科目終了試験過去問情報

 幼稚園教諭普通免許に加え、これらの単位を必要数満たすと、保育士試験の筆記試験を一部免除してもらえます。逆に言えば筆記試験で合格するならば時間と労力とお金をかけて取得しなくても目標は達成できるという科目です。状況に合わせて履修を考えます。

この科目について (大学講義要項参考)

 わが国の社会は少子高齢化が進み、子どもを取り巻く環境も著しく変化しています。子どもが心身共に健全に発育するためには、小児保健の歴史的変遷を学び、子どもを取り巻く社会環境の問題点を明らかにすることが重要です。また、子ども一人一人が健康に成長し順調な発達を遂げるために必要な保健活動の意義を理解し、子どもの身体発育および生理的・運動的・精神的機能の発達について学習する必要があります。さらに、集団における保育活動において、子どもの健康を保持・増進するために必要な子どもの保健の基礎的知識を習得していきます。

科目の到達目標

これが達成できているかどうかが試験で評価されることになると思います。

1. 小児保健の意義を理解し、子どもの健康を阻害する社会的環境について考えられる。
2. 子どもの身体発育や生理機能及び運動機能並びに精神機能の発達と保健について理解している。
3. 子どもの各期の発育、発達に応じた健康増進の意義を理解し、保育活動における健康増進の方法について考えられる。
4. 子どもの精神保健とその課題について理解している。

科目終了試験評価のポイント

1. 問題文の意図を理解し、要点が適切に論述されているか。
2. 用語の使い方が適切か。

科目終了試験過去問題&関連情報

 皆様からの情報が掲載されています。新しい情報も随時お待ちしておりますので、ぜひご協力をお願いします。大学の部報「めいせい」と、みんなで出し合った情報を使って万全の準備で、科目終了試験を乗り切りましょう!

 書き込みをされる際は、可能な場合は試験年度や月、会場などの情報を入れてください。例 2016.2 札幌 など。