back[2]_thumb

 今月の特集は「いじめ」問題です。みんなが笑顔で仲良く過ごしてほしいと願うのは先生も保護者も同じ。それなにいじめの問題って無くならないんですよね。あの子が悪い!先生が悪い!あの家庭だから…。結局は人のせい。いじめは心の問題です。採用試験のみならず今後のためにも自分の考えをしっかりもつ良い機会にしていきましょう。

2016年1月号 (2015年11月21日発売) の目次

表紙

【特集1】出る「いじめ」これ一冊で丸わかり!

―3つのツボを押さえて合格!―
【要点1】「いじめ防止対策推進法」の基本を理解する
【要点2】いじめの予防&早期発見・対応のワークフローを知る
【要点3】「いじめ」の最新データを押さえる
・Interview いじめをめぐる現状と学校・教師に求められること
・いじめ問題をめぐるこれまでの変遷&最新トピック
・2015年夏実施問題の総点検 「いじめ」はこう問われた!
■2016年教員採用試験 最終合格者数DATA

【特集2】目指せ!「併願」の達人

・解説 教員採用試験の「併願」編集部がお勧めする4つの理由
・達人に学べ!「併願」成功 完全シミュレーション
・先輩たちの併願“成功”体験記
■教セミ博士が教える最重要用語の完全理解
 プラス5点の10分講座
 環境閾値説/アタッチメント/認知発達/
 同一性の確立/注意欠陥多動性障害
■添削トレーニングで高める論作文の力
 第5回 いじめへの対応
■専門教養マンスリーCHECK

教員養成セミナー定期購読ご案内

教員採用試験対策のススメ

 五郎丸すごかったですね。ルーティーンワークって集中するために行動をパターン化しているのですね。授業にも生かせそうなヒントが隠れています。さて、単位取得と並行して教員採用試験の学習も進めていることと思いますが、年末年始をゆっくり過ごすためにも少し勉強を進めて気分を楽にしましょう。

 教員養成セミナーと教職課程のどちらが採用試験対策に適しているかを比較してみました。また、ここでは私も利用した「定期購読」についても紹介していきます。 目標は教員になること?