通信制大学で教員免許を取得する時に、「どこの大学にしようかな。」と迷いますよね。大学進学であれば、偏差値や部活、深めたい学習内容で選びますが、通信教育で教員免許を取得するという目的となればあまり関係がありませんよね。そこで、通信制大学選びのポイントとなることをリストアップしてまとめたのがこのページです。なお、明星大学を例に詳しく説明した内容は、トップページやサイトの右側のリストからご覧ください。

武蔵野大学 通信教育部

児童教育学科

 インターネットを利用した通信教育システムを導入していることが大きな特長です。WBT(Web Based Training)と呼ばれるこのシステムは、学習に必要なパソコン環境が整っているところであれば、レポートの提出や添削、単位認定試験、メールによるきめ細かいアドバイスなどを受けることができます。

教職論
教育職の意義や役割などについて協議・検討を加えながら理解を深める

教育相談
カウンセリングマインドを生かした子ども理解、発達課題の対応を学習

児童英語
英単語や日常会話の教授法を学習。英語活動についても考察する

○ 大学の所在地

東京都西東京市新町1-1-20

○ かんたん 資料・願書請求

 今の時代、インターネットでパンフレットや出願書類などの資料を無料で取り寄せることが可能です。なお、各種大学の資料をとりまとめて取り扱うサイトがあり、そのサービスを使えば、複数の大学の資料も一括で請求できます。

児童教育学科の社会人比率はなんと90%(2014年5月)

それだけ学びやすいシステムになっているということがこの数字からもわかります。

▶スポンサードリンク

大学選びの7チェック

 では、さっそく大学選びのポイントになる7つのことをまとめていきます。なお、資料からではわからない大学の評判やクチコミなどの投稿もおまちしています。

  • 取得できる免許
  • スクーリング会場
  • 科目終了試験の情報
  • 学費
  • アクセス
  • サポート体制
  • 募集期間・入学手続き

1、取得できる教員免許は?

 武蔵野大学のカリキュラムは小学校、中学校(国語・英語)、高校(国語、書道、英語)の免許取得に対応。短期大学や4年制大学の卒業者は3年次編入学も利用できるため、教員の道を志す人はもちろん、教育者としてのキャリアの幅を広げたい人にも適した大学だと言えます。

2、スクーリング会場は?

 通信教育でもスクーリングで取得しなければならない単位があります。西東京市の大学キャンパスで受講するほか、インターネット上で受講できるメディア授業もあります。詳しくは資料請求で送られてくるパンフレットの70ページくらいに書いてあります。

3、単位認定試験について

 自宅のパソコンからWBTに掲載されている試験問題にアクセスして問題を解きます。いつでも好きな時に試験を受けることができるのは魅力ですね。

4、学費について

 大学の資料等に書かれている学費に加え、スクーリングの受講料や実習費、旅費などもかかってきます。そのほかに、教員採用試験対策など各自、必要な経費があります。

【入学時納入金】(春入学の場合)
●正科生1年次入学
入学金 3万円
授業料 13万円
補助教材費 1万円
合計 17万円
●正科生3年次編入学
入学金 3万円
編入料 2万円
授業料 13万円
補助教材費 1万円
合計 19万円

※授業料には、テキスト代、単位認定試験料等を含む。なお、学費等は一括納入(提携ローンあり)
※別途スクーリング受講料(1単位あたり、講義科目7,500円、実験実習科目1万5,000円、指導法に関する科目、1,250円(1コマあたり))が必要。

【入学時納入金】(秋入学の場合)
●正科生1年次入学
入学金  3万円
授業料  6.5万円
補助教材費  0.5万円
合計  10万円
●正科生3年次編入学
入学金  3万円
編入料  2万円
授業料  6.5万円
補助教材費  0.5万円
合計  12万円

※秋入学生の入学時納入金のうち、授業料、補助教材費は半期分。
※授業料には、テキスト代、単位認定試験料等を含む。
※別途スクーリング受講料、実習費などが必要。

5、アクセス

 スクーリングで大学に行くことがあります。周辺に宿泊できるところがあり、通学にも便利なところがいいですよね。

JR三鷹駅下車バス10分

6、サポート体制

 各大学、ここで差をつけようと頑張っています。学習サポート、教員採用試験対策、スクーリング中の託児など様々です。ただし、「大学に行ってこそ」受けられるサポートもたくさんありますので、どれだけ利用できるかはわかりません。通信教育生としての日々の学習や試験などを優先して考える方が良いでしょう。

武蔵野大学には教職センターが置かれ、教育実習、採用試験・就職試験対策に関する事項など、資格・教職課程を履修する学生を支援している。

7、募集期間・入学手続き

 通信大学の多くは前期・後期の2期制をとっているところが多く、入学受付時期も春と秋の2回に分けているところがあります。また、春だけの募集や通年募集もありますので、自分にあったプランを探してください。

 大切なことは、教員免許が欲しいのではなく、「先生になる」ということだと思います。少しでも早く動き出すことが大切です。

■入学定員(4月入学生と10月入学生の合計)
通信教育部 教育学部 児童教育学科
小学校専修・国語科専修・英語科専修(合計)
1年次入学 17名
3年次編入 85名
■出願資格
<1年次入学>
高等学校または中等教育学校を卒業した者、または平成29年3月卒業見込みの者。外国において学校教育における12年課程を修了した者、または平成29年3月修了見込みの者。
<3年次編入学>
短期大学を卒業した者、または平成29年3月卒業見込みの者。4年制大学の課程(通信教育課程を含む)を2年以上修了し、かつ62単位以上の単位を修得した者。学士の学位を有する者。
※詳しくはホームページをご確認ください。
■出願方法
インターネット+書類郵送 
■出願期間
秋入学
インターネット出願  平成29年6月2日(金)~8月11日(金)
出願書類郵送        平成29年6月3日(土)~8月14日(月)
※インターネット出願は各出願期間初日の10:00から最終日の17:00までの受付です
■選考方法
書類選考

通信教育は自分で動く

在学期間を最短にするために

 原則として入学関係書類が大学に到着後、に合否が決まり、「入学許可通知」、「学生証」、「テキスト等」が送付されます。

 では、なぜ急ぐのか。詳しくは別のページで紹介していますが、通信大学の場合は単位取得までに時間がかかります。レポートはいつでも提出できますが、科目終了試験を受けるためには、受験資格を満たす必要があります。他にも、教育実習や教育実践演習、介護等体験など自分の努力だけではペースを上げることができないものが必ずあります。

 試験も毎月あるわけではありませんので、とにかく早く手続をして、早くレポートを出して、試験を一回でも多く受ける権利を得る。これが1年間で必要な単位を取る秘訣です。

簡単・便利!

無料で資料・願書請求

大学の募集要項は必見!

 大学の募集要項を見ると、もっと詳しい情報を得ることができます。今は無料で資料請求ができる時代ですので、ぜひ利用してみてください。

 このサイトでは、無料で願書・資料請求ができる教員免許取得可能な通信制大学一覧のページも用意しています。

 小学校を初め、各校種の教員免許が通信教育で取得できます。このサイトで主に紹介している大学は「明星大学」ですが、他にも教員免許取得可能な通信制大学が多数設置されてい