ここには、皆様からいただいた情報を掲載しています。新しい情報も随時お待ちしておりますので、ぜひご協力をお願いします。なお、保育士試験に合格するためには、短大卒以上の学歴+筆記試験合格という流れが多いです。しかし、幼稚園教諭普通免許があれば、指定する単位をもって保育士試験の筆記試験が一部免除されます。既に単位をいっぱい持っている人は有効に活用してください。逆に言えば、これから単位を揃えるというのであれば、大学の単位を取らなくても筆記試験で取ればいいということです。頑張ってください。

幼稚園教諭免許・保育士

 ここでは、幼稚園教諭第1種免許状、幼稚園教諭第2種免許状、保育士に必要な単位についての情報を交換しています。大学の科目概要で示される科目の到達目標が講義のポイントを最大限要約したものですので、それをレポートや科目終了試験対策の柱にして学習を進めると良いと思います。

▶スポンサードリンク

この科目について

 児童福祉法とそれに関連する施策が体系化されていると言われているなかで、虐待や貧困、非行などの養護問題を中心に、子どもとその家庭を取り巻く状況は深刻さの度合いを増し、それに伴って子ども家庭福祉制度のさらなる整備と、それに関わるべき専門職種の役割がきわめて重要なものとなっている。 この科目は、子どもにとって何よりも大切な環境である家庭の現状を踏まえて、子どもとそれを取り巻く家庭に対する福祉的な支援策がどのように制度化されているか、そして今後さらにどのように整備されるべきかを学習する。

(大学講義要綱より)

学習の進め方

 科目の到達目標には、レポートや試験のヒントが隠されています。講義の目標を達成していることが分かるようにレポートや試験で記述します。これで、大きくポイントがずれるということは避けられますね。

 ▶ 合格するレポートの書き方基礎・基本

科目の到達目標

1.子ども家庭福祉とは何か、子ども家庭福祉の目的を理解する。
2.子どもと家庭を取り巻く問題について具体的事例を通して学ぶ。
3.子ども福祉の理念を踏まえ、子どもの権利について理解する。
4.子ども家庭福祉制度の発展過程について理解する。
5.子ども家庭福祉施策の現状を学び、その課題について考察する。
6.受講生が子ども家庭福祉に関わる支援策や法制度を自らの頭で考察し、説明することができる。
7.受講生が学んだ知識を踏まえ、子ども家庭福祉に立ち向かう意欲と実践的姿勢を持てるようになる。

科目の学習の要点

1.子どもと家庭を取り巻く問題
2.子ども福祉の理念と子どもの権利
3.子ども家庭福祉制度の発展過程
4.子ども家庭福祉の法体系と実施機関
5.社会的養護の問題(子ども虐待、貧困、非行)
6.障害のある子どもの福祉
7.ひとり親家庭への福祉
8.子ども家庭福祉の専門職種と関係機関との連携

レポートの評価

 課題について、どれだけ自分自身の課題として捉え、問題意識をもって論述しているかどうかをもとに評価します。

参考文献

杉山春『ルポ虐待-大阪二児置き去り死事件』 ちくま新書 2013 年
保育学校現場での虐待対応研究会編著『保育者・教師に役立つ子ども虐待対応実践ガイド』 東洋館出版社 2013 年

▶スポンサードリンク

より専門性の高い先生を目指す!

保育の初心者からキャリアまで広く対応! わかりやすい専門誌です。

 指導計画(カリキュラム)を毎月掲載。各年齢と異年齢保育、特別支援保育それぞれの編集会議を経て、文部科学省・厚生労働省・内閣府の情報や法令に準拠した編集を貫く正統派です。また、保育現場のライブ感たっぷりな遊びや環境などの記事や、お悩み相談、最新情報などの記事も盛りだくさんです。※年に3回、ボリュームたっぷりの合本附録がついて定価2030円(税込)になる月があります。

あなたの保育を応援します。みんなの笑顔がつながるよくばり保育マガジン。

『保育のひろば』は,実技を中心に構成した月刊保育総合誌です。壁面飾り・手作りカード・毎月の製作の他,乳児のおもちゃ・シアターなどをカラーページで掲載しています。また,音楽リズムあそび・運動あそび・絵本の読み聞かせ・手話ソング・イラスト・書き出し文例など,日常保育にすぐ役立つ充実した内容です。

保育と現場ですぐ役立つ幼児教育誌

0歳児から5歳児までのすべての子供にかかわる保育者を対象とした総合保育誌です。発行部数が少ないためか、定期購読などで継続的に購入しないとすぐに売り切れています。

スクーリング情報

  以下は、皆様からの情報提供によるコンテンツです。ご協力をお願いします。

お寄せいただいた情報

まだ情報がありません。新たな書き込みをお待ちしています。

・講義の様子
 特別な持ち物や服装などがあれば教えてください。

・参加して感じた事
 講義の様子やテストのことなど差支えのない範囲で教えてください。先生や仲間の批判はご遠慮ください。

・当サイトのスクーリングのポイントはこちら
 ▶ スクーリングを効率的に!学習のことから宿泊予約まで

レポート情報

 レポートは本文をそのまま掲載していただいて構いませんが、他のサイトや文献をコピペしたものについてはご遠慮ください。できれば、本文というよりはポイントを後輩に説明するように「こんな感じで書いたよ」と書いていただけるとありがたいです。

お寄せいただいた情報

レポート課題例

1単位目

 児童福祉法第2条に規定されている児童育成の責任主体について、保護者、国、地方公共団体(都道府県及び市区町村)の3者はどのような関係にあり、その役割分担はどうあるべきなのか考察しなさい。

 テキストの49頁に掲載されている児童福祉法の第1条から第3条の条文の意味を理解することが必要です。その上で、「保護者とともに……責任を負う」とはどのような意味なのかを考えましょう。この問題がある程度まで理解できれば、関連する次の課題に取り組むことができます。

2単位目

 児童福祉法第25条を読み、要保護児童とはどのような子どもなのかを説明した上で、広く国民に課せられている要保護児童発見者の通告義務の意義について考察しなさい。

 テキストを熟読し、あなたが隣近所で、虐待されていると思われる児童を発見した場合を例に挙げて考えてみましょう。また、通告先についても具体的に考察していきます。

まだ情報がありません。新たな書き込みをお待ちしています。

・不合格となったレポートのコメント
 何がダメなのかということがわかれば、今後レポートを書く方々にとって大変参考になると思います。

・工夫したところ
 悩みの多いレポート、どうやって合格したのか。

・レポートそのものの書き方
 はじめ、中、終わりをどのような柱で書いたのか簡単に。なお、投稿される際は、何の課題について書いたかがわかるように、課題を1行ほど書いていただけると助かります。