ここには、皆様からいただいた情報を掲載しています。新しい情報も随時お待ちしておりますので、ぜひご協力をお願いします。万全の準備でレポートを乗り切りましょう!

国語科教諭免許関連科目

 ここでは、中学校国語科教諭免許・高等学校国語科教諭免許の第1種免許状、2種免許状、専修免許状(修士の学位が必要)に必要な単位についての情報を交換しています。この共通科目の他に、各コースの単位を合わせて、申請に必要な単位を揃えていきます。

 なお、ここに書いてある内容は、明星大学通信教育部のホームページを参考に作成しています。大学の科目概要で示される科目の到達目標が講義のポイントを最大限要約したものですので、それをレポートの内容の柱にして学習を進めると良いと思います。

▶スポンサードリンク

この科目について

 日本語の表現法の基礎を実践的に学ぶ科目です。日本語の基礎的知識を踏まえた上で、実用的な文章からレポート・論文等の文章作成の基本事項を修得し、具体的な問題設定と材料の組み立てを意識した課題レポートを作成することが求められます。また、書き言葉と話し言葉の差異を理解し、日常会話の表現技術を確かめるとともに、口頭発表や討論などにおける効果的な表現を修得していきます。併せて、日本語の表現力をさらに高めるべく、辞書の使い方やワープロの利用法等についても学んでいきます。

(大学講義要綱より)

学習の進め方

 科目の到達目標には、レポートのヒントが隠されています。講義の目標を達成していることが分かるようにレポートや試験で記述します。これで、大きくポイントがずれるということは避けられますね。

 ▶ 合格するレポートの書き方基礎・基本

より専門性の高い先生を目指す!

国語の授業が楽しく充実したものになる方法

 21世紀の国語教育は、「生きる力」としての国語の力の育成です。学習者の良さや可能性を生かし、自ら進んで考え、判断し、表現し、行動できる子どもの育成が求められます。国語実践・情報を互いに提供・交流する場として、実践専門誌にも触れてみてはいかがでしょうか。

科目の到達目標

1.日本語表現の特徴を具体的に理解し、説明できるようになること。
2.日本語表現の特徴を活かした効果的な表現で文章を叙述することができるようになること。
3.口頭発表や討論などにおいて適切な話し言葉で表現できるようになること。

科目の学習の要点

1.日本語表現の特質と表記
2.日本語の文章の種類と表現
3.レポート・論文の実践 ― 構想・材料収集・構成・表現
4.話し言葉の表現 ― 話し言葉と書き言葉の違い・口頭発表と討論

レポートの評価

 いずれのレポートも表現の実践であり、それぞれの課題に対して適切な内容と表現で回答しているかを評価する。

参考文献

『国語学大辞典』国語学会編(東京堂出版)
『現代国語表記辞典』武部良明編(三省堂)
『類語大辞典』柴田武・山田進編(講談社)
『日本語案内』中村明(ちくま新書)
『敬語』菊地康人(講談社学術文庫)

▶スポンサードリンク

レポート情報

 レポートは本文をそのまま掲載していただいて構いませんが、他のサイトや文献をコピペしたものについてはご遠慮ください。できれば、本文というよりはポイントを後輩に説明するように「こんな感じで書いたよ」と書いていただけるとありがたいです。

お寄せいただいた情報

山本 さんより:2016年8月5日 9:46 PM

 課題は、①課題文の校正と校正作業により学んだことと、②著作権の保護期間の延長に賛成か反対か、ディベート時の原稿を作成すること、です。

 それに対して工夫したことについて、①はテキストで指摘されていた点に忠実に修正しました。②はそもそも著作権についてよく知らなかったので調べることから始めました。ネット上でも物議を醸しているテーマだったので、賛成派と反対派の意見を調べることは簡単でした。自身の立場を決めたら、主張を補強するための具体例を豊富に書きました。私は反対派で書いたのですが、例えば、著作権を延長した場合、誰がどうして困るのかを書きました。

他の情報はありません。新たな書き込みをお待ちしています。

・不合格となったレポートのコメント
 何がダメなのかということがわかれば、今後レポートを書く方々にとって大変参考になると思います。

・工夫したところ
 悩みの多いレポート、どうやって合格したのか。

・レポートそのものの書き方
 はじめ、中、終わりをどのような柱で書いたのか簡単に。なお、投稿される際は、何の課題について書いたかがわかるように、課題を1行ほど書いていただけると助かります。