ここには、皆様からいただいた情報が掲載されています。新しい情報も随時お待ちしておりますので、ぜひご協力をお願いします。万全の準備で、科目終了試験を乗り切りましょう!

学校図書館司書教諭とは

 学校図書館司書教諭とは、教育職員免許法に定める小学校・中学校・高等学校・特別支援学校(盲・ろう・養護学校)のいずれかの普通免許状を所持している人が、法令で定める必要な単位(計10単位)を取得することで資格を得ることができます。その資格を持った者が学校で勤務する際に「学校図書館司書教諭」となることができます。

この科目について

 教育的背景や法的背景といったあらゆる視点から、学校図書館が設置されている意義や学校図書館の経営について、幅広く理解することを目的としています。具体的には、学校図書館の理念と現状をしっかりと把握すること、さらに、学校図書館を運営していくにあたって基本的に必要なものを理解すること、その上で、今後の学校図書館運営に必要なものは何か、自身の意見を形成していくものです。

(大学講義要綱より)

学習の進め方

 科目の到達目標には、レポートや試験のヒントが隠されています。講義の目標を達成していることが分かるようにレポートや試験で記述します。これで、大きくポイントがずれるということは避けられますね。

 ▶ 合格するレポートの書き方基礎・基本

科目の到達目標

  1. 学校図書館が設置されてから現在に至るまでの歴史について理解する。
  2. 学校図書館の現状を理解し、その問題点を把握する。
  3. 学校および学校図書館における司書教諭の役割を理解する。
  4. これからの学校図書館がよりよいものになるにはどうすればよいかを考察できるようになる。

科目の学習の要点

  1. 学校図書館と教育行政
  2. 学校図書館の教育的意義
  3. 学校図書館の経営方法
  4. 司書教諭の任務
  5. 学校図書館メディアの選択、管理、提供
  6. 学校図書館活動の内容と対象
  7. 図書館の相互協力

レポートの評価

 レポートは感想文でもエッセイでもないので、論理的に記述することが必要です。参考文献(教科書以外)の書誌事項や引用する場合の引用元を明示します。

 教科書の写しや、他の文献の写し、他人のコピーと思われるものは不正レポートとして認められず、評価の対象とはならないので注意してください。 

▶スポンサードリンク

レポート情報

  以下は、皆様からの情報提供によるコンテンツです。ご協力をお願いします。レポートは本文をそのまま掲載していただいて構いませんが、他のサイトや文献をコピペしたものについてはご遠慮ください。できれば、本文というよりはポイントを後輩に説明するように「こんな感じで書いたよ」と書いていただけるとありがたいです。ページ下部のコメント欄に書き込みができますので、新しい情報をお待ちしています。ぜひお一人1件!すると、1か月で数千件になります。

・不合格となったレポートのコメント
 何がダメなのかということがわかれば、今後レポートを書く方々にとって大変参考になると思います。

・工夫したところ
 悩みの多いレポート、どうやって合格したのか。

・レポートそのものの書き方
 はじめ、中、終わりをどのような柱で書いたのか簡単に。なお、投稿される際は、何の課題について書いたかがわかるように、課題を1行ほど書いていただけると助かります。

お寄せいただいた情報

申し訳ありません。今のところ情報はありません。

ぜひどなたか1件!情報募集中です!