科目終了試験過去問情報

 学校図書館司書教諭とは、教育職員免許法に定める小学校・中学校・高等学校・特別支援学校(盲・ろう・養護学校)のいずれかの普通免許状を所持している人が、法令で定める必要な単位(計10単位)を取得することで資格を得ることができます。その資格を持った者が学校で勤務する際に「学校図書館司書教諭」となることができます。

 明星大学の通信教育も他の大学同様、レポート提出後に科目終了試験を受験します。大学によっては科目認定試験とか終了試験という場合もあります。ここでは、試験の流れとその対策についてま

このサイトのレポートについての考え方

 レポートの書き方については下記のページも参考にしてください。

 通信教育ではレポートの提出が欠かせません。「書き方が分かりません!」というご質問も過去に多くいただいていますので、少しでも参考にしていただけたらと思い紹介します。特別なことはあ

 時には少し楽をしてレポートを仕上げたいときもあると思いますが、自分なりに解釈して書くことが大切です。友人に教えてもらいながらでも良いと思いますが、丸写しはやめた方がいいと思いますよ。なお当サイトは、通信教育で学ぶ学生の助け合いのサイトです。レポート情報を販売するサイトとは一切関係はありません。売る方も売る方だと思いますが…買う人がいるからそういう商売が成り立ってしまうんですよね…。

この科目について (大学講義要項参考)

  • 読書の意義について理解する。
  • 子どもの読書の推進に関する法や施策について理解する。
  • 児童・生徒の読書の現状や、学校で行われる読書活動の現状を理解する。
  • 読書と児童・生徒の発達との関係、発達段階に応じた読書指導の方法を理解する。
  • 読書指導の方法(ストーリーテリング、読み聞かせ、ブックトーク、アニマシオンなど)を理解し、人と本をむすびつける技術を学び、読書活動を計画する。
  • 学校図書館における読書材の選択と提供を理解する。
  • 学校図書館の読書センターとしての機能と役割を学習する。

科目の到達目標

  1. 読書の意義について理解できるようになる。
  2. 子どもの読書の推進に関する法や施策について理解できるようになる。
  3. 児童・生徒の読書および学校での読書活動についてそれぞれの現状を理解できるようになる。
  4. 読書と児童・生徒の発達との関係について理解し、発達段階に応じた読書指導ができるようになる。
  5. 読書指導の方法を理解し、校内での読書活動の計画ができるようになる。
  6. 学校図書館における読書材を選択し、提供できるようになる。
  7. 読書センターとしての学校図書館の機能と役割を理解できるようになる。

科目の学習の要点

  1. 児童・生徒にとっての読書の意義
  2. 子どもの読書推進に関する法と施策
  3. 児童・生徒の読書の実態と学校図書館の現状
  4. 読書能力の発達と読書興味の発達
  5. 児童・生徒の発達段階に応じた読書指導とその計画
  6. 学校における読書活動とその指導方法(読み聞かせ・ストーリーテリング・朝読書・ブックトーク・読書のアニマシオン)
  7. 学校図書館の選書基準、選書ツール、リクエスト
  8. 学校図書館における読書環境の整備と校内協力体制
  9. 読書センターの機能をもつ学校図書館における司書教諭の役割
  10. 読書活動推進のための家庭、地域の読書関連施設、公共図書館、地域社会との連携と協力
  11. 司書教諭の役割

科目終了試験の評価

  • この科目の学習要点事項についてテキストを中心に学習した上で出題の主旨を理解して論理的に回答すること。
  • テキストで使われているキーワードを正確に説明し、自身でも回答の中で正確に使用できること。

 以上の点から評価され合否が判定されます。

科目終了試験過去問題&関連情報

 皆様からの情報が掲載されています。新しい情報も随時お待ちしておりますので、ぜひご協力をお願いします。大学の部報「めいせい」と、みんなで出し合った情報を使って万全の準備で、科目終了試験を乗り切りましょう!

 書き込みをされる際は、可能な場合は試験年度や月、会場などの情報を入れてください。例 2016.2 札幌 など。