科目終了試験の過去問から傾向をつかみ、対策をたてましょう。ここには、皆様からいただいた情報が多数掲載されています。新しい情報も随時お待ちしておりますので、ぜひご協力をお願いします。万全の準備で、科目終了試験を乗り切りましょう!

幼稚園教諭免許・保育士

 ここでは、幼稚園教諭第1種免許状、幼稚園教諭第2種免許状、保育士に必要な単位についての情報を交換しています。大学の科目概要で示される科目の到達目標が講義のポイントを最大限要約したものですので、それをレポートや科目終了試験対策の柱にして学習を進めると良いと思います。

 なお、保育士試験に合格するためには、短大卒以上の学歴+筆記試験合格という流れが多いです。しかし、幼稚園教諭普通免許があれば、指定する単位をもって保育士試験の筆記試験が一部免除されますのでこの講義を紹介しています。既に単位をいっぱい持っていて、あと少しという人は有効に活用してください。逆に言えば、これからたくさん単位を揃えるというのであれば、大学の単位を取らなくても筆記試験で取ればいいということです。頑張ってください。

▶スポンサードリンク

この科目について

 児童福祉法とそれに関連する施策が体系化されていると言われているなかで、虐待や貧困、非行などの養護問題を中心に、子どもとその家庭を取り巻く状況は深刻さの度合いを増し、それに伴って子ども家庭福祉制度のさらなる整備と、それに関わるべき専門職種の役割がきわめて重要なものとなっている。 この科目は、子どもにとって何よりも大切な環境である家庭の現状を踏まえて、子どもとそれを取り巻く家庭に対する福祉的な支援策がどのように制度化されているか、そして今後さらにどのように整備されるべきかを学習する。

(大学講義要綱より)

学習の進め方

 科目の到達目標には、レポートや試験のヒントが隠されています。講義の目標を達成していることが分かるようにレポートや試験で記述します。これで、大きくポイントがずれるということは避けられますね。

 ▶ 科目終了試験に向けての学習方法

科目の到達目標

1.子ども家庭福祉とは何か、子ども家庭福祉の目的を理解する。
2.子どもと家庭を取り巻く問題について具体的事例を通して学ぶ。
3.子ども福祉の理念を踏まえ、子どもの権利について理解する。
4.子ども家庭福祉制度の発展過程について理解する。
5.子ども家庭福祉施策の現状を学び、その課題について考察する。
6.受講生が子ども家庭福祉に関わる支援策や法制度を自らの頭で考察し、説明することができる。
7.受講生が学んだ知識を踏まえ、子ども家庭福祉に立ち向かう意欲と実践的姿勢を持てるようになる。

科目の学習の要点

1.子どもと家庭を取り巻く問題
2.子ども福祉の理念と子どもの権利
3.子ども家庭福祉制度の発展過程
4.子ども家庭福祉の法体系と実施機関
5.社会的養護の問題(子ども虐待、貧困、非行)
6.障害のある子どもの福祉
7.ひとり親家庭への福祉
8.子ども家庭福祉の専門職種と関係機関との連携

科目終了試験の評価

 出題の主旨を理解し、基本的な知識として、身に付いたものになっているかどうかをもとに評価します。

▶スポンサードリンク

より専門性の高い先生を目指す!

保育の初心者からキャリアまで広く対応! わかりやすい専門誌です。

 指導計画(カリキュラム)を毎月掲載。各年齢と異年齢保育、特別支援保育それぞれの編集会議を経て、文部科学省・厚生労働省・内閣府の情報や法令に準拠した編集を貫く正統派です。また、保育現場のライブ感たっぷりな遊びや環境などの記事や、お悩み相談、最新情報などの記事も盛りだくさんです。※年に3回、ボリュームたっぷりの合本附録がついて定価2030円(税込)になる月があります。

あなたの保育を応援します。みんなの笑顔がつながるよくばり保育マガジン。

『保育のひろば』は,実技を中心に構成した月刊保育総合誌です。壁面飾り・手作りカード・毎月の製作の他,乳児のおもちゃ・シアターなどをカラーページで掲載しています。また,音楽リズムあそび・運動あそび・絵本の読み聞かせ・手話ソング・イラスト・書き出し文例など,日常保育にすぐ役立つ充実した内容です。

保育と現場ですぐ役立つ幼児教育誌

0歳児から5歳児までのすべての子供にかかわる保育者を対象とした総合保育誌です。発行部数が少ないためか、定期購読などで継続的に購入しないとすぐに売り切れています。

科目終了試験過去問題

  ページ下部のコメント欄に書き込みができますので、新しい情報をお待ちしています。ぜひお一人1問!すると、1か月で数千件になります。

過去の出題例

 新しい情報をお待ちしています。

 新しい情報を書き込みをされる際は、できるだけ試験年度や月、会場などの情報を入れてください。
例 2017.2 札幌 など。
 問題は、閲覧しやすいように管理人が記事に再構成して掲載しています。そのため、再構成前の情報がコメント欄にある場合もあります。