科目終了試験の過去問から傾向をつかみ、対策をたてましょう。ここには、皆様からいただいた情報が多数掲載されています。新しい情報も随時お待ちしておりますので、ぜひご協力をお願いします。万全の準備で、科目終了試験を乗り切りましょう!

美術科教諭免許関連科目

 ここでは、中学校美術科教諭免許・高等学校美術科教諭免許の各第1種免許状、2種免許状、専修免許状(修士の学位が必要)に必要な単位のうち、レポートがある科目についての情報を交換しています。

 なお、ここに書いてある内容は、明星大学通信教育部のホームページを参考に作成しています。大学の科目概要で示される科目の到達目標が講義のポイントを最大限要約したものですので、それをレポートの内容の柱にして学習を進めると良いと思います。なお、スクーリングのみの科目など、ここでは交換していない情報もありますのでご注意ください。

▶スポンサードリンク

この科目について

 ここでは主に「造形の原理」について、イメージとしての認識と実態からの観察に関連性が持てるように学習していきます。たとえば、幼児期からの子どもの造形的な発達段階には、世界共通の普遍的な特徴があると定位されていたり、人が自然の事物や人工物の別なく美しさを感じるときには、美的秩序の構成要素を見いだしている、など、人間はなぜに造形という手段に人類普遍の価値観を以って表現活動をするのかを探っていきます。

(大学講義要綱より)

学習の進め方

 科目の到達目標には、レポートや試験のヒントが隠されています。講義の目標を達成していることが分かるようにレポートや試験で記述します。これで、大きくポイントがずれるということは避けられますね。

 ▶ 科目終了試験に向けての学習方法

より専門性の高い先生を目指す!

学校教育全般の造形・美術教育に携わるあらゆる人々に向けた独自の幅広い情報を発信

「教育美術」は造形・美術教育の理念を広め、子どもたちが豊かな情操と創造力を育むことができるよう、また指導者が実践をより深めることを目指しています。幼稚園・保育園から小・中学校の授業における取り組みの内容や指導者独自の工夫などを実践記事として紹介する連載コーナーがあります。

科目の到達目標

1.美術が「視覚による芸術」といわれる要因を、制作者と鑑賞者双方の「身体性と視覚」の相互作用による所産であることが理解できること。
2.本来「自由で自発的な創造性」による造形活動の普遍的な原理を捉えることができること。

科目の学習の要点

1.子どもの造形活動の発達と原理
2.「表出期」「構成期」「再現期」
3.近視的「触覚型」と遠視的「視覚型」
4.触覚的「体性感覚」と視覚的「再現理論」
5.発達段階の意味と芸術性
6.直感像と透視図法

科目終了試験の評価

・科目終了試験は「科目の学習要点事項」に沿って広範囲に設定されるが、個々の設問については、レポート課題の設定範囲に近い印象の場合もあります。過去問や出題傾向を並べてみれば歴然としているが、「科目の学習要点事項」に示されている項目のそれぞれが、個々の設問と捉えて整理しておくことが攻略のカギになります。
・評価のポイントは、出題の主旨に即した要点事項について、的確な用語が適正に用いられて論述できているかの程度によってなされるようです。

▶スポンサードリンク

科目終了試験過去問題

  ページ下部のコメント欄に書き込みができますので、新しい情報をお待ちしています。ぜひお一人1問!すると、1か月で数千件になります。

過去の出題例

 新しい情報をお待ちしています。

 新しい情報を書き込みをされる際は、できるだけ試験年度や月、会場などの情報を入れてください。
例 2020.2 札幌 など。
 問題は、閲覧しやすいように管理人が記事に再構成して掲載しています。そのため、再構成前の情報がコメント欄にある場合もあります。