back[2]_thumb_thumb

 今月の特集はインクルーシブ教育システムです。何それ?っていう人は即読みましょう。基本的おさえとしては、「障害のある子供と障害のない子供ができるだけ同じ場で共に学ぶことを目指すこと」です。なぜこのような方向性に進んでいるのか、教育の現場で考えるべきこと、先生としてどうこのことを捉えるかなど自分の考えをしっかりもっておきましょう。

2015年12月号 (2015年10月22日発売) の目次

表紙

【特集1】全受験生必須!「インクルーシブ教育システム」

―筆記・論作文・面接試験に出る!サクサク分かる4ポイント―
 ●図解「インクルーシブ教育システム」完全理解のための4ポイント
 ●「インクルーシブ教育システム」はここから出る!統計・データ編
 ●「インクルーシブ教育システム」はここから出る!法令・資料編
 ● Interview 発達障害 教員志望者に必要な知識と理解
 ●インクルーシブ教育システム2015年夏実施問題の総点検
 ●インクルーシブ教育システム 面接・場面指導・論作文ではこう問われる!

【特集2】始めよう!教育ボランティア

 ●教採受験生が教育ボランティアをするべき5つの理由
 ●教育ボランティア ―参加方法と参加時の心得
 ●現地レポート ―教育ボランティアの1日
 ●先輩が語る教育ボランティア体験記

【特別企画】

面接・模擬授業で好印象を得るボイストレーニング
教セミ博士が教える
最重要用語の完全理解
プラス5点の10分間講座
 学習指導要領の変遷/平成20・21年版(現行)学習指導要領/
 小学校の外国語活動と英語の教科化/道徳教育/次期学習指導要領
添削トレーニングで高める論作文の力
専門教養マンスリーCHECK

教員養成セミナー定期購読ご案内

教員採用試験対策のススメ

 採用試験の2次試験の結果がだいたい出そろったころでしょうか。残念ながら…という方もいらっしゃると思うのですが、信じて頑張れば必ず!私の周りでも10年ほど頑張った仲間がたくさんいます。最近少しずつめでたいお話が届いています。諦めないことが一番大事です!期限付き教員をやって忙しいから採用試験に合格しないというのでは本末転倒。早い時期からの余裕をもった準備で乗り切りましょう。

 教員養成セミナーと教職課程のどちらが採用試験対策に適しているかを比較してみました。また、ここでは私も利用した「定期購読」についても紹介していきます。 目標は教員になること?