、再構成前の情報がコメント欄にある場合もあります。