科目終了試験過去問情報

 科目終了試験は、その単位を認定するに値するだけの力が身についているかどうかが評価されるものです。当然といえばそれまでですが、テキストを踏まえた学習をしているか、レポート課題についての考察が身についているか、問題に対して適切に解答されているかなどがポイントになります。過去問の情報を集めることはもちろんですが、レポートの内容についても、自分の言葉で簡潔に説明できるようにしておけば攻略できると思います。

 明星大学の通信教育も他の大学同様、レポート提出後に科目終了試験を受験します。大学によっては科目認定試験とか終了試験という場合もあります。ここでは、試験の流れとその対策についてま

この科目について (大学講義要項参考)

 幾何学2では平面図形の作図方法を中心に学習する。まずは基本的な図形の作図方法について復習する。 同時にその作図方法の正当性を確認していく。 さらに作図可能性・不可能性について角の三等分問題を通して学習する。

科目の到達目標

 まずは基本的な図形の作図方法についてよく理解すること。 作図のルールをしっかりと把握すること。 またその作図方法によって得られた図形が、性質を満たすことを証明できるようになること。 角の三等分作図可能性・不可能性を理解すること。

科目の学習の要点

 作図を描くときは必ず作図の過程を記述すること(箇条書きでよいので何をしたかを述べる)。 作図の線は残しておくこと。証明を書くときは、初めからまとまった文章にしようとせず、仮定、図形の性質、用いた命題、結論等を箇条書きでよいので書き出すことから始めよう。 課題では教科書の文章をそのまま写すことのないようにして下さい。 

科目終了試験評価のポイント

 要点を適切に記述しているかがチェックされます。 作図は途中過程で何をしたのかを簡潔に述べる(箇条書きでよい)必要があります。また、証明は箇条書きでもよいので仮定、図形の性質、用いた命題、結論等を明確にすることがポイントです。

科目終了試験過去問題&関連情報

 皆様からの情報が掲載されています。新しい情報も随時お待ちしておりますので、ぜひご協力をお願いします。大学の部報「めいせい」と、みんなで出し合った情報を使って万全の準備で、科目終了試験を乗り切りましょう!

 書き込みをされる際は、可能な場合は試験年度や月、会場などの情報を入れてください。例 2016.2 札幌 など。