スクーリングは長期になるほどお金がかかります。収入があればいいのですが、基本的にスクーリング期間中は仕事やアルバイトをするわけではないのでお金は出ていく一方です。

 ところが、同じ宿に泊まって同じようにスクーリングに通っているにも関わらず、出費が少なくなる人がいます。ここでは知って得する旅費節約方法をできるだけ分かりやすくなるようにまとめました。記事の後半には、初めての方でも迷わないように図入りで説明を書きました。必要な時に読み返していただけると幸いです。なお、この考え方は、他の旅行などにも応用できますので、ぜひ参考にしてみてください。

現金払いをやめる!

 まず、一番分かりやすい節約方法はカード払いをすることです。カード払いをすれば当然カードのポイントがつきます。「一括」で支払えば利息などで支出が増えることはありません。私はかつて、現金至上主義だったのでホテルに行ってその場で現金払いをしていました。ひどいときには、振込み手数料をかけてまで振り込んでいたこともありました。もったいないですね。何がしたかったのでしょう。でも、当時はそれが「安心」だったのですね。10年以上前の私は、「10万円現金で払ってきてやったぜ!ワイルドだろ~!」という感じでした。残念スギます。今の時代はスマホでチョイですね。

高額な支払いこそ、カード払いが鉄則!

予約は自分でとる!

 「あったりまえだ!誰が取るのよ?」って思われるかもしれませんが、大学のスクーリングのしおりには代理店が紹介されています。一見便利ですが、宿探しや予約の代理をしてもらうのですからお金がかかりますよね。選択肢も限られますし、お得とは言えません。私も1年目はこの「代理店」というものを通したのですが、中間手数料が入っているためか安いわけがありませんし、特別メリットも感じませんでした。むしろ選択肢が限定されるし、混んでいるのか空いているのかの予約状況がわかりませんでした。電話やFAXでのやりとりを指定されるので通信費もかかりましたし、お金もカード払いではなく現金の銀行振込で手数料も自己負担。カード払いができないので、大金を使ってるのにポイントも貯まらないなど、デメリットの方が印象にのこっています。インターネットが使える部屋にしてくださいと後から伝えたのですが、その部屋の変更なども面倒でした。ネット予約ならクリクリッってやっていくだけでその場で解決できるし、もっと安いプランがあれば変更もできますよね。しかも、ネットで使うサービスによってはそこでもポイントが貯まります。

パソコン・スマホで自分でやる

格安の概念を捨てる

 カプセルホテルを使ったら?とか、LCCを使えば安い!って思いますよね。確かに安そうですが、安いなりの苦労もありますし、LCCならではの条件がありますよね。実は世の中には、ANAやJALなどを利用するにも関わらず、LCC利用とあまり変わらない金額にする方法があります。

「あ、超割や早割?でも、チケット取りにくいよね。」

 いいえ、それも違います。スクーリングの時期って夏休みや冬休みなので結構高いんですよね。マイレージでもハイシーズンなのでそこで使うのももったいないです。株主優待券でも金券ショップでもありません。

 旅行期間が長期のプランでも、ある方法を使えば相当安くしかも確実に済ますことができます。詳しくは、次のトピックで説明しますね。

早割や格安航空券(LCC)に惑わされない!

パック旅行を利用する

 なんだ、そんなことかと思われるかもしれません。でも、ここでは長期旅行であるにも関わらずパック旅行を利用できる方法について説明していきます。

そもそもパック旅行って何?

 パック旅行はツアーと間違えられやすいのですが、パック旅行は航空券とホテルがセットになっているという意味です。添乗員やガイドがついて、みんなで一緒に旅行するがツアー旅行とは違います。つまり、航空券・宿泊施設を個人で普通に予約した時と何も変わりません。

どれくらいお得?

 どれくらいお得なのかというと、航空券と宿泊費が通常の半額近くになることがあるくらいお得です。短期であればホテル代が、長期であれば航空券代がかかっていないのでは無いかと思うくらい安くなります。

とにかく航空券がお得!

 私が一番驚くのが、飛行機の乗り継ぎ(経由便利用)をしても旅費が変わらないことです。個別に航空券を予約すれば「乗り継げば2区間分」のお金がかかります。なんと、乗り継いでも直行便と変わらない値段でいけるのです。地方都市で羽田への直行便が無い時なんかはものすごく安くなりますよ。

ライバルより先に予約できる

 通常、航空券の販売は搭乗日の2か月前からですが、パック旅行の場合それよりも前の航空券まで予約できます。予定が決まった段階で早めにプランが立てられるのも嬉しいです。

パック旅行を使えば、値段が安い上に選択肢がものすごく広がる!

