科目終了試験過去問情報

 科目終了試験は、その単位を認定するに値するだけの力が身についているかどうかが評価されるものです。当然といえばそれまでですが、テキストを踏まえた学習をしているか、レポート課題についての考察が身についているか、問題に対して適切に解答されているかなどがポイントになります。過去問の情報を集めることはもちろんですが、レポートの内容についても、自分の言葉で簡潔に説明できるようにしておけば攻略できると思います。

 明星大学の通信教育も他の大学同様、レポート提出後に科目終了試験を受験します。大学によっては科目認定試験とか終了試験という場合もあります。ここでは、試験の流れとその対策についてま

この科目について (大学講義要項参考)

 国民所得決定の仕組みを学び、失業やインフレーションが発生するメカニズムを考えていきます。次に、景気に対して金融政策や財政政策がどう対応するかを学びます。そして、それらの効果がかつてに比べて小さくなってきた事情を知り、対外取引の自由化によって、日本経済と外国経済との関係が緊密になってきたことから生じるグローバル化時代の経済問題について学んでいきます。

科目の到達目標

  1. 家計、企業、政府という経済主体間の関係
  2. 経済における生産・分配・支出と国民所得の三面等価
  3. 消費と投資が雇用に与える影響
  4. 外国貿易が雇用に与える影響
  5. 金融・財政政策の雇用に与える影響
  6. 産業構造の変化とライフスタイルの変化 

科目の学習の要点

  1. 経済を動かず需要と供給
  2. デフレ(物価の下落)の意味
  3. 政府支出の増加と国債の累積
  4. 中央銀行の役割
  5. 製造業の海外移転の意味
  6. 国民生活と消費の重要性

科目終了試験評価のポイント

 有効需要理論など基本的な知識の枠組みを理解し、失業が発生するメカニズムやそれに対する対処法(政策)について確かめておくと良いようです。

科目終了試験過去問題&関連情報

 皆様からの情報が掲載されています。新しい情報も随時お待ちしておりますので、ぜひご協力をお願いします。大学の部報「めいせい」と、みんなで出し合った情報を使って万全の準備で、科目終了試験を乗り切りましょう!

 書き込みをされる際は、可能な場合は試験年度や月、会場などの情報を入れてください。例 2016.2 札幌 など。