科目終了試験の過去問から傾向をつかみ、対策をたてましょう。ここには、皆様からいただいた情報が多数掲載されています。新しい情報も随時お待ちしておりますので、ぜひご協力をお願いします。万全の準備で、科目終了試験を乗り切りましょう!

国語科教諭免許関連科目

 ここでは、中学校国語科教諭免許・高等学校国語科教諭免許の第1種免許状、2種免許状、専修免許状(修士の学位が必要)に必要な単位についての情報を交換しています。この共通科目の他に、各コースの単位を合わせて、申請に必要な単位を揃えていきます。

 なお、ここに書いてある内容は、明星大学通信教育部のホームページを参考に作成しています。大学の科目概要で示される科目の到達目標が講義のポイントを最大限要約したものですので、それをレポートの内容の柱にして学習を進めると良いと思います。

▶スポンサードリンク

この科目について

 書を習うにあたって、技法の習得のみならず中国・日本の歴史をふりかえり、作品が書かれた背景や作者の人物像を探って、心豊かに学んでいく科目です。

(大学講義要綱より)

学習の進め方

 科目の到達目標には、レポートや試験のヒントが隠されています。講義の目標を達成していることが分かるようにレポートや試験で記述します。これで、大きくポイントがずれるということは避けられますね。

 ▶ 科目終了試験に向けての学習方法

より専門性の高い先生を目指す!

国語の授業が楽しく充実したものになる方法

 21世紀の国語教育は、「生きる力」としての国語の力の育成です。学習者の良さや可能性を生かし、自ら進んで考え、判断し、表現し、行動できる子どもの育成が求められます。国語実践・情報を互いに提供・交流する場として、実践専門誌にも触れてみてはいかがでしょうか。

科目の到達目標

1.用具・用材の種類や特徴を理解し、適切に扱うことができるようになること。
2.漢字・仮名の成立を理解し、書体や時代による書風の変化を理解すること。
3.日常的に、手習い(実技)・目習い(鑑賞)に取り組み、書の技法を習得すること。

科目の学習の要点

 日常の継続的な学習が不可欠です。まず、テキスト(理論編)を熟読してください。次にテキスト(古典編)に載っている作品を鑑賞し、順に半紙に4字、または6字で臨書をしてください(テキストを拡大コピーして利用しても結構です)。「学習のポイント」などを踏まえ、繰り返し取り組んで、筆先の動きや線質の違いなどを学んでください。
1.書の用具・用材と執筆法
2.内容の理解と実技・鑑賞(篆書)
3.内容の理解と実技・鑑賞(隷書)
4.内容の理解と実技・鑑賞(草書)
5.内容の理解と実技・鑑賞(行書)
6.内容の理解と実技・鑑賞(王羲之の書)
7.内容の理解と実技・鑑賞(楷書)
8.内容の理解と実技・鑑賞(創作・漢字仮名交じり書(調和体))
9.内容の理解と実技・鑑賞(仮名の書)
10.「書写・書道教育」の実践と工夫

科目終了試験の評価

1.テキストの内容が的確に理解されていること。
2.日頃から手習い・目習いにおける学習成果が反映されていること。

▶スポンサードリンク

科目終了試験過去問題

  ページ下部のコメント欄に書き込みができますので、新しい情報をお待ちしています。ぜひお一人1問!すると、1か月で数千件になります。

過去の出題例

 新しい情報をお待ちしています。

 新しい情報を書き込みをされる際は、できるだけ試験年度や月、会場などの情報を入れてください。
例 2017.2 札幌 など。
 問題は、閲覧しやすいように管理人が記事に再構成して掲載しています。そのため、再構成前の情報がコメント欄にある場合もあります。