教育実習・インターンシップを視野に学習計画を立てよう

 通信教育の一番のポイントは、学習のペースは自分で決めるということです。教員免許取得のために通信教育課程に在籍するのであれば免許法に定められた単位を取得する必要があります。しかし、その中には自分の都合だけではどうにもならない実習や、その前提条件となる必要単位などが定められているものもあります。履修計画は、どれくらいの時間をかけて教員免許の取得を目指すのかというプランによっても異なってきます。もしあなたが短期間で小学校今教諭2種免許を取得しようとするのならゆっくりしている暇はありません。また、仕事をしながら在籍するのであればなおさら早めの計画が必要になります。

教育実習受講資格

 教育実習の受講資格というものがあり、先ずは下記の単位数を集める必要があります。

※下記の条件をそろえてから実習を申込みます(遅くても実習の20日前まで)

実習時期 教科・教職に関する単位 レポート
4~12月 明星大学で22単位以上 教育実習レポート(受講手続きの1ヶ月前まで)を提出または合格
1~ 2月 明星大学で34単位以上

※基礎資格は単位に含めない。

 「初等○○科教育法」を含めると実習時にいっそう役立つと思われます。なお、すでに教員免許状を取得していて、入学時に単位認定されたものが6単位以上ある場合は、教育実習申込みまでに明星大学で18単位以上揃えることが条件になります。

教育実習の事前指導はスクーリング必修

 単位をそろえる他に、実習の事前指導をスクーリングで受ける必要があります。開催時期や場所が限られていますので、これも余裕をもって履修する計画を立てましょう。

教育実習の実施は前年度(3月まで)に決める

 学習プランを立てるときの「鍵」になるものに教育実習があります。教育実習の時期を決めてしまうと、それに向けて努力するしかありません。ちなみに、教育実習を申込むまでに所定の単位をそろえ(見込みではダメ)なければなりませんのでかなりのプレッシャーになります。

○注意!実習校決定やそれに向けての動きは前年度末には済ませること

 実習校へのお願いは「単位が揃ってから」と思っていてはいけません。年間行事予定や教育実習の担当教諭の割り振りなどありますので、できれば4月になる前に連絡をとれると良いと思います。それが難しい場合でも、早ければ早い方が先方の負担は減ります。(実習を受け持つ立場になったのでなおのことそう思います。)実習開始まで半年以上ありますが、学校の年間行事予定に入れてもらえば忘れられることはありません。

 が、万一タイミングを逃してしまったときは仕方がないので相談しましょう。世の中、正直に事情を話して相談すれば何とかなることも多いです。

実習開始時期の目安

 実習の手引きに見る実習資格が揃う時期と実習開始時期の目安です。

受講資格が揃う時期 実習開始時期【目安】
4月科目終了試験 5月25日以降
5月科目終了試験 6月25日以降
6月科目終了試験 2学期以降
8月科目終了試験 9月25日以降
夏期スクーリング 11月10日以降
10月科目終了試験 11月25日以降
秋期スクーリング 1月以降
11月科目終了試験 1月以降
12月科目終了試験 2月1日以降
冬期スクーリング 2月中旬以降
2月科目終了試験 次年度以降
春期スクーリング 次年度以降

 これはあくまで目安ですので、夏期スクーリングで単位をそろえて11月上旬から教育実習に行った人も実際にはいます。でもそれは本当にギリギリの状態なので、先方に迷惑をかけないようにするためにもゆとりを持った計画を立てたいものです。

 1年間で教員免許を取得する場合は、2学期中には終わらせておかなければいけません。やはり時間がありません。

科目終了試験とスクーリングの計画

 以上のことから、単位の履修計画とスクーリングは相当重要になることがお分かりいただけると思います。ちなみに、単位をそろえることは、明星大学の場合下記の状態のことをいいます。

1、レポートに合格+科目終了試験合格

2、レポート提出から1ヶ月以上(結果まち)+科目終了試験合格

3、スクーリングに合格+レポートも合格

4、スクーリングに合格+レポート提出から1ヶ月以上(結果まち)

つまり、レポートを出して1ヶ月以上経っていれば仮合格とみなされていることになりますので、スクーリングや科目終了試験に合格すれば単位をGetしたと思ってよいということになります。

モデルプラン「11月10日頃から教育実習にいくとすると・・・」

4・5・6・8の科目終了試験+夏期スクーリングで単位を揃えるから・・・。

 レポート試験・スクーリングなど
2月4月受験分レポート 
3月5月受験分レポート 
4月6月受験分レポート科目終了試験
5月 科目終了試験
6月8月受験分レポート科目終了試験
7月スクーリングレポート 
8月10月受験分レポート
・実習レポート
科目終了試験・スクーリング・実習事前指導
9月11月受験分レポート 
10月12月受験分レポート
・教育実習申込み
科目終了試験・スクーリング・教育実習
11月・実習事後レポート科目終了試験
12月2月受験分レポート科目終了試験
教育実践演習スクーリング
1月今年度中に教員免許が欲しい場合は、1/9必着でスクーリングのレポートも提出。 
2月 科目終了試験

 10月中旬から実習にいくためには、6月までにある程度のレポートを提出できればよいということがわかります。スクーリングの単位でも間に合いますが、少しでもゆとりを持たせるために、8月の試験までに目標の単位をそろえたいものです。なぜなら、実習の後にしか受けられない教育実践演習(スクーリング必修)という科目があり、冬のスクーリングに間に合わせたいからです。しかも、なかなかレポートも手厳しいようで…。

▶スポンサードリンク

少し余裕のある計画で

 試験は毎回確実に全科目合格できるという保証がありません。実習校に依頼をしたものの、単位が揃わなくて直前に実習にいけないということになるとご迷惑をおかけしてしまいます。行けないなら2か月間には連絡が欲しいです。(準備を始めてからのキャンセルは迷惑)私は4月の科目終了試験は受験できませんでしたが、5月に3科目受験して2科目6単位取得。6月に4科目受験して4科目10単位取得。8月に4科目受験して2科目4単位取得。これで20単位となり、なんとか目標の18単位をクリアできました。

 その後、スクーリングと科目終了試験でほぼ単位を取り終えました。11月中旬の教育実習を目標としたことは、大変でしたが良かったと思います。4月の試験を受験した方や、夏のスクーリングでたくさん受講できる方は、もう少しゆとりのあるプランにできるかもしれませんが、私はその保障がなかったので早め早めに攻め込みました。1年間で教員免許取得を目指す方は、2月の科目終了試験で単位がそろったのでは遅いので、早め早めに準備していきましょう。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。