明星大学通信教育

 明星大学の通信教育には社会人として働きながらという人や、子育てをしながら頑張って単位を取得しているという人がたくさんいます。ここでは、学業との両立という点でポイントとなることをまとめました。実際、社会人として働きつつ、更に大学の課題をクリアしていくことは容易ではありません。仕事と学業を両立させながら教員免許を取得するという事はそれなりの覚悟といろいろな面での効率化が必要だと思います。

職場の協力が不可欠、その理由とは。

一番の問題は「休み」を取れるかどうかである。

 働きながら必要な単位を揃えていくためには、職場の協力が不可欠です。事前に確認しておくべきことを3つ挙げます。

①科目終了試験

 年に数回ある科目終了試験を受験するために土曜日や日曜日に休みを取ることがあるという事を確認しましょう。

②スクーリング

 教育実践演習や実習事前指導というスクーリング必修単位が必要な人は、何日かそれに参加しなければならないということです。夏休みに1週間程度のおやすみが取れると良いのですが。

③教育実習や介護等体験

 実習で長期の休みが必要だということ、有給や欠勤などの対応を確認しましょう。私の場合も、一番の問題は教育実習でした。私は中学校で期限付き教員をしながら近隣の小学校に実習へ行きました。勤務校に迷惑をかけることになりますので、年度当初から教頭・校長に相談して対応をお願いしておかなければなりません。本州の人が夏休み後半に北海道で、また、北海道の人が冬休み明けの本州へ行けば休み期間中に実習ができるのですが、実際はそうはできないですよね。

 この3点だけは、寝る間を惜しんで徹夜して頑張ったどころで解決できないことです。職場の協力が必要なので、事前にご確認下さい。

日々の学習は・・・休みの日にまとめて一気に!

 大学のパンフレットやホームページを見ると、一日15分の勉強でも継続してやれば大丈夫というようなことが書かれています。でも実際はそれでは間に合わないと思います。もちろん、毎日やる必要はないと思いますが、やるときは1・2時間のまとまった時間が必要ではないでしょうか。

 一週間に2,3日でも数時間まとまった時間を確保して本を読み、レポートを書く。他のページに書きましたが、本を読むのに数時間、レポートを考えるのにも数時間、清書に2,3時間ですから一科目出すのに15時間以上は必要だと思います。 試験前には勉強もしますし、時間がかかる課題もあります。この計算で行くと、やっぱり一週間の中に勉強デーを設ける意気込みがないと厳しいと思います。2,3年かけて取得するのなら良いのでしょうが1年で取得するためには、繰り返しますが「覚悟」が必要です。

教員採用試験対策も効率良く

benkyou

 日々の仕事はもちろんですが、教員採用試験の勉強もありますし本当に強い意思が必要です。自分の将来を考えて、場合によっては通信教育に1年間専念するという選択肢もあるのかもしれません。自分の生活の状況と性格から、仕事との両立ができるかどうか考えるしかないと思います。ただ、本当に教員になりたいのであれば、どんなに大変でもやるしかないということに変わりはないのですが・・・。

 私は学習のペースメーカーとして教員養成セミナーをお勧めしています。まだ使っていない人は今すぐ近くの書店かネットで購入しましょう。納入部数が少ないためか書店では売り切れになりやすいのが難ですが費用対効果は抜群です。効率化と経費削減のために定期購読がオススメです。

 明星大学通信教育を始めた理由は、単位をとることでも免許をとることでもなく、学校の先生になるということではないでしょうか。教員採用試験は目標達成のために避けては通ることのできない

働きながら学ぶメリット

 働きながら通信教育をやってて良かったなぁと思うこともあります。それは「お金」のことです。通信教育といえども、スクーリングや実習でお金がかかりますし、なんだかんだで出費がかさみます。 そんなとき、ある程度安定して収入があれば精神的にも落ち着きます。

 もう一点は「経験」です。教職関係の仕事であればそのままレポートに生かせる話題や資料をゲットできることもあります。教職以外の仕事でも レポートや教員採用試験に生かすことができるものがたくさんあります(仕事に取り組む姿勢など)。気分転換にもなりますので、仕事をしながら通信教育で学ぶという事も大変ではありますが、なかなか悪くもないと思います。

 職場環境も勤務形態もいろいろありますし、寝るためだけに家に帰るという人もいると思います。それでも、自分が将来教員になるんだという思いがあれば、「何をすることが自分にとって大切なことなのか、今何をしなければならないのか」という問いの答が見えてくるような気がします。

 私は、明星大学の通信教育課程で小学校の教員免許をとり、今は札幌市で一生懸命先生をしています。このサイトは、ここまでの道のりを主に体験談としてまとめたサイトです。最近は休日など