ポイント還元率の高い楽天

 ここまで読まれた方であれば、通常の航空券を予約して代理店で現金振り込みという人はいないですよね。10年前の私です。本当にもったいない・・・。

 さて、自分にとって一番還元率の高いところはどこか。

 私は何だかんだ言って楽天が一番だと思います。いや、誰も何も言っていないか。初めからポイントを2倍~10倍としてくれているお店やホテルもあるし、それに加えてポイントアップキャンペーンも多くやっています。

キャンペーンをうまく利用する!

通販でも楽天を使うなら

 最近は楽天イーグルスも結構勝ちますね。何か大きなものを買う時も楽天にしてしまうとどんどんポイントが貯まっていきます。私は北海道に住んでいる熱心な日本ハムファンですが、日ハムが楽天に負けたときはポイント2倍の恩恵を受けるようにしています(笑)ヴィッセル神戸まで勝っていると3倍ですよ。

 例えば、ポイント10倍のパソコンを、▶楽天カード を使って支払いをする。しかも楽天が勝った日に購入したとしたならば期間限定ポイントまで付きます。あ、10倍の2倍は20倍ではなく、10倍+2倍で12倍というように考えていきますのでご注意ください。それでも今の時代、こんなにポイントが付くのはなかなか無いですよね。いろいろなところのカードを持つより、しばらくは1か所に絞った方が無駄にならないこともあります。

スクーリングも安心!長期日程の予約が可能になるテクニック!

これは便利!「一部宿泊」を利用する!

 「パック旅行」が便利!「楽天」が便利!ということがわかったところで、いざ予約をしようとするとほとんどの場合うまくいきません。それは、宿泊が長期に及ぶ場合、連続して宿泊できるホテルが無いと予約可能なプランが表示されないからです。

 以前、楽パックを使いたいのに何をしてもプランが表示されない。という相談を受けたことがあります。理由は、やはり、スクーリング期間を通して同じホテルで部屋を取ろうとしているためで、13日間連続で空きがあるホテルが1件も無かっためにい、プランが何も表示されなかったということでした。なかなかそんなに空いているものでもありません。でも、大丈夫です。ちゃんとやり方があってこれから説明しますから。諦めるのはまだ早いですよ。

初めての方も安心

スモールステップで説明します!

 ここからは、外部サイトへのリンクもあります。別ウインドウで開くようにしていますので、画面を並べたりスマホで見てパソコンで操作するなどすると便利です。なお、スマホ等を使う場合はこのQRコードを読むと、簡単にこのページにアクセスすることができます。

STEP1 予約の準備をする

 予約をするだけであればこのステップは飛ばしていただいてかまいませんが、数千円から数万円のポイントを無駄にしたくない方は、しっかりご確認ください。

 楽天カードを作ると、その時点でポイントがもらえます。今なら5,000円相当もらえますので、旅費の足しになりますよね。

STEP2 楽天トラベルにアクセス

 まずは楽天トラベルのサイトにアクセスします。

  楽パックでは13泊14日まで扱っていますので、東京に2週間滞在できるプランまで可能です。それより長い場合は、別に紹介する方法がお得となります。では、最大14日間の旅行プランを作っていきます。なお、本日は8月2日。明後日8月4日からのプランを作ってみます。普通はこんなギリギリな計画にはならないですよね。航空券も高いし、ホテルの空きもあまりありません。緊急事態ですね。さて、上手くいくでしょうか。

STEP3 基本となる日程入力する

 まずは、行きと帰りの航空券を予約します。ANAもJALも選べますよ!しかもマイレージも貯めることができます。

① ANAかJALかを選びます。

②行きと帰りの飛行機に乗る日を決めます。
 ついでに旅行をしようと、そのまま新幹線で名古屋に移動して、名古屋から帰るということも可能です。

③一部の日程だけにチェック!(重要)
 日程が迫っている場合は、平日のどこかにしておいた方がとりあえずのプランが出やすいです。

④宿泊地「東京」人数「1人」で検索!
 1人で行く方が多いと思います。条件が違う場合はここも変更してください。

STEP4 宿泊地域をしぼる

 宿泊したい地域を選びます。このページをご覧になられている方は、おそらく真ん中の、「立川・八王子・町田・府中・吉祥寺」を選択すると思います。

STEP5 飛行機を選びます。

 このデモンストレーションが新千歳から羽田の路線なので直行便しかありませんが、乗り継ぎが必要な経路の場合でもかなりの選択肢があるはずです。参考までに、大学から羽田空港までの所要時間ですが、何事もなければですがだいたい1時間半。まぁ、2時間みれば大丈夫というところです。そのため、最終の6講目まで大学にいるのであれば終了が8時頃ですので22時過ぎの便を予約することになります。無い場合は翌日帰りましょう。

