ここには、皆様からいただいた情報を掲載しています。新しい情報も随時お待ちしておりますので、ぜひご協力をお願いします。万全の準備でレポートを乗り切りましょう!

理科教諭免許関連科目

 ここでは、中学校理科教諭免許・高等学校理科教諭免許の各第1種免許状、2種免許状、専修免許状(修士の学位が必要)に必要な単位のうち、レポートがある科目についての情報を交換しています。

 なお、ここに書いてある内容は、明星大学通信教育部のホームページを参考に作成しています。大学の科目概要で示される科目の到達目標が講義のポイントを最大限要約したものですので、それをレポートの内容の柱にして学習を進めると良いと思います。なお、スクーリングのみの科目など、ここでは交換していない情報もありますのでご注意ください。

▶スポンサードリンク

この科目について

 生物学のカバーする領域は日々多様性を拡大し、内容の深化も著しい。この科目では生物学領域について望まれる知識の枠組みを把握し、必要な知見を自ら修得する力の養成を目指していく。

 しかし、限られた数のレポート課題でこれを達成することは困難であり、科目終了試験も目標達成の手だてになります。そのため、科目終了試験の問題にはレポート課題とは関連しないものが含まれることに留意して、テキストを十分に理解しておくことが必要です。

(大学講義要綱より)

学習の進め方

 科目の到達目標には、レポートのヒントが隠されています。講義の目標を達成していることが分かるようにレポートや試験で記述します。これで、大きくポイントがずれるということは避けられますね。

 ▶ 合格するレポートの書き方基礎・基本

より専門性の高い先生を目指す!

現場と直結した日本理科教育学会編集の雑誌

 毎号、理科教育界の動向をタイムリーにとらえた特集テーマについての理論と実践を、小学校・中学校・高校を通じて展開しています。毎号だいたい825円です。さらに、現場に直結した教材研究や実験・観察、指導法の工夫や基礎教養としての入門科学講座など、豊富な話題を提供する理科の先生の雑誌です。

科目の到達目標

1.テキストを精読して内容の理解に努める。
2.学術用語の意味を理解し、正しく使う。
3.日頃から生物学に関連する疑問点、不明点を意識する。
4.参考資料を調査し、自らの課題を解決する。
5.レポート課題の内容を吟味し、レポートを作成する。

科目の学習の要点

1.生命の起源
2.生命の化学・酵素
3.細胞の構造
4.細胞膜と輸送・細胞分裂
5.生体エネルギー
6.突然変異・分子遺伝・遺伝子
7.染色体・遺伝
8.突然変異
9.生命工学・バイオテクノロジー
10.進化

レポートの評価

 教科書を精読の上で参考書などの情報を加味して課題について論述すること。必ず自らが充分に噛み砕いて理解した内容を、主語と述語の関係や起承転結に留意してまとめること。また、人に読ませることを意識して丁寧な文字を心がけること。

 近年、ネット上の記載を精査することもなく流用してレポートとする例が散見される。こうした行為はマナー違反であるだけではなく、内容に誤りが含まれることも多い。余人の記述と酷似したレポートなどは評価の対象としないので注意すること。

参考文献

『ダイナミックワイド 図説生物 総合版』(東京書籍)
『生物科学入門 三訂版』(裳華房)
『アメリカ版 大学生物学の教科書 第1〜3巻』(講談社)
『キャンベル生物学』(丸善)
『理系総合のための生命科学 第2版』(羊土社)

▶スポンサードリンク

レポート情報

 レポートは本文をそのまま掲載していただいて構いませんが、他のサイトや文献をコピペしたものについてはご遠慮ください。できれば、本文というよりはポイントを後輩に説明するように「こんな感じで書いたよ」と書いていただけるとありがたいです。

お寄せいただいた情報

レポート課題例

現在、新着情報がありません。

まだ情報がありません。新たな書き込みをお待ちしています。

・不合格となったレポートのコメント
 何がダメなのかということがわかれば、今後レポートを書く方々にとって大変参考になると思います。

・工夫したところ
 悩みの多いレポート、どうやって合格したのか。

・レポートそのものの書き方
 はじめ、中、終わりをどのような柱で書いたのか簡単に。なお、投稿される際は、何の課題について書いたかがわかるように、課題を1行ほど書いていただけると助かります。