ここには、皆様からいただいた情報を掲載しています。新しい情報も随時お待ちしておりますので、ぜひご協力をお願いします。万全の準備で、スクーリングやレポートを乗り切りましょう!

中学校・高校関係共通科目

 ここでは、中学校教諭免許・高等学校教諭免許の第1種免許状、2種免許状、専修免許状(修士の学位が必要)に必要な単位についての情報を交換しています。この共通科目の他に、各コースの単位を合わせて、申請に必要な単位を揃えていきます。

 なお、ここに書いてある内容は、明星大学通信教育部のホームページを参考に作成しています。大学の科目概要で示される科目の到達目標が講義のポイントを最大限要約したものですので、それをレポートや科目終了試験対策の柱にして学習を進めると良いと思います。

▶スポンサードリンク

この科目について

・教育課程って何?

 学校においては、「教育の目標が達成されるよう、教育を受ける者の心身の発達に応じて、体系的な教育が組織的に行われなければならない」とされている(教育基本法第 6 条第 2 項)。このような学校の基本的役割を踏まえ、学校の「教育の目標」を明確にし、その達成を目指して教育活動が「体系的」かつ「組織的」に展開されるよう、教育活動全体の基幹となる計画が必要になる。これが学校の教育課程である。

・教育課程の編成ができる力をつけるための科目

 学校において編成する教育課程について、文部科学省では、「学校教育の目的や目標を達成するために、教育の内容を児童生徒の心身に発達に応じ、授業時数との関連において総合的に組織した学校の教育計画」であると定義している(文部科学省『中学校学習指導要領解説 総則編』平成20 年9 月)。教育課程は、各学校において、地域や学校、児童生徒の実態等を踏まえ、校長が責任者となり教職員が知恵を出し合って編成するものである。一方、教育は公の性質を有しており、全国的に一定の教育水準を確保し教育を受ける機会を国民に保障する必要性から、教育課程の基準として学習指導要領が定められている。各学校では、関係法令や学習指導要領を踏まえつつ、創意工夫を生かして特色ある教育活動を展開することが期待されている。学習指導要領に代表される教育課程の在りようは、それぞれの時代の要請等を踏まえて改善が重ねられ、今日に至っている。そして、更に実践や研究の成果を生かして、社会の変化に適切に対応し、教育の課題を解決できるよう、よりよい教育課程の在り方を追究し続けていくことが求められている。これらのことを踏まえ、本科目では、およそ次のような内容について学習することによって、教員が教育課程の編成・実施に参画する力量を身に付けることを目指していく科目です。

・そのためにこの科目で主に学ぶこと

1、教育課程の基準である学習指導要領の変遷を中心に、これまでの教育課程の歩みについて知ること。
2、教育課程に関して基礎的な理論を学ぶこと。
3、教育課程に関係する法令や現行学習指導要領の趣旨を理解し、教育課程を編成・実施・評価・改善する手立てについて考えること。
4、現代の学校教育をめぐる様々な課題に対応し、これから教育課程の在り方について考えること。

 以上のような内容を学んでいきます。

(大学講義要綱より)

 ▶ 国語 ▶ 社会 ▶ 数学 ▶ 英語 ▶ 理科 ▶ 音楽  ▶ 美術

学習の進め方

 科目の到達目標には、レポートや試験のヒントが隠されています。講義の目標を達成していることが分かるようにレポートや試験で記述します。これで、大きくポイントがずれるということは避けられますね。

 ▶ 合格するレポートの書き方基礎・基本

科目の到達目標

1.教育課程(カリキュラム)に関する基本的な用語を知り、教育課程の意義を理解し、説明することができる。
2.学習指導要領を中心に、教育課程の変遷の特徴を理解し、説明することができる。
3.教育課程に関する基礎的な理論を理解し、説明することができる。
4.教育課程に関する法令、特に教育課程の基準である現行学習指導要領の趣旨や内容を理解し、説明することができる。
5.教育課程の編成や評価等の方法を理解し、自分が取り組むべきことを考えることができる。
6.学校教育をめぐる課題と教育課程の在り方について考え、自分の取組に生かすことができる。

科目の学習の要点

1.教育課程(カリキュラム)の意義
2.教育課程の歴史
(1)戦前
(2)戦後(学習指導要領の改訂ごとの特徴)
3.教育課程の編成原理や思想
4.教育課程に関する法令と現行学習指導要領
5.教育課程の編成
6.教育課程の評価
7.現代の教育課題と教育課程

レポートの評価

 レポートの作成にあたっては、レポート課題が求める学習の要点を正しく理解し、その要点を中心にまとめます。
 その際、レポートの構成にあたっては、論理的に記述すること。例えば、序論・本論・結論など、筋道立てて作成するようにしてください。

参考文献

『中学校学習指導要領 平成20年3月告示』文部科学省(東山書房)
『中学校学習指導要領解説 総則編』平成20 年9月 文部科学省(ぎょうせい)
『高等学校学習指導要領 平成21年3月告示』文部科学省(東山書房)
『高等学校学習指導要領解説総則編』平成21 年11 月 文部科学省(東山書房)
『新しい時代の教育課程(第3版)』田中耕治ほか編著(有斐閣) 2011 年刊

▶スポンサードリンク

スクーリング情報

  以下は、皆様からの情報提供によるコンテンツです。ご協力をお願いします。

お寄せいただいた情報

まだ情報がありません。新たな書き込みをお待ちしています。

・講義の様子
 特別な持ち物や服装などがあれば教えてください。

・参加して感じた事
 講義の様子やテストのことなど差支えのない範囲で教えてください。先生や仲間の批判はご遠慮ください。

・当サイトのスクーリングのポイントはこちら
 ▶ スクーリングを効率的に!学習のことから宿泊予約まで

毎日の授業・採用試験に役立つ情報!新任の先生から管理職まで

『中等教育資料』は、中学校教育・高等学校教育にかかわる先生方をはじめ、広く教育関係者を対象にして、中等教育の充実を図るための資料として文部科学省教育課程課で刊行している教育月刊誌です。最新の教育関連の情報がこの1冊にまとまっているので、とても役立ちます。国から出ている全ての資料に目を通す時間はなかなかないので、ひとまずこれを読んでおけば安心かなと思っています。今日的な課題をとらえ、各教科、領域の関連的・横断的な視点から具体的なテーマで特集が組まれています。

レポート情報

 レポートは本文をそのまま掲載していただいて構いませんが、他のサイトや文献をコピペしたものについてはご遠慮ください。できれば、本文というよりはポイントを後輩に説明するように「こんな感じで書いたよ」と書いていただけるとありがたいです。

お寄せいただいた情報

レポート課題例

現在、新着情報がありません。

まだ情報がありません。新たな書き込みをお待ちしています。

・不合格となったレポートのコメント
 何がダメなのかということがわかれば、今後レポートを書く方々にとって大変参考になると思います。

・工夫したところ
 悩みの多いレポート、どうやって合格したのか。

・レポートそのものの書き方
 はじめ、中、終わりをどのような柱で書いたのか簡単に。なお、投稿される際は、何の課題について書いたかがわかるように、課題を1行ほど書いていただけると助かります。