科目終了試験の過去問から傾向をつかみ、対策をたてましょう。ここには、皆様からいただいた情報が多数掲載されています。新しい情報も随時お待ちしておりますので、ぜひご協力をお願いします。万全の準備で、科目終了試験を乗り切りましょう!

教員免許・学科共通科目

 教員免許取得に必要な「教育職員免許法施行規則第66条の6」に定める科目です。日本国憲法、体育、外国語コミュニケーション、情報機器の操作の各2単位の計8単位が必要です。(学生募集要項P59あたりの「教育職員免許法施行規則第66条の6」に定める科目。を参照してください。)以前はスクーリング科目だったように思いますが、今はRT科目になっています。

 レポートはその科目についての知識を深めて理解し、自分なりに表現することができるようにするための大切な学びのプロセスです。大学の科目概要で示される科目の到達目標(小学校風にいうと「めあて」)が、講義を最大限要約したものですので、それを論文の柱にして書いていくと良いと思います。

▶スポンサードリンク

この科目について

 「健康」や「スポーツ」を科学的な視点で捉え、体力や運動・健康についての基礎知識を学ぶ。それにより、自身の健康や運動に興味関心を持ち、生涯にわたって健康的で活力ある生活を送ることのできる能力を身につけることがです。教員となった時にも、そもそも体育とは…というところにもつながっていくような科目です。

(大学講義要綱より)

 ▶ 小学校 ▶ 幼稚園・保育士   ▶ 国語  ▶ 社会
 ▶ 数学  ▶ 英語  ▶ 理科  ▶ 音楽   ▶ 美術

学習の進め方

 科目の到達目標には、レポートや試験のヒントが隠されています。講義の目標を達成していることが分かるようにレポートや試験で記述します。これで、大きくポイントがずれるということは避けられますね。

 ▶ 科目終了試験に向けての学習方法

科目の到達目標

1.体力の定義と構造について理解する。
2.運動を行なうことにより生じる生体の変化について、理解を深める。
3.身体運動の仕組みについて理解する。
4.成長・老化による身体の変化について知り、各年代における運動の必要性と効果について理解する。
5.様々な生涯スポーツの理論と実践について理解する。

科目の学習の要点

1.体力と健康について
2.脳・神経系、筋・骨格系と運動
3.呼吸・循環系と運動
4.成長・老化と生涯スポーツ
5.運動と休養
6.リハビリテーションスポーツ
7.生涯スポーツの理論と実践方法

科目終了試験の評価

 出題の主旨を理解し、キーワードをとらえて正確に説明できているか。
 具体例として自らの経験を述べるのは可とするが、持論の展開にならないよう注意する。あくまでも客観的事実から導きだされた解答となるようにする。

▶スポンサードリンク

科目終了試験過去問題

  ページ下部のコメント欄に書き込みができますので、新しい情報をお待ちしています。ぜひお一人1問!すると、1か月で数千件になります。

過去の出題例

 新しい情報をお待ちしています。

S.T さんより:2014年8月9日 8:47 AM

【2014年6月 会場:横浜】
 中枢神経と末梢神経について説明しなさい。

 新しい情報を書き込みをされる際は、できるだけ試験年度や月、会場などの情報を入れてください。
例 2017.2 札幌 など。
 問題は、閲覧しやすいように管理人が記事に再構成して掲載しています。そのため、再構成前の情報がコメント欄にある場合もあります。