科目終了試験過去問情報

 科目終了試験は、その単位を認定するに値するだけの力が身についているかどうかが評価されるものです。当然といえばそれまでですが、テキストを踏まえた学習をしているか、レポート課題についての考察が身についているか、問題に対して適切に解答されているかなどがポイントになります。過去問の情報を集めることはもちろんですが、レポートの内容についても、自分の言葉で簡潔に説明できるようにしておけば攻略できると思います。

 明星大学の通信教育も他の大学同様、レポート提出後に科目終了試験を受験します。大学によっては科目認定試験とか終了試験という場合もあります。ここでは、試験の流れとその対策についてま

この科目について (大学講義要項参考)

 この科目では、植民地時代から現代に至るまでのアメリカ文学史の流れを、歴史、社会、文化的な背景を踏まえながら概観します。同時に、それぞれの時期に関して、代表的作家の作品の一部を実際に読み、個々の作家、作品に対する理解や文学史上の位置づけを把握し、英語圏文化における教養としてのアメリカ文学史の知識の習得を目指します。 

科目の到達目標

  1. アメリカ文学史の大きな流れを把握し、重要概念や作家、作品に関する基礎知識を得る。
  2. 作品成立の背景となった時代思潮や歴史等を理解し、アメリカ文学や社会の多面性を学ぶ。
  3. 代表的な作品の抜粋を読み、文学的な英語表現に慣れると共に、文学由来の名言や名場面を知る。
  4. 現在のアメリカ社会に通じる様々な政治、社会問題と文学との関係を理解する。

科目の学習の要点

※( )内の用語はキーワードです。

  1. 植民地時代の文学:17・18 世紀(アメリカの夢、ピューリタニズム、セイレムの魔女狩り)
  2. アメリカ文学の独立期:19 世紀初期(独立宣言と合衆国憲法、明白な天命、フロンティア)
  3. アメリカ文学の開花:19 世紀中期(南北戦争、アメリカ・ルネッサンス、超絶主義、ロマン主義)
  4. リアリズムと自然主義の文学:19 世紀後期-20 世紀初頭(金ぴか時代、マックレイカー、地方色の文学、シカゴ・ルネッサンス)
  5. アメリカ文学の成熟:1920年代-30年代(ジャズ・エイジ、大恐慌、失われた世代、イマジズム、モダニズム、ハーレム・ルネッサンス、南部ルネッサンス)
  6. 第二次世界大戦後の文学:1940 年代-50 年代(戦争小説、マッカーシズム、公民権運動、黒人文学、ビート・ジェネレーション、ユダヤ系の文学)
  7. アメリカ文学の現在:1960 年代-現在(ヴェトナム戦争、カウンター・カルチャー、エスニックの文学、ポスト・モダニズム、ミニマリズム)(※アメリカ文学の伝統:ゴシックロマンスとノヴェル、ほら話、ピカレスク小説の伝統)

レポート評価

1 単位目:事実関係や概念が、テキストの記述に沿う形でしっかりと把握されていることが最低限必要です。作品(抜粋)への言及とキーワードとの関連性も評価基準に含まれます。

 2 単位目:テキストの関連箇所を読んで理解したことが、整理された形で、自分の言葉で表現されているかどうかを評価します。

※テキストや参考文献(インターネット上の資料も含む)の文章を写しているレポートは評価しません。テキスト以外の資料(インターネット上の資料も含む)を参照した場合、出典を明記してください。資料からの引用については「 」で箇所も明らかにしておくこと。

※作品名や作家名は原綴り(英語)で記載すること。

 ということですので、これらの点に十分気を付けてレポートを作成するとよいと思います。

科目終了試験評価のポイント

 レポート課題を通して学んだ内容を中心に、各時代の時代風潮や歴史的背景、代表作家の生涯や作品などが把握できているかどうかで評価されます。テキストをよく読み、時代ごとに内容をまとめておくことに加えて、作家や作品に関しても、レポート課題で取り組んだ項目以外のものも、「科目の学習要点事項」欄にあるキーワードとの関連性を踏まえて、要点をまとめておくといいようです。作品名や作家名は原綴り(英語)で記載することになっていますので、しっかり準備しておきましょう。

科目終了試験過去問題&関連情報

 皆様からの情報が掲載されています。新しい情報も随時お待ちしておりますので、ぜひご協力をお願いします。大学の部報「めいせい」と、みんなで出し合った情報を使って万全の準備で、科目終了試験を乗り切りましょう!

 書き込みをされる際は、可能な場合は試験年度や月、会場などの情報を入れてください。例 2016.2 札幌 など。