 ¥マークは値段が高くなる便です。意外にも空席がたくさんありました。

STEP6 仮でホテルを選びます。

 パッと見て6万円。繁忙期で直前の予約なので高めです。安い時期なら3万円前後のものもあります。

 あとでじっくり変更できるので、とりあえずどこでもよいので「仮」でプランを選択します。でも、希望のところがあればそこを選んでおく方が、手間は省けます。私は立川アーバンホテルアネックス<別館>か、シティホテル高幡が好きです。

STEP7 旅程表の中に宿泊施設を追加

 親戚の家、友達や彼氏・彼女の家に泊まるならこれでOK。もしくは、路上生活をするのでもこのままで手続きを進めます。まあ、多くの人はホテルを予約しますよね。

 ここで裏技です。楽パックで予約するホテルは1泊だけにしておいて、予約していない日のホテルは、改めて楽天トラベルでホテルのみ予約します。そうすると、次のようなメリットがあります。

① キャンセル料のリスクが減る。
 楽パックの場合、トータル金額に対するキャンセル料が発生するうえに、飛行機搭乗時刻が起点になっています。しかも20日前からキャンセル料が発生します。15万円の旅行なら、出発時刻を過ぎた時点で15万円のキャンセル料になります。一方、ホテルを別に予約した場合は、ホテル分のキャンセル料はホテルごとに決められたキャンセルポリシーが適用されます。ホテルによっては当日の午後6時までのキャンセルは無料というところもあります。

② ポイントが多くつくことも
 ホテルの中には、ポイント10倍のプランを用意しているところもあります。1泊7,000円ほどのマイステイズ立川に10日泊まったら、7,000円のポイントがつきます。1泊分ポイントで回収できますね。

 ただ、そこまでこだわらない。面倒だという方は、「前日と同じ施設で連泊」「翌日と同じ施設で連泊」という便利なボタンがあります。早い時期なら全て同じホテルということも可能です。今回はとりあえず、楽パックで全日程をつくってみました。

STEP8 次に進む

 今回は、8月になってから2日後出発のプランを作成しました。繁忙期なうえに直前の予約ですから、一年間の中でもかなり高めのプランになったと思います。

 「次に進む」をクリックします。

STEP9 キャンセル料を確認する。

 いつまではキャンセル料がかからないのか、いくらかかるのかなどを確認します。

 結構な金額ですね。キャンセルしないならいいのですが・・・。これが気になる人は、ひと手間かかりますが、先ほど紹介した方法でホテルを別に予約したほうが安心かもしれませんね。

STEP10 予約を確定する

 すでに直前の予約なので予約を確定してしまったらキャンセル料が発生してしまいます。

 早い時期ならコンビニ決済等も可能です。今回は直前なのでカード払いしかできませんでした。

予約で貯まるポイントは?

 今回の予約で貯まるポイントは1,590円です。1食分くらい贅沢できますね。代理店を通せば手数料として払うところですから、その差額は大きいです。

 ちなみに、楽パックはトータル金額に対して1%のポイントですので、ポイント稼ぎをしたい人は、もともとポイントが高いホテルを探すのもありです。でも、遠くなって交通費がかかるとなれば本末転倒ですね。

 早い時期ならコンビニ決済等も可能です。今回は直前なのでカード払いしかできませんでした。

 もし早い時期の予約であれば、大体のプランが固まったところで予約しましょう。変更は後から可能です。11月に同じような日程で予約したらどうかとやってみたところ、今度は札幌発で東京14日間の旅。総額でなんと123,300円でできました。ホテルは全てシティホテル高幡です。

ここで貯まるポイント等

・楽天のポイント
・カード払いのポイント
・ANAやJALのマイレージ番号を入力すればさらに50%のマイルもたまります。

こちらもチェックしておこう!

 なお、私の紹介した例は、「お得」であることには違いありませんが、最安値を保障するものではありません。以下の情報も参考にしてみてください。

リンク準備中