レポート対策情報

 教職入門のレポートはその科目についての知識を深めて理解し、自分なりに表現することができるようにするための大切な学びのプロセスです。大学の科目概要で示される科目の到達目標(小学校風にいうと「めあて」)が、講義を最大限要約したものですので、それを論文の柱にして書いていくと良いと思います。

このサイトのレポートについての考え方

 レポートの書き方については下記のページも参考にしてください。

 通信教育ではレポートの提出が欠かせません。「書き方が分かりません!」というご質問も過去に多くいただいていますので、少しでも参考にしていただけたらと思い紹介します。特別なことはあ

 時には少し楽をしてレポートを仕上げたいときもあると思いますが、自分なりに解釈して書くことが大切です。友人に教えてもらいながらでも良いと思いますが、丸写しはやめた方がいいと思いますよ。なお当サイトは、通信教育で学ぶ学生の助け合いのサイトです。レポート情報を販売するサイトとは一切関係はありません。売る方も売る方だと思いますが…買う人がいるからそういう商売が成り立ってしまうんですよね…。

この科目について (大学講義要項参考)

 「教師とは何か?」を学ぶ科目です。そこで先ず、教育と教職との関係を専門職という視点から考えます。次に、教員養成の歴史を概観し、教師に求められる資質・能力や教育愛などをめぐって学びます。さらに、現代の教育改革と子どもを取り巻く環境、教師の役割と責任、今後の学校教師と教師の課題などについて考えていきます。

科目の到達目標

1.現代のわが国の子どものためにどのような教育がよいかを理解する。
2.子どものために教師はどうあったらよいかを考え、意見をもつ。
3.現代における教育者の在り方がわかる。
4.子どものため、また、よりよい国家社会の形成のために教師のあり方が重要であることを知る。
5.教育者として、人間としての成長の必要性を考える。

レポート評価

 レポート課題が求める学習の要点を正しく把握し、テキストだけでなく参考文献についても良く理解したうえで、その要点を中心に所定の文字数でまとめること。

レポート課題

1単位目

1.教員養成の歴史について論述せよ。

 明治5年の「学制」より現行の「教育職員免許法」に至るまでの教員養成の歴史を「制度」と「理念」の面から考察すること。

2.教職の専門性について論述せよ。

 教職が他の職業と異なる点を見ながら、そのことを通じて、教職の特性を専門性という視点から明らかにすること。

2単位目

1.現代の教員に求められるものについて論述せよ。

 情報化、国際化、個性化、(価値の多様化)、高度技術社会などの特徴をとらえ、現代社会における教員の資質を社会から期待される資質という側面から考察すること。

2.教職者に求められる教育愛について論述せよ。

 職業としての教職につく者に求められる教育愛を観念論としてではなく、現実的行動のエネルギーとしての愛として捉えて、それはどのようなものとして現実的行動として現れるかを論じてほしい。

私のレポート

 旧カリキュラムから10年間課題が変わっていない科目です。それだけブレないというのもすごいですね。

1単位目(1)教員養成の歴史について述べよ。

 教員養成の歴史は、教育の近代化の流れによる、明治5年の「学制」の発布に始まる。同年、東京師範学校が設立され、教員の養成機関も国の制度によって設置された。翌年の明治6年5月制定の「小学校教師心得」では、教育をすることは模範を示すと同義であると扱われ、わが国の師範教育の理念を方向づけることになっている。

明治14年の「小学校教員心得」では~

…(中略)・・・

 戦後の教員養成は、師範学校ではなく、一般の大学でも必要単位をそろえれば、出身大学に関係なくだれでも教職に就く事ができるという「開放制」の理念を取り入れた。しかし、専門性という点については不十分であったので、大学については文部大臣が適当と認める課程を設置した大学・学部においてのみ、習得単位を認めるという制度をとった。開放性をとりながらも教員養成の水準を維持するという事が狙いである。

 昭和63年には教員免許法が改正され、免許の基準が引き上げられた。その後も時代に即した教員養成を実現するために、平成10年に教員免許法が改正され、現在に至る。

 明治5年の「学制」より現行の「教育職員免許法」に至るまでの教員養成の歴史を「制度」と「理念」の面から考察すること。

1単位目(2)教職の専門性について論述せよ。

 職業の中には、専門職と非専門職があり、専門職には、医師や弁護士、大学教授、技師、僧侶、神官などがあげられ、ここに教職も加えられるというものである。専門的職業の共通点は、明確な専門領域を持ち、高度な知識や技術を習得するための専門的教育をうけ、その後も不断の研究により、その資質の向上をはかるというものである。従事するものには「免許状」が与えられる。

 教職が他の専門職と異なる点をあげるとするならば、

・・・(中略)・・・

そもそも、専門職と呼ばれる職業は、公共性や有用性が高いということも求められる。教師が教職として社会から期待されるものは、子どもの「教育を受ける権利」を保証することである。そのため、教師は子どもの発達についての正しい理解や、指導にかかわる技能を身につけていかなければならない。近年、子どもを取り巻くさまざまな問題の発生や、保護者や地域とのかかわりも重要になってきている。その部分においても、今後は教職としての専門性が求められるのではないだろうか。

 講評 教職と他の専門職との違いをもっと明確に。教職が他の職業と異なる点を見ながら、そのことを通じて、教職の特性を専門性という視点から明らかにすること。

2単位目(1)現代の教員に求められるものについて論述せよ。

データ消失

 情報化、国際化、個性化、(価値の多様化)、高度技術社会などの特徴をとらえ、現代社会における教員の資質を社会から期待される資質という側面から考察すること。

2単位目(2)教職者に求められる教育愛について論述せよ。

データ消失

 教育愛についての考察が十分ではない。職業としての教職につく者に求められる教育愛を観念論としてではなく、現実的行動のエネルギーとしての愛として捉えて、それはどのようなものとして現実的行動として現れるかを論じてほしい。

 コメントはキッツイのですが合格しました。しかも、2か月たたずに帰ってくるスピーディな評価に感謝です。最速かもしれません。

レポートの情報を募集しています

 以下は、皆様からの情報提供によるコンテンツです。ご協力をお願いします。レポートは本文をそのまま掲載していただいて構いませんが、他のサイトや文献をコピペしたものについてはご遠慮ください。できれば、本文というよりはポイントを後輩に説明するように「こんな感じで書いたよ」と書いていただけるとありがたいです。

 また、このページを始めインターネット上でやり取りしている内容は、既に多くの方が利用しているということ、内容は若干古いものになっていることもご了承ください。当サイトは皆様の書き込みによって、少しでも新しく有益な情報を共有できるようにすることを目指しています。マナーを守って、今後も「役に立つ」サイトを作ってまいりますので、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。なお、特定の個人を非難するようなコメントはこの場では不適切ですのでご遠慮ください。

ぜひ投稿していただきたい内容

・不合格となったレポートのコメント
 何がダメなのかということがわかれば、今後レポートを書く方々にとって大変参考になると思います。

・工夫したところ
 悩みの多いレポート、どうやって合格したのか。

・レポートそのものの書き方
 はじめ、中、終わりをどのような柱で書いたのか簡単に。なお、投稿される際は、何の課題について書いたかがわかるように、課題を1行ほど書いていただけると助かります。