科目終了試験の過去問から傾向をつかみ、対策をたてましょう。ここには、皆様からいただいた情報が多数掲載されています。新しい情報も随時お待ちしておりますので、ぜひご協力をお願いします。万全の準備で、科目終了試験を乗り切りましょう!

美術科教諭免許関連科目

 ここでは、中学校美術科教諭免許・高等学校美術科教諭免許の各第1種免許状、2種免許状、専修免許状(修士の学位が必要)に必要な単位のうち、レポートがある科目についての情報を交換しています。

 なお、ここに書いてある内容は、明星大学通信教育部のホームページを参考に作成しています。大学の科目概要で示される科目の到達目標が講義のポイントを最大限要約したものですので、それをレポートの内容の柱にして学習を進めると良いと思います。なお、スクーリングのみの科目など、ここでは交換していない情報もありますのでご注意ください。

▶スポンサードリンク

この科目について

(大学講義要綱より)

学習の進め方

 科目の到達目標には、レポートや試験のヒントが隠されています。講義の目標を達成していることが分かるようにレポートや試験で記述します。これで、大きくポイントがずれるということは避けられますね。

 ▶ 科目終了試験に向けての学習方法

より専門性の高い先生を目指す!

学校教育全般の造形・美術教育に携わるあらゆる人々に向けた独自の幅広い情報を発信

「教育美術」は造形・美術教育の理念を広め、子どもたちが豊かな情操と創造力を育むことができるよう、また指導者が実践をより深めることを目指しています。幼稚園・保育園から小・中学校の授業における取り組みの内容や指導者独自の工夫などを実践記事として紹介する連載コーナーがあります。

科目の到達目標

 中学校、および高等学校の学習指導要領に示された美術科の目標と内容について理解する。ここでは特に、鑑賞学習の目的や内容、方法について、授業実践の事例を主体的に調査・研究することを通して、考察する。また美術科教育の評価の考え方や評価方法を学び、美術の学習を通したよりよい人間教育につながる指導について学ぶ。SRによる受講では、授業実践の調査・研究に 10 時間以上を充てるのが望ましい。

科目の学習の要点

1、中学校、および高等学校の学習指導要領に示された、美術科(芸術科)の目標を理解した上で、「鑑賞」の学習の目的と内容を理解し、指導法を考察・考案出来るようになる。
2、「鑑賞」の具体的な題材について教材研究をし、学習指導案の作成等を通して、授業の具体的なイメージを持つことができるようになる。
3、美術科教育の評価の考え方と評価方法を学び、「評価と指導の一体化」、および「美術を通した教育」の視点を持つことができるようになる。

科目終了試験の評価

・ 科目終了試験は「科目の学習要点事項」に沿って広範囲に設定されます。そのため、「科目の学習要点事項」に示した内容について、事実や定説を整理し、各著者の考えを参考に自分の意見も持つことが望ましいです。また、テキストは、設問に対する各著者の解答という形で構成されているので、論の展開の形式は科目修了試験の解答の参考になります。

・ 評価は、出題の趣旨に即した要点事項について、的確な用語が適正に用いられて論述できているかの程度によってなされます。

▶スポンサードリンク

科目終了試験過去問題

  ページ下部のコメント欄に書き込みができますので、新しい情報をお待ちしています。ぜひお一人1問!すると、1か月で数千件になります。

過去の出題例

 新しい情報をお待ちしています。

 新しい情報を書き込みをされる際は、できるだけ試験年度や月、会場などの情報を入れてください。
例 2020.2 札幌 など。
 問題は、閲覧しやすいように管理人が記事に再構成して掲載しています。そのため、再構成前の情報がコメント欄にある場合もあります。