小学校、中学校の教員免許取得には介護等体験が必要です。ここには、皆様からいただいた情報を掲載しています。新しい情報も随時お待ちしておりますので、ぜひご協力をお願いします。万全の準備で、介護等体験を乗り切りましょう!

計画的な実施を

 「介護等体験」は単位ではありませんのでレポートの評価はつきませんが、レポート課題をクリアしたり、スクーリングによる事前指導を受けなければなりません。その上で、介護等体験を実施し、教員免許状の取得条件を満たすことになります。前年度から準備する関係で、介護等体験が未履修の場合翌年度も大学に通うことになります。小学校・中学校の教員免許取得が1年で済むか、2年かかるのかの分かれ道は介護等体験です。

▶スポンサードリンク

介護等体験とは

 1998(平成10)年4月1日から「小学校及び中学校の教諭の普通免許状授与に係る教育職員免許法の特例等に関する法律」(いわゆる介護等体験特例法)の施行に伴い、小学校及び中学校の普通教員免許状の授与を受けるためには、特別支援学校(盲・ろう・養護学校)で2日間、社会福祉施設で5日間の2ヵ所で計7日間の介護等体験が義務付けられています。ただし下記(介護等体験が不要に該当する方)の場合、介護等体験は不要となります。なお、不慮の事故や不測の事態に鑑み、妊娠している方の介護等体験はできません。

(大学講義要綱より)

 ▶ 小学校 ▶ 幼稚園・保育士   ▶ 国語  ▶ 社会
 ▶ 数学  ▶ 英語  ▶ 理科  ▶ 音楽   ▶ 美術

実習の日数

計7日間

・原則、特別支援学校(盲・ろう・養護学校)で2日間
・社会福祉施設で5日間)

介護等体験の内容

 「特例法第2条第1項」において「障害者、高齢者等に対する介護、介助、これらの者との交流等の体験」として定められており、介護、介助のほか、障がい者・高齢者の話し相手、散歩の付き添い等の交流体験、あるいは掃除や洗濯といった受け入れ施設の職員に必要とされる業務の補助等も含む幅広い体験となります。

介護等体験の流れ

① 介護等体験実施にあたっては、明星大学通信教育部が一括して各都道府県の教育委員会および社会福祉協議会へ申請します。したがって学生個人が直接交渉することや申し込むことはできません。

② 介護等体験の体験時期は、各都道府県の教育委員会および社会福祉協議会から指定されるため、学生都合による体験時期の指定はできません。

③ 体験希望者は、明星大学が行う「介護等体験事前オリエンテーション」に出席し、各都道府県の教育委員会および社会福祉協議会が指定する期間に介護等体験を実施します。

④ 介護等体験が終了した際、体験先より体験証明書の交付を受け、明星大学へ体験日誌とともに提出した後、終了となります。

▶スポンサードリンク

介護等体験の実施情報

  以下は、皆様からの情報提供によるコンテンツです。ご協力をお願いします。

お寄せいただいた情報

まだ情報がありません。新たな書き込みをお待ちしています。

・準備について
 手続きのことや、持ち物や服装などがあれば教えてください。

・体験をして感じた事
 介護等体験の様子や事務手続き等のことなど差支えのない範囲で教えてください。実習先や個人が特定されるような情報の書き込みはご遠慮ください。

レポート情報

 レポートは本文をそのまま掲載していただいて構いませんが、他のサイトや文献をコピペしたものについてはご遠慮ください。できれば、本文というよりはポイントを後輩に説明するように「こんな感じで書いたよ」と書いていただけるとありがたいです。

 ▶ 合格するレポートの書き方基礎・基本

お寄せいただいた情報

レポート課題例

 1.「現代社会における社会福祉施設の必要性はどこにあるのか」について、つぎの①〜④の施設の中から2つを選び、それぞれについて論述しなさい。

 ① 高齢にかかわる施設
 ② 児童にかかわる施設
 ③ 障害児にかかわる施設
 ④ 生活保護にかかわる施設

 ここでは、『よくわかる社会福祉施設』の読解をもとに、社会福祉施設の現状と課題について、身近な事例やメディアの報道などを素材としながら、自分自身が疑問に思うことや感じたことを、設問の意図に即した形で論述してください。

2.WHOが2001年に示した「国際生活機能分類」において、『障害』とは「心身機能の状態から生じる制限」「日常生活や社会生活に関する活動能力の制限」「日常生活や社会生活への参加の制限」であることが示されています。これらの制限は、建物・利用できるサービス・補助具・ひとびとの態度などの環境要因によって変化させることが可能です。環境によって生じる制限にはどのようなものがあるのかを挙げ、その改善方法を考えなさい。

 障害とは、本人の心身機能の状態だけをさすのではなく、環境との関係から生じる制限も含まれているという考え方が広まってきています。たとえば、足の機能を失ったために(心身機能から生じる制限)、歩く・走るという移動(活動)に参加することができない(活動および参加の制限)という状態にある子どもを想定してみましょう。この子どもの場合、車イスを利用するといった補助手段あれば、移動の制限はかなり改善されます。また、通っている学校にスロープや車イス対応のトイレがあれば、学校で学ぶという活動への参加の制限は大きく軽減されます。その一方で、車イスが用意できない・学校に段差がたくさんあり介助者が用意できないといった場合には、その学校に通うことができないという結果にもつながり、本人が被る「環境から生じた制限」はとても大きいものとなります。 このように、障害のある人が1人の人間として、社会の一員として尊厳のある生活・人生を送るためには、環境から生じる制限を極力少なくしていくことが大切です。 身近な環境の中にどのような制限が存在しているのかを考えることによって、障害というものの現れ方についての理解を深めるとともに、人間理解に関する幅広い視野を培うことができるでしょう。レポートで取り上げる内容については、上記以外の例を考えてください。

まだ情報がありません。新たな書き込みをお待ちしています。

・不合格となったレポートのコメント
 何がダメなのかということがわかれば、今後レポートを書く方々にとって大変参考になると思います。

・工夫したところ
 悩みの多いレポート、どうやって合格したのか。

・レポートそのものの書き方
 はじめ、中、終わりをどのような柱で書いたのか簡単に。なお、投稿される際は、何の課題について書いたかがわかるように、課題を1行ほど書いていただけると助かります。