通信教育の単位の取り方の基本はレポートと科目終了試験またはスクーリングです。ここでは、皆様に追記していただいたレポートやスクーリングの情報、科目終了試験の過去問情報を取得を希望する教員免許ごとに分けて掲載しています。

履修コース別・情報交流

 ご覧になられた方がおひとり1情報提供していただけると、年間で10000件くらいの情報が蓄積されます。1つで結構ですのでどこかに書き込みをしていただけると嬉しいです。なお、このサイトはどなたでもご利用いただけることを目指して作成しています。会員登録をする手間も必要はありませんし、リンク先がレポート販売になっていてイラッとするような心配もありませんので、安心してご利用ください。

特別支援学校教諭

採用試験の過去問などはこちら

教員養成セミナー

 教員採用試験対策が充実。分かりやすい言葉で噛み砕いた感じの内容。過去問の掲載量も多い。得に、別冊シリーズがテーマも内容も秀逸です。

教職課程

 教育問題なども幅広く掲載。資料やデータが充実していて考え方が広がる。もちろん、教員採用試験対策もある。採用後も生かせます。

学校図書館司書教諭資格も取る方はこちら

 学校図書館司書教諭とは、教育職員免許法に定める小学校・中学校・高等学校・特別支援学校(盲・ろう・養護学校)のいずれかの普通免許状を所持している人が、必要な単位を取得して大学を通して文部科学省に報告すると、「修了証書」を得ることができます。

 学校図書館司書教諭とは、教育職員免許法に定める小学校・中学校・高等学校・特別支援学校(盲・ろう・養護学校)のいずれかの普通免許状を所持している人が、必要な単位を取

 インターネット上にはあまり情報が出ていないと思いますので、ぜひここで交流していただければと思います。

参考 学習の進め方

 他のページに詳しく書いていますのでリンクを掲載します。ご参考にどうぞ。

レポートの進め方

 学習を進める上でも最も時間とエネルギーを費やすのがこのレポートです。できれば一発で合格したいものですね。レポートの書き方についてよく質問がありますので、私なりに書き方を考えてみました。参考になればうれしいです。

 通信教育ではレポートの提出が欠かせません。「書き方が分かりません!」というご質問も過去に多くいただいていますので、少しでも参考にしていただけたらと思い紹介します。

 レポート提出は科目終了試験の受験資格や、教育実習等にも関わってきますので、どんどん書いて提出しましょう。

レポートの進め方

 科目終了試験は最大で年に8回まで受験が可能です。対策はどう進めるのか、試験会場はどんな感じなのか、どれくらい書けば良いのか。そんな疑問への答えをまとめました。

 明星大学の通信教育も他の大学同様、レポート提出後に科目終了試験を受験します。大学によっては科目認定試験とか終了試験という場合もあります。ここでは、試験の流れとその対策について

しっかり準備をして確実に単位を取得していきましょう。